2017年04月29日

実物? 日本陸軍 尉官襟章

皆さんおはこんばんちは!やっと週末で一息つく水呑み百姓です。

ゴールデンウィーク(GW)という事で今日から連休の方もいらっしゃるかと思います。
素直に羨ましいです!(嫉妬)

さてさて今回は日本軍実物装備品をご紹介したいと思います。

という事で早速画像をば。



こちらは実物? 日本陸軍 尉官襟章になります。

私は陸軍の下士官兵装備しか収集していないのですが・・・
最近になって運良く画像の尉官の階級章を入手する事が出来ました。

面識は無いのですが父の友人の方が譲って下さった物で
その方の御父上が所有されていた物です。
御父上は既にお亡くなりになられているのですが・・・
本品はその方が戦中実際に使用されていた物らしいとの事であります。
(確か終戦時22歳ぐらいだったと伺っております)

貴重な遺品をお譲り下さいました友人さま、本当に有難う御座います!
大切にさせて頂きます・・・!





まずは少尉用襟章の画像になります。

画像の2セットはいずれも少尉用の物になりますが
裏地を見ても差異があるのが分かりますね。

将校用の階級章は今回初めての入手になります。



こちらは裏地布貼り型襟章の画像になります。

サイズと星章位置から昭和十三年制定襟章になります。


 

襟章ズーム画像。

生地の状態はとても良いと思います。 

尉官用上下端金ブレードがあり華やかさがありますね。
さすが将校用。優美さも備わっております。



星章銀色真鍮製のようですね。

同時代伍長以上下士官用襟章に付く星章と同様の物でしょうか。



裏地部の画像。

裏地布貼り型平織り布貼られております。
縫い付けではなく接着のようですね。

実際に装着されていたのでしょう。
縫い糸の痕が見受けれます。

しかしそれ以外は摩耗が見られず曲がり癖などが無く襟章本体の硬さ保たれております。



こちらは裏地紙貼り型襟章の画像です。

この襟章生地の破れなども見られ使用感が御座います。



同じ紙貼り型なのですが微妙に左右に違いが御座います。



星章の位置異なるのですが襟章中央にある金色識別線の太さ微妙に異なります

何故でしょう・・・? 100%実物という確証はないのですが・・・
この識別線にも規格があると思いますので片側のみ補修されたからでしょうか。

この襟章が実際に左右合わせて使用されたかどうか分かりませんが気になる所ですね。



 

裏地部の画像。

変わった生地貼り付けられておりますね。こちらも接着されております。

中央金色識別線太い方襟章後から星章が付け加えられたようですね。
やはり補修されたもしくは元々別の襟章だったのでしょうか。



最後に台座付き中尉用階級章の画像になります。

台座付き
のが嬉しい限りです。

こちらは一見すると昭和十八年制定の物に見えますが
サイズ十三年制のままです。





横と縦の長さの画像。

アバウトな測り方になってますね(汗
しかし長さから分かるように十三年制の物となっております。





星章端に寄せた作りになっておりますが
これは後から星章1つ増設したからのようですね。

恐らく改正後18年以降少尉から中尉進級されたので
手持ちの少尉の十三年制の階級章星章1つ追加されたのでしょう。
(戦後になって手を加えられた可能性もありますが・・・)
   
しかし襟章台座から外すことなく台座の上から星章加えるのは面白いですね。
よく見ると追加された星章元の星章とでは大きさが異なるのが分かります。



台座上部には釦へ掛ける為と思われる切り込みも御座います。



安全ピン部の画像。

安全ピン当時物でしょうか。
まだしっかりと機能しております。



さて以上で実物 日本陸軍 尉官襟章の紹介になります。

今回、運良く尉官用階級章が入手出来ました。
入手してみると・・・やっぱり譲って下さった友人さまの御父上がどのような軍歴だったのか興味が湧いてきました。
前述した通りこの階級章の持ち主は既に他界されておりますが・・・是非当時の事をお聞きしたかったですね・・・
お亡くなりになったから入手する事が出来ましたが少々複雑です・・・

この階級章は大切に保管していきたいと思います・・・!

さて今回は以上になります。

ではでは~

ノシ

  

Posted by アンチョビことチビ at 13:50Comments(8)・日本軍 実物 装備