2017年06月24日

マルゼン製レミントンM870 G&P製メタルフレーム&アウター換装

皆さんおはこんばんちは水呑み百姓です。

さてさて今回もトイガンコーナー更新したいと思います。

まずはいつも通り画像から。



 

こちらはG&P製 CA870/M870用メタルフレームアウターを組み込んだ
マルゼン製ガスショットガンレミントンM870になります。

予告通りメタルパーツを購入。友人に組み込んで貰いました!

マルゼンM870ライブカート式実銃のような装填と排莢を楽しめる
素晴らしいトイガンであります。

その紹介記事は以下になります。

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e856316.html (マルゼン製ガスガンレ ミントンM870 ウッドストックver.)

しかしフレームの多くはプラ製重量感が寂しく強度に不安が残るのが欠点です。
また実射性能も良いとは云えません。
(本品は元々ジャンク品でしたので実射については今は放置で)

そこでG&P製M870用メタルパーツ
アウター長3種類用意されているので好きな長さのチョイス出来、
CA870とM870両方に使用出来るという優れ物です。
(但し使用出来ないパーツ多々あり)
これは買わずにはいられません!



今回購入した物の画像。

購入したのはG&P メタルフレームセット型番GP311)と
G&P CA870バレルフロントセット ロングVer.型番GP389)になります。

フレームトリガーガードセットになっている物を購入。
アウターノーマルより長くしたかったのでロングを選択しました。

メタルといいましてもアルミ製ですが・・・それでもノーマルよりは格段に剛性が増します



フレームセットの画像。

ただこれらのパーツは主にCA870用のようで
ガスガンM870には取り付けられない不要なパーツも多いようです。

組み込みと調整は完全に友人任せになってしまいましたので
どの部品が不要というのは把握出来ておりません(汗



このバレルセットにはインナーバレル付属します。

友人の話では一応ガスガンにも付けれるらしい?ので
せっかくなのでインナーバレル交換して貰います。

(但しインナーバレルを長くしても利点はありません)



今回購入したのはG&Pのパーツですが・・・
私は今回初めてG&Pの製品を購入した事になります。

まぁどうでも良い話ですねw





ノーマル状態M870

これが・・・・





こうになりました!

画像では銃身伸びたぐらいにしか見えませんね(汗

でもイメージは狩猟(ハンティング)用散弾銃でしたので大分私の」理想形になったと思います。

                          
からの全体画像。

中々クラシカルな趣で気に入っております。
レールなど野暮ったい物は載せていないのでシンプルな外観です。


                  


フレームの画像。

よく見ると刻印や材質ノーマルとは異なるのがわかると思います。






    
マルゼン純正のままの部品もあります。

下部エレベーター、セーフティ、画像がありませんがボルトカバーマルゼン製を使用しております。
この3点G&P製の物は付かないようですね。



フレーム上部の画像。

サイト類のないシンプルな物です。
しかしG&Pにはレール付きフレームも販売されておりますね。





アウター部の画像。

う~ん長い銃身木製フォアエンドマッチしますね・・・!
私の中ではこれぞ散弾銃!という姿です。





G&Pのバレルロングチューブ銃身並に長い物付属していたのですが
チューブなどフォアエンドを含めた一式マルゼン製のままです。

友人に依頼する際にマルゼン製のままでとお願いしたのですが
そもそもチューブ一式G&P製のはガスガンに付けれるのでしょうか?





チューブ一式マルゼン製のままですが作動に問題はありません









別角度からの画像。

突起物のないスマートな銃身です。





銃口(マズル)部の画像。

サイトが無いので本当にシンプルですね。



銃口を覗いてみた画像。

インナーバレルはやはりかなり後方にあるようですね。




          
アウターの根元部の画像。

G&P製アウター左右2点イモネジで固定します。
しかしマルゼン製ガスガンM870では1点で固定ですので
片側イモネジ浮いてほとんど無駄になっております。

この点は後ほど改善したいと思います。







こちらはフレームとストック接合部の画像。

組み込みと調整は友人にした貰ったのですが
フレームとストックに不自然な隙間は殆どありません



構えてみても軋み殆どありません

いやはや良い買い物をしました!
友人よ、組み込み本当に有難う・・・!!




      
ちなみにスリングタナカ製三八式/九九式用の小銃スリングを付けております。

出来れば革製散弾銃用の物に換えてみたいですね。



 

さて以上でマルゼン製ガスショットガン レミントンM870 G&P製メタルフレーム&アウター換装の紹介になります。

ベースはジャンク品ですので今だガスガンとして遊べませんが
それでも装填と排莢を楽しめるので面白い銃に変わりありません。

メタルフレームに換装して剛性もかなり上がりました
サバげで使う予定はありませんが長く遊べる銃になったと思います。
部屋に飾って置くのにも向いてるかもしれません(笑

ライブカート式ですのでサバゲでは不向きな銃ですが・・・
いつか実戦投入してみたいと考えております。

さて今回は以上になります。

ではでは~

ノシ
  

Posted by アンチョビことチビ at 12:32Comments(0)トイガン

2017年06月17日

中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴

皆さんおはこんばんちは水呑み百姓です。
先週は諸事情によりブログ更新怠ってしまいました(汗
申し訳御座いません・・・・

さてさて今回も日本軍複製品を紹介をしていきたいと思います。

まずはいつも通り画像をば!



こちらは中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴になります。

今回ご紹介するのはでも運動靴になります。
サバゲなどのイベントではまず使用する事はないだろう装備品ではありますが
この品は恐らく唯一の複製品と思います。

編上靴や長靴、地下足袋など数多くの足回り品を取り扱っておられる中田商店さん製品で御座います。
残念な事に絶版品の多い中田さんではありますが本製品は現在も入手可能のようですね。



 

複製運動靴前後全体画像。

日本軍の運動靴という物はあまり知らないのですが
運動靴だけでなく運動帽運動衣袴、そして剣道帯同じような作り運動帯
着用して運動(体操など)を行ったようですね。



運動靴の生地ズーム画像。

運動靴の生地帆布製です。
中田製装具類でもよく使用されてますね。



運動靴上面からの全体画像。

この運動靴革生地帆布生地で作られております。(靴底を除く)

現代スニーカーと比べると見劣りするのは否めませんが
現代でも革生地そしてズック(平織り布)生地が用いられておりますので
材質、デザインは変化していても共通する部分もあり繋がっていると感じさせますね。





それでは細かく見ていきたいと思います。こちらが運動靴片側の両側面からの画像になります。

陸軍の総革製編上靴と比べると特徴のある作りをしているのがわかりますね。







運動靴先端部の画像。

先端革生地で覆われておりかなり硬質に出来ております。
足の指を保護するのに最適ですね。



側面部の画像。

運動靴ということもあり一見簡素に見えますが
周囲は革生地縫い付けられており手間が掛っております。





この運動靴鳩目に靴紐を通して行う装着法ではなく
2つ尾錠(バックル)でのみ行います。

日本軍の靴としては珍しい作りではないでしょうか。


   




バックル(尾錠)金具部の画像。

帯革にはがあり自分のサイズに合わせて調整します。
尾錠金具特徴のある形状をしております。

実物の運動靴どのような仕様だったのか大いに気になりますね。





運動靴の帯革部の画像。

装着し締める為の帯革は少しペラい感じがします。 
ある程度柔軟性と水分などが染み込み難い生地が必要な為でしょうか。

実物ではどのような物なのか知りたい所です。



運動靴後面からの画像。

に当たる部分は靴の先端同様に硬質に出来ております。

保護の必要な個所はちゃんと革生地覆われております。



靴の市革(ベロ)部の画像。

ベロ再現されております。簡素ですが丸穴設けられております。





こちらは運動靴上下面からの全体画像になります。




内部の画像。



内側にはサイズ表記のラベルが存在します。



内部の底革生地が貼られております。




続いては靴底部の画像。



靴底革製はなくゴム製の物が縫い付けられております。

実物革製のようでこの点は少々残念ではありますが
実際に使用するのは滑り止め効果の高いゴム製も悪くないと思います。



 

靴底のヒール部の画像。

靴底
ゴム製ですがヒール高さがあり外観はさほど悪くないと私は思います。

帆布と革の組み合わせも相成ってカッコよく見えますね・・・・!



  



さて以上で簡単ではありますが中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴の紹介になります。

この運動靴は中々面白い構造をしていますね!
実物品も是非一度見てみたいもので御座います。

この運動靴はやはり・・・サバゲなどでは使用する機会はまず無い事でしょう・・・
少々残念な材質の個所もありますが・・・日本軍関連の靴としては比較的安価です。
不人気な為か中田商店さんの品としては珍しく在庫もあります。

唯一の複製品だと思いますし私はもう少し脚光を浴びても良いアイテムだと思います。
これだけマニアックな品はそうそう製品化される事はないでしょう。
現在は入手可能でも売り切れれば再販される事は二度と無いかもしれません

日本軍物関連に限った話ではありませんが・・・
いつまでも在庫があるとは限りません!
入手出来るチャンス(機会)がある時に買いましょう!


さて今回は以上になります。

ではでは~

ノシ
  

Posted by アンチョビことチビ at 11:37Comments(3)・日本軍 複製レプリカ 装備

2017年06月03日

マルゼン ガスショットガン レミントンM870 ウッドストックver.

皆さんおはこんばんちは。イネ花粉で難渋している水呑み百姓です。

今回は久しぶりにトイガンコーナー更新したいと思います。
ということで早速画像をば!





こちらはマルゼン製 ガスショットガン レミントンM870 ウッドストックver.になります。

いや~久しぶりのショットガンの購入です。
3年前に当ブログで紹介したデニックスの水平二連以来ですね・・・!

このマルゼンガスショットガンレミントンM870ですが
実は10年近く前に一度購入したことが御座いません(手放しましたがw)

ライブカート式実銃同様の装填が楽しめるのが醍醐味で
モデルガンとしても楽しめるトイガンです。(実射性能お察しですが。。。)



下面からみた全体画像。

今回は運よくウッドストックver.を入手することが出来ました。
以前所有していたのはブラック樹脂ストックver.でしたので尚嬉しいですね。

マルゼンさんはこのM870シリーズは生産しておらず
スポット生産に留まっていますが・・・再生産して欲しいですね。

とはいえ海外勢だけでなく○イでもガスショットガンも販売されてますので
この選択はメーカーとしては正解なのかもしれません。





ということでガワを見ていきたいと思います。

まずはフレーム部の画像。

フレームプラ製です。

 



ボルトカバー部の画像。

ボルトカバープラ製ではなくメタル製のようですね。
スムーズに開閉します。



フレーム左側面にある刻印部の画像。

左側面にはレミントンウングマスターマルゼンの文字
そしてモデル870を示す刻印があります。



フレーム下部にある装填口の画像。

ここにショットシェル装填していきます。
このM870では4発チューブ内収納出来、装填状態薬室内+1発収納出来ます。

この装填作業がホント楽しいんですよ!



フレーム上面の画像。

サイト類なくあります



構えてみた状態の画像。

前後ともにサイト類一切御座いません
ライフルとは一味違う散弾銃ならではですね。



左側面トリガー前部にあるレバーの画像。

ショットシェル装填された状態でこのレバー引きながら
フォアエンド前後にスライドさせると発射することなくショットシェル排出させることが出来ます

便利な機能ですね・・・!



トリガー後部にあるセーフティの画像。

このボタン押すことでセーフティONになります。
解除するには反対側のボタン押すだけです。

シンプルながら実用性が高く優れた安全装置ですね。





続いては前部の画像。

まさにショットガン!といった前部ですね。
ポンプアクションさせるためのフォアエンドシンプル銃身
魅力に溢れておます。





フォアエンドのズーム画像。

木製フォアエンドになります。
チューブ径に合わせて丸まった形状をしており
握り易いようにが設けられております。

樹脂製には無い魅力がありますね。
散弾銃木製グリップ銃床組み合わせも良いですね。
恰好良い・・・というより古風・・・美しさを感じます。

ただフォアエンドは少々ガタつきます。(これは実銃もそうらしいのですが)





アウターバレル部の画像。    

アウターフレーム同様プラ製です。
ですので予想以上に軽く感じます。



バレル右側面にある刻印の画像。

レミントンメイドインジャパン刻印があります。





この部分外すスリングベイル外せ
さらにチューブ内のスプリング抜くことが出来ます。



銃口部の画像。

サイトが無くプラ製の為かチープな印象が。

あくまで個人的な意見ですがアウター長はもう少し長い方が好みです。

  

インナーバレルはかなり後方にあるようですね。

しかしこのM870は実は中古品ですので
手を加えられた可能性があるので純正品でない可能性もあります。

まぁいずれにしましても追々弄ってもらう予定です。



 

続いてはストック部の画像になります。




  
木製ですので美しい木目が栄えます。
微妙に凸凹していたりするのも木製ならではの仕上がりですね。



ストックのグリップ(握り部)後方からみた画像。

散弾銃ならではのシルエットですね。



ストックのグリップ部下側には画像のようなレミントンのエンブレムが存在します。

この個所は分解する時に使うのでしょうかね。




ストックにあるスリングベイルの画像。






パットプレート(床尾板部)の画像。

床尾板分厚いゴムで出来ております。

このモデル旧型ですので中央ガス注入口があります。
(ですが中古ジャンク品でしたので注入口やチューブは残念ながら欠品しております)

ちなみに床尾板上下の穴取り外し用ねじ穴がある個所なのですが
これは欠品ではなく実はこの厚いゴム製パットネジ頭埋もれているだけで存在します



パットプレート側面にはレミントンの文字が存在します。

何気に嬉しい刻印です。



さてそれでは今更ではありますがショットシェルの装填方法を紹介したいと思います。



このモデルではチューブ内4発収納可能です。
また薬室内1発装填可能ですので4発+1発が装弾数になります。






  
ショットシェルを用意してショットガン下部装填口より
ショットシェル1発ずつチューブ押し込んでしていきます。









4発チューブ内満杯ですがもう1発装填したい場合は
フォアエンドを引き1発薬室内に装填すれば
1発分のスペースチューブ内に出来、さらに1発収納することが出来ます



またこの種のショットガンは撃ち終えても
フォアエンド引いてボルトカバー開いた状態であれば
1発を直接排莢口から入れて装填する事が出来ます。



さて以上でマルゼン ガスショットガン レミントンM870 ウッドストックver.の紹介になります。

中古ジャンク品で発射出来ないとは散弾銃ならではの操作法楽しむことができます
仮にガス入れて撃てたとしてもサバゲではとても使える実射性能ではないのですが・・・

しかし最終的には修理してガスガンとして撃てるようにしたいと思います。
ですがその前にフレームとアウターメタル化して剛性と重量を上げたいと思っています。
(既に一部パーツは入手済みですえ)

ノーマルの状態では実射性能と材質不満がありますが・・・それでも名銃だと私は思います。
メーカーさんには是非とも少数でもいいので再生産して頂きたいもので御座います。

さて今回は以上になります。

ではでは~

ノシ

       

Posted by アンチョビことチビ at 14:18Comments(0)トイガン