2011年01月07日

電動火縄銃

前回の記事では大変お見苦しい稚拙な代物を披露してしまいました・・・
いやぁお恥ずかしい・・・

今回は完全自作の電動火縄銃を紹介させて頂きます。
製作したのはもう4年も前になります!!
前々回の記事で私の大まかなサバゲ年表を記載致しましたが、
この銃は本当は皆が就職活動で忙しい時期に製作した
何とも情けない私の過去の産物ですw

では外観を
 

さて中身ですがマルイ製の電動ガンのFN-P90のメカボックスとチャンバーとバレルを組み込んでいます。
外装ですが1つの木をわざわざ彫刻刀やカンナ、ジグソーで形にしました。
大きさですがかなりでかいです。P90のメカボのサイズに合わしましたので、かなり握りにくいです。
これだと口径からいって中筒ぐらいになるのかな??
ちなみに分解やメンテを考慮して木は銃の真ん中部分で分割できます。


 

弾の給弾方法ですが実銃では火皿と呼ばれる部分に穴を開け、
完全自重落下式でジャラジュラ流し込みます。確か相談数は100発前後かな??


 

そしてバッテリーの収納方法。グリップの末端をこのように開いて収納します。
開け閉めはネジ止めです。サイズはミニバッテリーが限度です。

さて作ってみたはいいいが、実戦での評価は・・・
はっきり言って駄作です!!!
まずですね・・・
・メカボとバレルの固定が甘かった!
・火皿部分の給弾装置がまともに機能しない!
・トリガーの仕組みはただ単に針金を引くだけという原始的方法!
といった具合ですww
要はですね撃つとトリガーが戻らないのでずっとフルオート状態になり、
しかもまともに給弾しないので弾は出ないし、
チャンバーやらバレルの固定が甘いので全然飛ばない!!!w
フルオートを停止させるのは銃自体をポンコツテレビのように叩いて停止させるという危険な代物!!w
ですのでこの銃はここ数年使用していません!w
しかも中身のメカボを処分したりしたので今は抜け殻状態で埃をかぶっています・・・
う~ん・・・いちから自作って難しいなぁ・・・・w
これも勉強ですね!





同じカテゴリー(自作トイガン)の記事画像
VSR-10改造 三八式歩兵銃の小改良①
マルシン製レインジャーカービン用ストックにCDX換装
VSR-10改造 三八式歩兵銃(モドキ) 2丁目
ユーゴスラビア ツァスタバM70? APS製電動AK47改造
電動M1ガーランド 再塗装
VSR改造三八式歩兵銃 (**処分済み品**)
同じカテゴリー(自作トイガン)の記事
 VSR-10改造 三八式歩兵銃の小改良① (2016-09-21 20:28)
 マルシン製レインジャーカービン用ストックにCDX換装 (2013-11-03 20:55)
 VSR-10改造 三八式歩兵銃(モドキ) 2丁目 (2012-12-01 14:54)
 ユーゴスラビア ツァスタバM70? APS製電動AK47改造 (2012-09-22 17:38)
 電動M1ガーランド 再塗装 (2011-03-31 19:06)
 VSR改造三八式歩兵銃 (**処分済み品**) (2011-02-22 20:41)
Posted by アンチョビことチビ at 23:26│Comments(0)自作トイガン
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。