2011年01月20日

個人業者Sさま製 陸軍 鉄帽覆い 前期型

今度は旧日本軍の鉄帽覆いをご紹介致します。

この鉄帽覆いは要はヘルメットカバーなのですが、
ヘルメットを保護し、また激しい日射光によるヘルメットが熱くなることの予防
厳しい寒さでの冷えたヘルメットに皮膚が触れた際の貼りつくのを予防できます。

現在ではヘルメットカバーは当たり前の装備ですが・・・

さて画像をば
 
こちらはオークションで手に入れたものです。
値段は少々高めでしたがちゃんと検定印も打ってあり、生地の材質もよく
綿製の夏服にも合います!
また分厚いのでヘルメットの保護にはピッタリです。


かなり地味でシンプルな外観ですがこれが日本軍です!!

ちなみに旧日本軍においても鉄帽覆前期型と後期型がございます。
画像の鉄帽覆は前期型です。
後期型ヘルメットの先端部分により鉄帽覆の生地の損傷を和らげるため
周囲に布で補強されています
両者外見が異なるので判別は容易です。

しかし後期型の鉄帽覆を装備した兵士の写真はあまり見掛けることがありません
戦争末期に少し見掛けた程度です。
逆に前期の物は太平洋戦争以前からたくさん写真を見受けれます
勿論南方でもたくさん見受けれます!

もし買うなら前期型をお勧めします!!

ちなみに
中田商店では前期型後期型の両方の鉄帽覆いを販売されてますね。

 

偽装網を装備した状態。
偽装網があってもあまり変わらなく見えますが、
これが鉄兜の最も進化した形だと思います。

最後に日本軍の写真を

 

白黒じゃ分かりにくいですが鉄帽覆を装備している兵士としていない装備の兵士がいますね。
実際装備率もまばらだったみたいです。

以上鉄帽覆いでした~





同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革
中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ②
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 九六式防寒帽 鼻覆い付 (新型短毛仕様)
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和七年制定雑嚢
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革 (2017-03-11 18:58)
 中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ② (2017-02-11 17:03)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴 (2017-01-21 21:24)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢 (2017-01-03 00:35)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 九六式防寒帽 鼻覆い付 (新型短毛仕様) (2016-12-30 19:24)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和七年制定雑嚢 (2016-12-21 23:26)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。