2011年01月24日

旧日本軍 三式冬衣

さてさて今回は旧日本陸軍の三式冬用軍衣をご紹介致します。

以前にも記載致しました通り、九八式軍衣の後継として1943年に採用されました。
冬用軍衣代用綿衣を除き、基本的に羅紗地(ウール)です。

では画像の方を
 

 

このような感じです。実物です。
ちゃんと剣吊りも付いています。

基本構造は九八式と変わりません。襟が少々大きめになったぐらいですね。

ちなみに三式軍衣末期の軍衣なので物資不足などから来る材質の関係から粗悪というイメージがありますが、
本品では決してそのように感じない品です。

この軍衣自体は状態も良好ですし、脆いとかそんなことはありません。
(そりゃ九八式の初期型や昭五式何かと比較すると良質とは言い難いですが)

生地の色と荒さ(混紡から来るものか?)は気になりますが、作り自体は良いです。

決戦服と呼ばれたコストと手間を省くためアイクジャケット並に丈の短い軍衣よりは全然マシです!

 

泣く子も黙る昭和20年製です・・・(つД`)
色々思い耽ってしまいそうになりますねw

ちなみにサイズは小号です。
三式軍衣からは小号、中号、大号の三種類しかございません。

大号は冬夏衣ともに今や希少ですね。

最後に

やはり羅紗のせいかやはり冬衣は暖かいです!
ですがこれをゲームで使うとなると・・・・
簡単に洗濯とは行きませんしクリーニングしかありません。
しかも泥など付着した場合はもう除去できなくなる可能性も!

五〇年以上前の服なので損耗も著しいと思います。
皆さん是非大切に保管して使いましょう!







同じカテゴリー(・日本軍 実物 装備)の記事画像
日本軍 実物 九〇式鉄帽 大号 (篠原工房さま再塗装&内装)
日本海軍 実物 陶器製手榴弾
日本陸軍 実物 水嚢(折り畳み式布バケツ)
日本陸軍 実物 九五式軍刀 中期型(鞘なし) 
日本軍 実物 九〇式鉄帽 小号 (個人業者Fさま再塗装)
戦前 実物 日本軍 腕時計用ベルト 方位磁石付き
同じカテゴリー(・日本軍 実物 装備)の記事
 日本軍 実物 九〇式鉄帽 大号 (篠原工房さま再塗装&内装) (2017-03-18 19:57)
 日本海軍 実物 陶器製手榴弾 (2017-02-18 21:43)
 日本陸軍 実物 水嚢(折り畳み式布バケツ) (2017-01-14 19:09)
 日本陸軍 実物 九五式軍刀 中期型(鞘なし)  (2016-08-06 12:00)
 日本軍 実物 九〇式鉄帽 小号 (個人業者Fさま再塗装) (2016-07-18 19:39)
 戦前 実物 日本軍 腕時計用ベルト 方位磁石付き (2016-05-08 10:31)
Posted by アンチョビことチビ at 22:31│Comments(0)・日本軍 実物 装備
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。