2011年01月28日

旧日本陸軍 九八式外套(コート)

さてさて今回は旧日本陸軍九八式外被(コート)をご紹介致します。



日本軍ではコートのことを外被もしくは外套といいます。
これは軍に関わらず、年配の方でもそのように呼称されていると思います。

冬場に羽織る羅紗地(ウール)製コートです。

これより前のタイプは昭五式外被と呼ばれたコートがあったのですが、
そちらは旧型軍衣と同様、肩章に階級章を装着するものでした。
また作りも兵下士官用でありながら前合わせが左右どちらでも上にしても着れるツインボタンタイプでした。

しかし戦争の長期化に伴う物資不足より後継の九八式外被が採用されると
前合わせはシングルタイプになります。

ちなみに雨衣(レインコート)もほぼ同様の作りになっています。

 


画像の前列のサーベルを帯刀した兵士下士官でしょう。
前列は左から二人目の着ているのが昭五式外被
前列右一人目と二人目の着ているのが九八式外被です。

判別自体は容易かと思います。

ちなみに将校用の九八式外被はまた別仕様で
九八式になってもツインボタン仕様になっています。

この外被でも寒さに対応できない場合は、
専用防寒被服を着用します。




 

さて九八式、昭五式ともに軍衣と同様、
左脇したら辺には剣吊りが必ず付属します。

しかし画像の九八式には外されています
残念・・・


 

軍衣と同様、襟元には締めるためのフックがあります。

 

襟下にある何個ものボタンフードを装着するためのボタンです。
ちなみにフード鉄帽(ヘルメット)を被った上からも被せれるようにサイズの大きな作りなのが特徴です。

いまではフード付きの九八式も珍しくなってきましたね・・・

 

こちらが検定印になります。
昭和15年製、サイズは5号です。

ちなみに外被は大概は冬用軍衣の上から着るので
外被サイズ的にゆったりと余裕のある作りになっています。

現にサイズの小さい5号ですが、私が薄着で着たらブカブカなぐらいでした。


 

虫食いもなく意外と良い状態なのですが・・・
下の丈ら辺はこのような状態です。

まぁ60年以上前のウールで服がここまでの状態なだけでも良かったとしましょう・・・!

以上九八式外被でした~





同じカテゴリー(・日本軍 実物 装備)の記事画像
日本軍 実物 三十年式銃剣①
実物 日本陸軍 昭和十八年制 将校准士官用冬衣
日本軍 無可動実銃 三八式歩兵銃
実物? 日本陸軍 尉官襟章
日本軍 実物 九〇式鉄帽 大号 (篠原工房さま再塗装&内装)
日本海軍 実物 陶器製手榴弾
同じカテゴリー(・日本軍 実物 装備)の記事
 日本軍 実物 三十年式銃剣① (2017-12-16 12:56)
 実物 日本陸軍 昭和十八年制 将校准士官用冬衣 (2017-11-11 13:18)
 日本軍 無可動実銃 三八式歩兵銃 (2017-07-22 23:40)
 実物? 日本陸軍 尉官襟章 (2017-04-29 13:50)
 日本軍 実物 九〇式鉄帽 大号 (篠原工房さま再塗装&内装) (2017-03-18 19:57)
 日本海軍 実物 陶器製手榴弾 (2017-02-18 21:43)
Posted by アンチョビことチビ at 20:19│Comments(3)・日本軍 実物 装備
この記事へのコメント
こんにちは、初めてコメントさせていただきます
いつも楽しくブログの方見させて頂いてます

最近日本軍の軍衣に興味があって、特に外套をぜひ手元にほしいと思っております
自分は身長が175ほどあり、肩幅が45くらいあるのですが、九八式の場合、下が薄着だと何号くらいまでなら着れそうですか?
Posted by とあるミリ好き at 2016年10月11日 15:55
>>とあるミリ好きさま

はじめまして!とあるミリ好きさま!
いつも当ブログをご覧下さり本当に有難う御座います。

九八式外套の購入を検討されているのですね!
外套は下に冬軍衣を着るのが基本ですので
ゆったり目(余裕を持たせて)に作られております。

身長175㎝で肩幅45ぐらいですと冬衣や夏衣では厳しいかもしれませんが
下が薄着と考えますと1号、2号は着れると思います。
ただやはり大きいサイズになると高価になってしまう傾向にあります(汗
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2016年10月11日 17:52
ご返事ありがとうございます。

やはり大きいものでないと厳しいんですね、、、
コメント後も結構調べたんですが、
身長というより、自分は肩幅的に厳しいみたいですね、、

丁寧なご返事したらありがとうございました。
Posted by とあるミリ好き at 2016年10月12日 15:38
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。