2011年02月03日

クロアチア軍/セルビア軍? ナイロンメッシュベスト

久しぶりにユーゴ関連の装備をご紹介致しますw

今回はクロアチア軍ナイロンメッシュベストです。

まず画像をば
 

こんな感じです。
色はウッドランドですね。

何処かの国のベストによ~く似てますね!!w

まぁそこらへんのべストと変わりませんねw
マガジンポーチにはAKサイズのマガジンが収納可能です。

このベストオークションで手に入れたのですが、
日本国内でもいくつかのショップで売られていたようですね。
確かウッドランドの他に冬季雪用白色の物もあったと思います。

値段もいうほど高くはなかったはずです。

しかし!
私のこの手持ちのベスト!!
凄く生地がペラペラでした!!薄いんです!!w
使い古したものだから・・・・と信じたいのですがw

まぁ軽量さが特徴のメッシュベストだからアリなのかもしれませんね・・・!

でも・・・
ベストの境目のハトメがすぐ外れてしまう!!!という仕様なり・・・
う~ん・・・・w
正直出来はあんまり良くないですね・・・w

さて当ベストは恐らくクロアチア軍で使用されていたものだと思うのですが・・・
セルビア軍の画像を漁っているうちに良く分からない画像を見つけました。

まずはこれです。

 

右後ろの兵士はセルビア軍兵士と分かるのですが、
堂々と前にいる兵士は果たしてセルビア軍兵士なのでしょうか・・・・?

前の兵士は今回紹介したナイロンメッシュベストと大変よく似たベストを装着していますね。
しかしその右後ろのセルビア兵メッシュ素材とは違うベストを装備しています。

また銃にしてもセルビア兵ヅァスタバM70ですが、
前の兵士は東ドイツ製と思われるAK(MPi)を装備していますね。

しかもそもそも両者とも迷彩服と記章が全く違うことが分かると思います。

私はセルビア以外の別の軍隊現用クロアチア軍か現用ボスニア軍)のいずれかと推測します。
国境や合同警備区域か合同演習なのでしょうか・・・・?

しかし現在のセルビア軍も装備は色々カオスなのでセルビア軍ではないと断定はできないとおもいます・・・w
本当に謎ですね・・・・???w

 

他にもこんな画像とかも判別出来かねますw
左肩の記章さえ分かれば何処の国か分かるのですが・・・・w
旧ユーゴ圏の軍であることは確かなのですが・・・・

しかしこちらは少し変わったベストを装備していますね。

 

こちらも微妙に分かりませんw
ベストの右に刻印されている文字がキリル文字ならセルビア確定なんですが・・・w
判別できませんw

しかしこのベストは肩パットの位置といい、形といい、
セルビア軍の物と酷似しているので6~7割型セルビアかと思います。

ウッドランド迷彩を着られたら本当に区別判別見分け付きません!!!w

正直やめてほしいw

以上!訳のわからないベスト紹介でした~w






同じカテゴリー(旧ユーゴスラビア/セルビア軍装備)の記事画像
ユーゴスラビア/セルビア軍 兵用革帯(ベルト)
ユーゴスラビア 1987年製 M77ジャケット(野戦服)
スルプスカ共和国(セルビア人共和国) リザード迷彩ジャケット
ユーゴスラビア 1977年製 M77シャツ
スルプスカ共和国(セルビア人共和国) リザード迷彩パンツ 
スルプスカ共和国 ローカルメイドAK用(M70用)ベスト M68迷彩
同じカテゴリー(旧ユーゴスラビア/セルビア軍装備)の記事
 ユーゴスラビア/セルビア軍 兵用革帯(ベルト) (2013-04-07 00:00)
 ユーゴスラビア 1987年製 M77ジャケット(野戦服) (2013-03-17 14:30)
 スルプスカ共和国(セルビア人共和国) リザード迷彩ジャケット (2013-02-12 19:10)
 ユーゴスラビア 1977年製 M77シャツ (2013-01-29 00:11)
 スルプスカ共和国(セルビア人共和国) リザード迷彩パンツ  (2013-01-17 19:28)
 スルプスカ共和国 ローカルメイドAK用(M70用)ベスト M68迷彩 (2012-12-21 00:00)
この記事へのコメント
先日、同型のベストを入手しました!!残念ながらOD色のパチ物ですが…。
格安だったので、当面はこれで妥協することにします(苦笑)
Posted by すけ at 2011年02月03日 20:55
>>すけさん

おおwなんというタイミング!!
素晴らしいチョイスです!!!
ですがクロアチア軍のベストもセルビアの物も
明らかに米国の物を模倣していますので
全然問題ないと思います!

ただゲームで分かってくれる人が全くいないのが悲しいんです・・・
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年02月03日 20:58
>アンチョビことチビさん

ウッドランドにあのベストを着たら米軍以外の何者でもないですね…(笑)
とりあえずニット帽にクロアチア国旗のバッジ(500円w)でも付けてごまかします…。
Posted by すけ at 2011年02月03日 22:56
>>すけさん

そうですねぇ・・・そうなると
やはり記章類のたぐいは必須かもしれませんね。
それでも・・・気づいてもらえるかどうか・・・
旧ユーゴの国々は日本ではドマイナーですからね・・・w

ともあれ自分が楽しめればそれで十分ですよ!!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年02月03日 23:07
上段は何とも言えませんね。
クロアチアにも見えます。
個人的にはコソボ紛争時のセルビア軍だと思いますが、確証ナシです。


中段と下段はそれぞれワッペンと装備で見分けがつきます。

中段はワッペンがよく見えませんが多分ユーゴ(当時)憲兵特殊部隊コブラか何かです。後ろのキモい装甲車両も傍証ですね。


下段は軍ではなくセルビアの国家憲兵です。
http://www.youtube.com/watch?v=4G6smglGqtQ&feature=related

紛らわしいですが、軍隊内の警察である「憲兵」と国家憲兵は違うものなんですね~
Posted by 林鳥巣 at 2011年04月07日 02:44
>>林鳥巣さん

こんばんわ!林鳥巣さん!
私もとても最初の画像が全員セルビア軍か
クロアチア軍兵士+セルビア兵なのか判別が出来ません・・・

ほほぅ・・・判別の味噌はワッペンですか!
セルビアに憲兵と国家憲兵の2種類が存在したとは・・・
まだまだ勉強不足で恐縮であります・・・!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年04月07日 19:00
いえいえ、僕も全然詳しい方ではありませんので・・・
ジャンダルムリにも「憲兵」っていう訳語を当てること自体が紛らわしいんですよね。

【国家憲兵-Wikipedia】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E6%86%B2%E5%85%B5

ちなみにセルビアの国家憲兵は、内務省が元民兵を中心に編成した部隊ですので非常に凶悪・・・らしいです。今はどうだかわかりませんが。

あ、あと「クロアチアだか何だか分からない」と仰っていた上記画像ですが、コソボ戦時の画像と判明しました。
右のM93迷彩の人物がユーゴスラビア地上軍プリシュティナ軍団所属の憲兵で(いつ見てもヒドいワッペンの付け方だなあ)、ウッドランドの皆さんは内務省特殊警察部隊PJPです。

前回はテキトーこいてしまってスミマセンでしたm(_ _)m
Posted by 林鳥巣 at 2011年08月01日 22:44
>>林鳥巣さん

お久しぶりです!林鳥巣さん!
元民兵が憲兵とは・・・wにわかに信じられませんが
十分あり得そうなので怖い気もしますね。

おお!!
両者とも連邦の方でしたか!
いやぁしかし両者とも所属は違えど憲兵と警察特殊部隊とは
面白い組み合わせですねぇ・・・

紛争中ということは警備や監視活動など任務の最中のものでしょうかね。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年08月02日 19:56
どうもお久しぶりです。

>両者とも

まあセルビアとクロアチアが一緒に何かするというのは考えにくいシチュエーションですからねえ。
最近は段々と正常化措置が取られつつありますが。

細かい状況は忘れましたが、任務中のもので間違いないと思います。

コソヴォ紛争ではまず「国内の治安問題」として警察官であるMUPが前線に投入され、NATO諸国が武力介入に踏み切ってからは軍・警察(※再編成した元民兵含む)が合同して作戦に当たりました。

>怖い

まあ某超大国なんぞは市民全員が規律ある民兵らしいですから(爆
Posted by 林鳥巣 at 2011年08月12日 02:38
>>林鳥巣さん

両国とも変わりつつある・・・ということでしょうか。
EU入りを両国とも目指していますので
本当に良い事だと思います!

やはり任務中の一コマだったのですね・・!

なるほど。
コソボは当初国内における治安の回復としてMUPが投入されたのですね。
しかしNATOの介入にはコソボの顛末を見るに少々疑問を持たざるを得ない気がするのは私だけでしょうか・・・?

某超大国・・・ああ、かの国ですねw
世界の警察さまですね・・・!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年08月13日 14:06
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。