2011年02月06日

サムズミリタリヤ製 ローデシア迷彩帽

さてさて久しぶりにメイン装備以外の装備をご紹介したいと思います。

と、その前に・・・・言いたいことが・・・・
何故ポディマハッタヤさんの記事の方が侍装備や日本軍装備よりアクセス数多いんだ!!!w
時間帯か!?それともボディアーマーと間違えたのか!?
それとも画像のせいか!?w
私の知らないところでポディマハッタヤさんブームが起こっている可能性がある・・・・?

まぁそんなことはどうでもいいとして・・・本題にw

つい最近まで私はローデシア装備をしていましたのですが、
そのローデシア軍(現ジンバブエ)の特徴的である帽子をご紹介致します。

ちなみにローデシアとはアフリカにあった白人国家の名前で、
反政府軍との間の戦いで白人傭兵部隊が活躍したことで有名ですね。

 

こちらです。帽垂れ付きキャップです。
帽子自体に帽垂れが縫い付けられております

よく似たタイプでフランス軍やポルトガル軍のリザード迷彩の帽垂れ付きキャップがありますが、
ローデシア軍の物は帽垂れが長くしかも折り畳み可能です。

形状がかなり特徴的なので判別は良いかと思います。
そもそも迷彩柄も異なりますしね。

さてサムズ製のローデシア迷彩キャップですが、こちらは去年の春頃に購入したものです。
私は数年前にも同社製(もしかしたらUSA製か?)の同型キャップを持っていたのですが、
画像の物はまるで作りが異なっています。

①まず左右両側面に3つの通気孔(左右両方で6つ)があること。
②帽垂れを折り畳むのがドットボタンに変更されていること。

この2点ですね。
ちなみに以前のサムズ製帽垂れの折り畳み普通の縫い付けボタンとボタンホールでした。
ゲームでの使用などユーザビリティは画像のタイプが良いでしょうね。
サイズもLLと頭の大きな人には安心です!しかも日本製!!
お値段もお手頃でした。

しかも
実際のローデシア軍の画像を探してみると・・・

 

一応ありました!!w
(そりゃ実在するから作られるんですよねw)

垂れの折り畳みボタンドットボタンかは判別できませんが
サムズ製の特徴である3つの通気孔が存在するタイプです!

 

他の写真には殆ど見受けれませんでしたが、
一応オスプレイのイラストにはこの帽子を装備した兵士が載っていました。

恐らく生産した工場や年代によって帽子の構造が変わってくるんでしょうね。

このタイプのサムズ製の帽子は実際に着用した兵士の写真は少ないですが、
ナシではないので十分使えると思います。(ただの私のリサーチ不足なのかもしれませんw)

国内でローデシア迷彩装備を手に入れるならサムズミリタリ屋さましかない!といっても過言でないと思います。
それほど取り扱っているショップは少ないのです。

しかし最近ローデシア装備の方はめっきり見なくなりましたね・・・
昔は結構多かったんですが・・・これも時代ですかね・・・・w
今や無い国ですしねw

あと最後に・・・・



ローデシア装備の私w



 

持っているショットガンは借り物です!!w私のではありませんw

以上、サムズミリタリヤ製 ローデシア迷彩帽でした~w





同じカテゴリー(その他の装備)の記事画像
ブラックホーク社製 散弾銃(ショットガン) ショットシェル用バンダリア
ロシア SSO製 3ポイントタクティカルスリング&SPLAV製? 1ポイントバンジースリング
ロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク) AKチェストリグ
ロシア SPLAV(スプラフ)社製 FORCE タクティカルグローブ&DOTニーパッド
サファリランド製 実物 グロック17用レッグホルスター 6005 左利き用
フィールドマスター(マックジャパン)製 ワンポイントバンジースリング OD色
同じカテゴリー(その他の装備)の記事
 ブラックホーク社製 散弾銃(ショットガン) ショットシェル用バンダリア (2017-07-08 11:02)
 ロシア SSO製 3ポイントタクティカルスリング&SPLAV製? 1ポイントバンジースリング (2017-04-15 13:58)
 ロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク) AKチェストリグ (2017-03-25 21:02)
 ロシア SPLAV(スプラフ)社製 FORCE タクティカルグローブ&DOTニーパッド (2017-02-25 18:05)
 サファリランド製 実物 グロック17用レッグホルスター 6005 左利き用 (2017-02-04 20:12)
 フィールドマスター(マックジャパン)製 ワンポイントバンジースリング OD色 (2016-10-29 11:39)
Posted by アンチョビことチビ at 20:15│Comments(6)その他の装備
この記事へのコメント
一時期はアフリカ=ローデシア装備って方程式が成り立ってたんですけどね。

いかにもイギリス的アフリカの傭兵ってイメージにピッタリで、実際元ローデシア兵は今でもネパールのグルカ兵同様高い評価は受けてるんだとか。
Posted by やまさん at 2011年02月06日 21:10
>>やまさん

そうですねぇ・・・
今のPMCの始祖ともいえるローデシア傭兵なんですけどぇw
小部隊で圧倒的多数のゲリラを各個激破して凄いキルレシオを
誇ったんですがね・・・w
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年02月06日 21:16
確か大阪にサルガッソーっていうサバイバルゲームチームがおりまして、そこは今は英軍SASの服装でやっていますが、以前はローデシアSASでやっていたみたいですよ。
ローデシア迷彩にガリルやタボール等をを持たせて“もしローデシアが今も存続していたら”というコンセプトでやってみても面白そうですね。
Posted by HiroSauer at 2011年02月08日 12:59
>>HiroSauer さん

おおw関西しかも大阪にそのようなチームがあるとは!?
感激です!!w
とはいえローデシア装備はしなくなったのですね・・・
残念です・・・

ローデシアが今も存続していたら・・・どうなったのでしょうねぇ。
南アフリカに次ぐ兵器開発国になって独自の火器を生産していたり
するかもしれませんねw
どちらにしましてもアフリカで白人第一主義ではやっていけないでしょうねぇ・・・・
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年02月08日 20:02
30人の部隊で3000人以上の敵を倒したりと気合入った戦いをしていましたねぇー。

自分もサムズミリタリヤさんで買いましたw日本で唯一のローデシア戦闘服の複製を作っている、素晴らしいお店です^^。

近代の傭兵の元祖なんで、もっと盛り上がってくれれば、衣類、装備のレプリカが作られる⇒更に盛り上がる⇒マルイがFALを出す⇒etc

に・・なれば良いなw。
Posted by クルト・まぁいいや at 2011年02月15日 01:58
>>クルト・まぁいいやさん

彼らの戦果本当に脅威的ですよね!!w
だから魅力的なんですよね!!
近年のPMCブームに乗ってロデも流行れば・・・!

マルイさんには・・も正直私は期待はしていません・・・w
悔しいですがもう電動のメインは海外メーカーのような気がします。
マルイのラインナップは後手後手ですしね・・・
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年02月15日 20:35
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。