2011年04月23日

祖父の従軍写真① 歩兵第79・第37連隊

さて久しぶりに日本軍写真の方も更新したいと思います。

今回はブログに掲載するかどうか悩みましたが、
私達の祖父達の辿った軌跡に目を向けて頂きたく思いましたので掲載致したい所存です。

まず簡単の御紹介を
私の母方の祖父は戦時中、大阪に住んでおりました。
祖父は昭和11年12月、歩兵第79連隊第7中隊に入営し、
翌12年7月に同連隊は応急動員下令され、駐屯していた朝鮮より越境し大陸の戦地へ向かいました。

祖父の従軍記によれば初の戦闘は北京郊外又は市内における警備任務の最中の便衣兵もしくはゲリラとの
戦闘とのことです。

昭和14年11月7日復員下令されるまで幾度の作戦に参加しています。
昭和15年1月17日には整備師団への帰還が命じられ、同年1月23日には大阪へ帰還し
歩兵第37連隊転属した後に召集解除となりました。

しかし太平洋戦争が勃発すると歩兵第37連隊は動員下令が下り、祖父は少なくても二度目の召集を受けます。
召集時期など記載されている日記などは見当たらないので時期は不明ではありますが、
同連隊東南アジアへ派遣され、 スマトラ、インドシナやタイ警備任務に終戦まで当たっていました

激戦地への派遣は免れましたので祖父は無事内地へ帰還しました。

既に母方の祖父は11年前に他界していますので詳細を聞くことは不可能ではありますが、
日中戦争中に従軍した際に付けた日記従軍中の写真から大体の軌跡と雰囲気が辿ることが出来ました。

日中戦争の従軍に関しては同連隊は相当数の会戦、粛清作戦にしています。
皆さん色々評価の分かれる時代であるとは思いますが、決して避けては通れないと思いますよ

現代人の感覚では戦争なんてナンセンス、馬鹿みたいと思われる方もいると思いますが、
そういう思考をお持ちの方こそナンセンス夢物語でしかありませんね。

さて妙に思想っぽい暗い話は置いといて、
写真を紹介していきたいと思いますw

私のブログの画像は殆ど転載ばかりの画像で、人の事は全く言えたクチではないのですが、
この紹介する画像無断転載禁止でお願いしますね!w

それでは早速・・・



駅ホームに集合する出征前の 兵士たち。  
旧型背嚢完全軍装ですね。
周囲の方々の見送りが華々しいのが如何にもという印象です。
また混雑の整理のためか当時の警官の姿も見えますね。
 
 

駐屯地正門より堂々出営する兵士たち
見送る民間人や兵士たちが見えますね。



こちらは軍旗祭と呼ばれる祭りの写真です。
軍旗祭で調べて頂ければ詳細は分かりますが、
連隊駐屯で軍旗を陛下より賜った事を祝う連隊随一の祝賀行事です。

写真では女性着物を着て一見女性たちが舞っているように見えますが、
兵士たちによる仮装の可能性大ですw

祖父の出征前の駐屯地は外地朝鮮なので同地での軍旗祭かと思います。

 

こちらは戦地での写真ではなく訓練時を撮った写真です。
担架で兵士を背負っているのか衛生資材を運んでいるのか分かりませんw
祖父は衛生兵ではありませんので父の所属連隊の中隊衛生隊員でしょうか?

いずれの兵士も赤十字の腕章を装着し、防毒面嚢を装備しています。

 

こちらは架橋訓練の写真です。

木製か鉄製か分かりませんが架橋のための舟橋を大勢で背負っています。
兵士の表情から見ても相当しんどそうですね。

工兵隊の訓練写真でしょうか。
兵士たちは汗をかくためか上着は襦袢姿で作業しています。

 

道路を挟んで演習に臨む連隊諸兵
二軍に分かれて最後の突撃後の白兵の瞬間でしょうか?相手方は頭に白布を巻いています。
しかし大きな道路を使ってますね。やはり堂々街中で行っているのでしょうか。
現代で実施すれば叩かれまくりでしょうね・・・

 

こちらは龍山(朝鮮)陸軍病院正門の写真です。
演習に臨むのか出征に臨むのでしょうか。
こちらは軍衣は冬衣ですね。

 

射撃訓練後の小銃手入れの様子の写真です。

野外でも手入れはこんな感じで行うんでしょうか。

ちなみにこの写真上の新聞の記事は出征後、戦地で亡くなった方の記事です・・・・
亡くなれば新聞に載るんですね・・・・この方の出生まで書かれています。
あくまで個人情報なので隠しております。

 

射撃訓練中の写真です。

標的への距離が短い気がしますが・・・・射撃訓練も何種類もあるのでしょうかね。
冬季なのか雪が残っています。

 

渡河訓練中又は船で移送中の兵士たち。

完全行軍装備のようにみえますが小銃を携行していませんね。
渡河訓練なのかただ単に移動中なのか不明ですw

 

行軍訓練中の兵士たち

まだ戦地ではありません。

 

兵営のベッドの写真

綺麗の整えています。
色々と物品の配置が決まっているのでしょうかね。

 

診断を受ける兵士
手前の上半身裸の兵士左脇に怪我をしていますね。
普通の診断風景なのか、兵士を集めての一斉健康診断なのか撮影用のヤラセなのか・・・w

 

仲のよさそうな集合写真ですね。

訓練後の写真でしょうか?革帯に銃剣は装備しているようにみえますが。
他の装備は外していますね。

 

朝鮮の寺社の前での撮影かと思います。
防毒面嚢を装備しています。

 

後に東條内閣退陣後に総理大臣へと就任する小磯国昭氏です。
朝鮮軍司令官の職にある頃のものです。

 

正装に身を包む御仁
連隊長殿でしょうか・・・・?
とても煌びやかな服装です。

 

襟に歩兵第七九連隊所属を示す79の襟章が付いていますね。
こちらの方は大隊長殿です。

 

まだお若く見えますがこちらはの方は79連隊の中隊長殿です。
うーん・・・・格好よい・・・!

さて今回は以上になります。
写真の紹介は全部で4回を予定しておりますが、
先ほども書いたとおり、無断転載だけは勘弁願います!w

以上です~でわでわ~w




タグ :日本軍写真

同じカテゴリー(旧日本軍画像・写真)の記事画像
支那事変 記念寫真帖 朝鮮第二十三部隊
再うp 祖父の従軍写真② 歩兵第79・第37連隊
祖父の従軍写真(終) 歩兵第79・第37連隊
祖父の従軍写真③ 歩兵第79・第37連隊
旧日本軍 鹵獲火器使用写真
九九式小銃のある風景
同じカテゴリー(旧日本軍画像・写真)の記事
 支那事変 記念寫真帖 朝鮮第二十三部隊 (2016-08-13 15:54)
 再うp 祖父の従軍写真② 歩兵第79・第37連隊 (2013-03-20 12:46)
 祖父の従軍写真(終) 歩兵第79・第37連隊 (2011-06-06 19:33)
 祖父の従軍写真③ 歩兵第79・第37連隊 (2011-05-08 12:03)
 旧日本軍 鹵獲火器使用写真 (2011-01-14 23:16)
 九九式小銃のある風景 (2011-01-12 23:14)
Posted by アンチョビことチビ at 11:17│Comments(4)旧日本軍画像・写真
この記事へのコメント
貴重な歴史的資料掲載に敬意を込めて!o( ̄ ^  ̄ o)
Posted by やまさん at 2011年04月23日 13:11
貴重なお写真ありがとうございます。

従軍記…日本人が昔戦ったなんて…いまだに信じられません…
Posted by 忍ぶ at 2011年04月23日 17:31
>>やまさん

さほど貴重な歴史資料とは言えるかどうか・・・w
従軍経験のあるどなた様にも所蔵していると思いますよ!
苦く辛い経験かもしれませんが思い出なのですから!!

>>忍ぶさん

いえいえ!
確かに私達の世代からしてみればテレビや本などを通してしか
60年以上前の戦争は実感することは出来ないでしょうね・・・
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年04月23日 17:43
画像河野悦次郎
Posted by 河野悦次郎 at 2014年06月15日 23:46
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。