2011年03月08日

セルビア軍と海外

セルビア軍はユーゴ紛争期においては諸外国からは加害者扱いされ、
嫌われに嫌われまくりましたが(一部の国を除いて)

以前にも何度も記載しました通り、セルビアEU入りを目指し、邁進中であります。
紛争における戦争犯罪人の受け渡しや捜査協力だけでなく、積極的に西側諸国との政府間での交流も続けています。
軍時の部門でも然りですが。今回は海外諸国との交流を映したセルビア軍画を紹介致します。

今回は画像が少ないですがw
少しでもセルビア軍を画像から知って頂ければと思います。

 

イギリス兵とセルビア兵。時期はいつ頃かは分かりません。
こういうシチュエーションは大概片方が見劣りするのですが、
セルビア軍兵士もかなり格好良く見えますね!!
まぁ・・・イギリス兵が殆ど装備付けてないせいかもしれませんがw

場所ですが、もしかするとコソボなど駐留しているイギリス兵でしょうか?
(それならUNの記章なり帽子なりのはずかな・・・)

可能性としては低いですが、もしくは合同軍事演習の可能性もありますね。

 

特徴的な迷彩服と小銃
こちらはスウェーデン軍と一緒の一コマです。

スウェーデンとセルビア
なんて殆ど接点がないのですが・・・何故でしょうね・・?
セルビア本国かスウェーデン本国かは分かりませんが、一部ヨーロッパ諸国を交えての合同演習における一コマでしょうか?

 

こちらは米軍との交流の一コマ。
時代も変わりましたね・・・w

しかし米軍も中国軍と少しは交流してくるぐらいですし、国際化が常識の今日では当然かもしれませんね。

 

 

色々、指南というか教えているみたいです。
画像を見る限りでは自衛隊と米軍の交流と変わらないように見えます。

下の蛇を皮を剥いている食料自活のレンジャー訓練?的な画像は2007年となっていますね。

 

 

こちらは東南アジア若しくはアフリカにおける現地での交流一コマです。
PKO活動や治安維持での派遣でしょうか。

この特徴的なブルバップ銃に、アジア系の顔・・・中国しかいませんねw

ちなみにセルビア本国には中国の軍高官など要人が幾度も訪問しており、
互いに積極的に交流をしています。

セルビア側にとってはコソボ問題などで味方となる中国は心強いというか頼もしい存在なのでしょう。
それはロシアも同じですね。

しかし急成長を続け存在感を増す中国はヨーロッパにおいても同様のようですね。
日本ももっとしっかりして(ry

 

今度はアフリカにおけるセルビア軍
こちらはアフリカの何処の国かは分かりませんが、今度は色々教える立場にあるようですね。
軍事顧問なのでしょうか。

 

 

 

 

いずれもセルビア製(もしくはユーゴ製)の火器の使用方法を教えているようです。

話は変わりますがアフリカの紛争地域などでは中華製五六式に混じってユーゴ製(もしくはセルビア製か?)のM70もよく見掛けますね
連邦時代から流していたのか、ユーゴ紛争のせいなのか、それとも武器商人が暗躍しているのか・・・


 

今度は代わって中東(イラクか?もしくはアフガンか?)におけるセルビア軍と思われる兵士
セルビアイラクやアフガンに派兵しているという話は聞きませんが、
果たして彼らは一体・・・


 

記章類からしてセルビア兵には見えませんが・・・

 

迷彩服を着用している時点で兵士なのですが・・・セルビア人なのか否か・・・・w

しかし画像の詳細は分かりませんが、
ヅァスタバのM70などはイラクにおいても、PMCなども所持している例が見られますね。

とまぁ、詳細不明だらけの画像でしたが以上ですw
でわでわ~w





同じカテゴリー(旧ユーゴスラビア/セルビア軍画像・写真)の記事画像
セルビアの日本人義勇兵!? コンバットマガジン94年11月号より
ユーゴスラビアにおけるトンプソン短機関銃
魅惑のセルビア軍女性兵士写真
ユーゴスラビア紛争/内戦写真②
ユーゴスラビア人民軍画像② 内戦以前
ユーゴスラビア紛争/内戦写真①
 セルビアの日本人義勇兵!? コンバットマガジン94年11月号より (2012-06-24 20:26)
 ユーゴスラビアにおけるトンプソン短機関銃 (2012-05-17 20:55)
 魅惑のセルビア軍女性兵士写真 (2011-03-05 13:06)
 ユーゴスラビア紛争/内戦写真② (2011-02-17 22:18)
 ユーゴスラビア人民軍画像② 内戦以前 (2011-02-12 20:30)
 ユーゴスラビア紛争/内戦写真① (2011-02-05 20:22)
この記事へのコメント
一朝一夕。10・20年でも中々一度染み付いたその国イメージは変わりませんが、とりあえず前向きに国際社会に飛び込んで信頼や実績を築こうとする姿勢は評価すべきですね。

それにしても中国の97式も今やすっかり一般的になりつつありますね。
Posted by やまさん at 2011年03月08日 23:04
>>やまさん

まさにおっしゃる通りだと思います。
過去にセルビア軍の多様な装備などご紹介致しましたが、
輸入物が多いのもそうした成果なのかもしれませんね!

中国に関しては・・・さすが躍進し続けるだけあって
装備も贅沢になって来ましたねwもはや侮ることも出来ませんね
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年03月09日 01:14
>セルビア軍と思われる兵士

http://www.militaryphotos.net/forums/showthread.php?118954-New-croatian-Digital-Uniform&s=c3e435cf896dac6f8badf6c4c721dc51

新型のデジカモ着たクロアチア兵ではないでしょうか。
Posted by 林鳥巣 at 2011年04月08日 00:17
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。