2011年03月28日

戦時同型? 民間型防毒面&防毒面嚢

今回は防毒面と防毒面嚢のセットをご紹介致します。
といっても戦前、戦時中のものではなくかなり戦後のものです。



これが付属品になります。
ガスマスク、有機ガス吸収缶、防毒面嚢です。

一見、ガスマスクを除いて戦時中、戦前の物に見えますが戦後のものです
しかも昭和58年製とかなり新しい品です。

自衛隊用の物企業向けの民間用の物は判別できませんが、
防毒面嚢は戦時中の物とかなり酷似しています。



まずは防毒面嚢の画像を。
 

作りは戦時の軍用、民間の防毒面とかなり酷似しています。
肩掛け紐、胴結び用の紐など戦中の防毒面嚢のスタイルが戦後も長らく生きていたという証拠でしょうか。

 

比較対象として以前紹介した陸軍九九式防毒面嚢の画像を。
こちらは背面です。

形は酷似していますが、やはり細部はかな~り違いますね。
肩掛け紐の位置も、胴固定の紐の位置もかなり異なります。




 

また大きさも両者、微妙に違います
前面の蓋止めは九九式はゴムですが、今回紹介する防毒面嚢はシンプルなただのスナップボタンです。
九九式以前の防毒面嚢にも見られない、明らかに軍用には不向きなボタンかと思います。

 

また中身もかなりシンプルです。内部の仕切りは真ん中だけで、
底には穴が開いています


 

これは防毒面嚢吸収缶をさかさまにして収納し、吸収缶の口を穴から出して
ガスマスクのホースと繋ぐためのものです。

構造からして陸軍九九式とかなり違いますね。

 

こちらがその吸収缶。有機ガス用です。
メーカーは三光科学です。右に58,7という数字があるのがお分かりになると思います。

 

 

最後にガスマスクです。
昭和58年製のわりに、金具は錆錆でバンドは粉々です。
ホースも穴だらけで実用性はもはや無いですね。大分使い古して物かと思います。

さてこの防毒面と防毒面嚢ですが、最初にも言った通り、民間用か自衛隊のものか分かりません。
自衛隊の防毒面にしては形が古すぎる気もします。
しかし色がOD色なのが気になります…

民間用の線が濃厚でしょうかね・・・・?

ちなみにこの防毒面、今でも三光科学にて全く同型の物が販売されています
隔離式A型マスクいう名称です。有機ガス吸収缶も全く同型のままですw

あまり日本軍と関係がありませんでしたが、防毒面嚢の形状といい、
軍用の物に近い形状であることがお分かりになると思います。

実際見比べてみるとおもしろいものですよ~!

以上防毒面、防毒面嚢でした~




タグ :日本軍

同じカテゴリー(・日本軍 実物 装備)の記事画像
日本軍 実物 三十年式銃剣①
実物 日本陸軍 昭和十八年制 将校准士官用冬衣
日本軍 無可動実銃 三八式歩兵銃
実物? 日本陸軍 尉官襟章
日本軍 実物 九〇式鉄帽 大号 (篠原工房さま再塗装&内装)
日本海軍 実物 陶器製手榴弾
同じカテゴリー(・日本軍 実物 装備)の記事
 日本軍 実物 三十年式銃剣① (2017-12-16 12:56)
 実物 日本陸軍 昭和十八年制 将校准士官用冬衣 (2017-11-11 13:18)
 日本軍 無可動実銃 三八式歩兵銃 (2017-07-22 23:40)
 実物? 日本陸軍 尉官襟章 (2017-04-29 13:50)
 日本軍 実物 九〇式鉄帽 大号 (篠原工房さま再塗装&内装) (2017-03-18 19:57)
 日本海軍 実物 陶器製手榴弾 (2017-02-18 21:43)
Posted by アンチョビことチビ at 22:55│Comments(4)・日本軍 実物 装備
この記事へのコメント
もしかしたら戦後、警察予備隊から自衛隊への移行期に警察にも配られ、機動隊等で使用された同品もあったかもしれませんね。 とりあえずこの品は自衛隊で使命を全うしたようですね。
Posted by やまさん at 2011年03月28日 23:21
>>やまさん

こんばんわ!やまさん。
この防毒面の詳細は分かりませんが、
相当使い込まれたのは確かのようです。

持ち主の名前も書かれており、どういう状況で使われたのか気になります。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年03月29日 01:28
はじめまして~

この防毒面は、自衛隊の防護マスク2型の準同型品ですね~防護マスク2型のメーカーもSKKです。

ちなみに、自衛隊ではM20系のバズーカを撃つ時には防護マスクをしなければならない規定が・・ガスというよりも発射時のブラスト避けらしいですけど・・(w

防護マスク2型の方は吸収缶が面体の左側に直結するようになっています・・4型からは直結と隔離の両方が出来る仕様になってます。

このバッグと防毒面は、民生品じゃないでしょうか・・自衛隊の防護マスク1型は米軍のWWⅡと同型ですが、2型からは現行のバッグの形状になっている筈です・・
Posted by フォックスロットデルタフォックスロットデルタ at 2011年03月31日 21:11
>>フォックスロットデルタさん

はじめまして!フォックスロットデルタさん!
バズーカの射手は防毒面をしないといけないとは・・・
この防毒面はやはり民生品の可能性が高いのでしょうか・・
自衛隊の物にしては年式の割に防毒面の防毒面嚢も型が古すぎますしね・・・

フォックスロットデルタさん!
貴重な知識を私如きにご教授して頂き本当にありがとうございます!!
これでまた1つ謎が解けました・・・!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年03月31日 21:52
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。