2011年07月17日

中田製 日本陸軍 フェルト製戦闘帽 椀帽

さて今回は中田製 日本陸軍フェルト製戦闘帽である椀帽をご紹介致します。

一般的に羅紗地の略帽が有名でありますが、今回ご紹介する椀帽は主に日中戦争初期から中期に支給された戦闘帽で
たいへん簡素な物となっております。

 

こちらが中田製 フェルト帽(椀帽)。

一見羅紗地製に見えますが、フェルト製です。
そう!あの柔らかくてスポンジのような?生地のあれです!

特徴的な作りですので実際の写真でも見分けを付けることは容易かと思います。

 




椀帽正面後面

生地の継ぎ目縫い目も殆どないですね。
また後面には調節用の締紐も穴もありません

フェルト帽プレス加工による一体成型なので生産性は良かったことでしょう!

しかしフェルト生地はご存知のように摩擦など外部の力には弱いので戦闘帽としては・・・どうなのでしょうか?
それに経年などによる劣化も相当激しいと思います。
(一度はフェルト帽の実物を拝んでみたいものです)

 

上からの画像。

本当にすっきりしたシルエットと帽子ですね。
私・・・結構好きですw

 

内装。
サイズは60です。



 検定印のアップ。
サイズ表記の数字記載されておりません。

年号昭和十二年製となっております。

 

おまけでこの表記。

日本製の目印です!なんと椀帽国内生産だったのですか・・・中田さん!

 

椀帽のつば部分のアップ。

ここの裁断をみるとやはりフェルトらしさを感じますね。

 

3つの通気孔のアップ。

一般的な略帽は通気孔はミシン縫いや手縫い、ハトメだったりするのですが
この椀帽はただの穴です。穴の周囲は何も縫われていません。

 

先ほど記載しました通り、椀帽の後ろには締紐や穴など調節する類の物は省かれていますので、
何もございません。

なので帽垂を装着するための糸は1つ多い5つになっております。
ですので椀帽には専用の帽垂が必要になるのでしょうね。。。
(改造したら普通の帽垂れでも装着できそうですが)

椀帽を装着した将兵の写真は結構見られますが、
フェルト製のためか酷使で汗などで形がぐちゃぐちゃになってしまった椀帽は正直あまり見栄えがよくないですね・・・w

しかし一定の角度から見ると椀帽が通常の略帽以上に格好良くみえる事があります!!



トップは凹んで、背面がすっきりとしたシルエットの椀帽。
ツルツルしてるような外観が良い感じです・・・・(光悦)


 

スマートな側面の椀帽。
このフォルムはフェルト帽でしか再現できないのかもしれませんね・・・

さて以上で中田製 日本陸軍 フェルト製戦闘帽 椀帽になります。
この椀帽はやはり昭五式軍衣には最適な組み合わせだと思います。

中田製の椀帽は茶の強い緑褐色?ですが
実物製椀帽には色々な色のバリエーションがあったことでしょう。

色んな生地の色のフェルト帽も出して欲しいですねぇ~





同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
海外製 複製 日本陸軍 夏用戦車帽
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 戦闘用試製帽乙型
国内業者さま製 複製 日本陸軍 布製略刀帯
海外製 複製 日本軍 身体用偽装網
海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢
中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐)
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 海外製 複製 日本陸軍 夏用戦車帽 (2017-12-02 17:40)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 戦闘用試製帽乙型 (2017-10-21 14:28)
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 布製略刀帯 (2017-10-14 20:55)
 海外製 複製 日本軍 身体用偽装網 (2017-09-16 21:18)
 海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢 (2017-08-12 17:27)
 中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐) (2017-07-29 12:53)
この記事へのコメント
個人的には?なアイテムでしたがこうして見ると中々カッコいいですね。

確かに略帽の実物は結構残ってますが、椀帽の実物は見ませんね・・・
戦場で消耗しきったのでは?
Posted by ロリスキー・ペドーエフロリスキー・ペドーエフ at 2011年07月17日 14:02
>>ロリスキー・ペドーエフさん

そうですねぇ。耐久性の乏しい椀帽は使い潰されたと見られてもおかしくないかおもしれませんね。

また上で記載しました通り
支給されたのが日中戦争初期から中期という特定の期間のみ生産されたこと、
フェルト製という経年の劣化と外圧に弱く素材製であったことも原因だと思います。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年07月17日 14:34
こんばんは

椀帽の実物は、以前『大日本帝國陸軍軍装雑記帳』というサイトさんで写真が公開されていたのですが、何年か前に閉鎖されてしまったんですよね・・・ 素晴らしい装備品の紹介や、着装写真などが掲載された、素晴らしいサイト様だったのですけどね~

私もこのアイテムは、風変わりなデザインが好きで、店頭で手に取ったこともあるのですが、日米開戦後の軍装主体の私には使い道が無いので購入は見送ってしまいました。

ところで、リンクの御承諾ありがとうございます。 当方こそ若輩者ですが、宜しくお願い致します。


まつざき
Posted by まつざき at 2011年07月17日 21:17
>>まつざきさん

おお!なんて懐かしい・・・!!
確かあのHPの管理さま達は06年頃のアームズマガジンの日本軍特集に大々的に載られていたと記憶しております!
略帽も年別に紹介されていて、軽機班の装備なども大日本帝國陸軍軍装雑記帳さまで学ばせて頂きました!

私も毎日欠かさずHPを拝見させて頂いていたのに本当に残念です。
もう閉鎖されて大分経ちますね・・・

まつざきさんは太平洋戦争(大東亜戦争)期の軍装がお好みですか!
いいですねぇ・・!!
ちなみに私は・・・いつ頃の日本軍が好みなのか・・・
今でも分かりませんw
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年07月17日 22:36
すごいですね!
中田さんは珍しい物好きなのかな?
Posted by ヒロ at 2011年07月19日 23:29
>>ヒロさん

う~ん中田ならでは・・!!といった感じではないでしょうか(笑)

旧軍の基本装備だけでなく中田は警防団衣袴や陸軍船舶兵服など
とても海外ショップでも真似の出来ない商品群です。
まず実物でも見掛けることの無いコアな品々を復元し販売してくれるショップは中田商店ぐらいしかないと思います!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年07月20日 21:40
アンチョビことチビ様。

いつも日記を楽しみにさせてもらっておりますが、先程は娯爆してしまいすいませんでした。m(_ _)m
Posted by 猛犬☆連隊 at 2011年08月09日 13:21
>>猛犬☆連隊さん

ありがとうございます!
さる御仁のブログの方を拝見しておられたのですね!

内容的に全く問題ないのですが、
とりあえず件のコメントの方、削除致しましたのでご安心下さい。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年08月10日 21:10
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。