2011年07月23日

KTW 三十年式銃剣

さてさて今回はまたまた銃剣関連をご紹介致します。

先づ画像をば!!

 

KTW三十年式銃剣です。
もはや日本陸海軍装備には欠かせない装備ですね。
ですが私はサバゲではあまり着剣してのゲームはしたことがありません

理由ですが・・・
①ただでさえ長い三八式歩兵銃に着剣してはシャレにならないほど長い嵩張る
KTW製銃剣は刀身が樹脂製なので折れ易い(刀身も長いので余計に)
③身内や顔見知りなどシャレの通じる相手では問題ないが、初対面、初心者といった方達にはご迷惑を掛ける可能性が高い
④そもそもサバゲなんだから着剣したところで全く意味がない!(旧軍装備をする上では大変意味があるんですがw)

とまぁこんな感じです。
でも銃剣は日本軍装備で必須品なんだよね!!!w

持ってるなら小銃に着剣してみたくなるのが性ってもんですよね~!!w

 

KTW製三十年式銃剣
を両側から撮った画像。

全長515mm。重量250g。
刀身はアルミ粉入り樹脂製。他の部分は金属製です。
とはいえ少々軽過ぎるような気もします。


 

刀身には刻印も何もございません。



 

銃剣部分。

妙に赤っぽい木だと思いきや、同社の三八式銃床と同じ胡桃製です。
オイル仕上げとのことですが、価格が高くなる要素なので少々ケチってもいいような気もします・・・・w(サーセン!)

また木留め用のネジマイナスネジです。
この部分は分解し易さを考慮してか、ネジが大型で実物と比べてもちょっと目立ってしまいますね。

 

こちらは刀身
刀身は黒く塗られているので実物でいう黒染刀身になりますね。

素材はアルミ粉入れ樹脂
とのことでしたが、やはり長さも相成って折れ易そうですね・・・
あと画像の銃剣の刀身は色が剥げてしまいます。
KTWさまのHPではそのような場合、ソフト99つや消し黒スプレーを塗れば良いとのことです。

 

柄の着剣装置金具の裏側。

何故かここから刀身基部露出しています。
さすがにこれは実物には無い造りだと思うのですが・・・何故でしょう?
やはり分解のし易さを優先されての結果でしょうか?

 

柄の着剣装置のを覗いた画像。

やはりここにも刻印等皆無です。
まぁコストが掛かる要因でしかないのですが・・・

それでは今度は私の所持している実物?の銃剣比較してみたいと思います。

 

 

が実物?なのかよく分からない銃剣
KTW製の三〇年式銃剣

実物の銃剣では造兵廠年代によって各部異なってくるのですが、
この2つを比較してみても、やはり両者異なってますね。

ちなみにKTWさまは初期~中期頃のものをモデルにされているそうです。

ざっと見るだけでも

柄の長さ
龍尾と呼ばれる丸みを帯びた部分)の形状
刀身の位置
木留めのネジの形状

この4つが違いますね。
まぁ他にもKTW製銃剣の場合、少々デフォルメされているのかもしれません。

上記の相違点4つの殆どはいずれも実物に当てはまるようです
例えば刀身の位置を見ますとKTW製上過ぎてアンバランスのように見えます。
しかし実物においても柄に対して刀身が上の位置にあるモデルはございます。
(とはいえKTW製は結構な位置で上過ぎだと思うのですが・・・・w)

 

KTW製
実物?の銃剣

両者問題のを並べてみました。

やはり結構違いますね。
実物?の銃剣複製疑惑がありますので(もしかする教練用の可能性も)
一概にKTW製は実物と違う!などおかしい!!などとは言えませんねw

さてさて今度は・・・・

 

以前に紹介した複製三十年式銃剣鞘KTW製銃剣を挿してみました。

少々心配でしたが・・・鞘内部に異物が無い限り問題無く収納可能です

これで気兼ねなく使用できる複製品の銃剣セットが揃いましたね・・・w
とはいえこのセットで2万は費用が掛かってますので・・・

 

銃剣複製鞘のアップ。

ちょっと刀身の位置がアレですねぇ・・・・
ここまでズレていると少々不格好なのかもしれませんね。

あと余談ですがKTW製三十年式銃剣最新ロッド刀身基部真鍮板が新たに埋め込まれているので
鞘に収納した状態に少々の負荷を掛けても(あくまで少々ね!!)折れそうにないですね。

ただ・・・この長い刀身長い鞘は相変わらず心配ですが・・・・
何せ以前に鞘を駄目にしているトラウマがあるので・・・・

ゲームでの着用には十分気を付けなくては。

 

さて今度は三八式歩兵銃着剣した状態の画像です。

いや~長い。長いです。
撮るのも一苦労です。

着剣した状態で全長167㎝ぐらいの長さになります。

 

三八式歩兵銃着剣基部のアップ。

銃剣タナカ製三八式の色が合っていませんが、まぁ当然ですねw


 

う~ん・・・
良い・・・・・w

 

さてこちらが今回紹介したKTW製銃剣複製鞘剣差し剣覆を装着した状態。

これで気兼ねなく使用できる完全ゲーム向けの装備が完成です。
(とはいえ最初に記載した通りゲームで使うのは、また別の話ですが・・・)

以上、KTW 三十年式銃剣でした~





同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
海外製 複製 日本陸軍 夏用戦車帽
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 戦闘用試製帽乙型
国内業者さま製 複製 日本陸軍 布製略刀帯
海外製 複製 日本軍 身体用偽装網
海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢
中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐)
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 海外製 複製 日本陸軍 夏用戦車帽 (2017-12-02 17:40)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 戦闘用試製帽乙型 (2017-10-21 14:28)
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 布製略刀帯 (2017-10-14 20:55)
 海外製 複製 日本軍 身体用偽装網 (2017-09-16 21:18)
 海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢 (2017-08-12 17:27)
 中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐) (2017-07-29 12:53)
この記事へのコメント
良いですよね三十年式銃剣は三八式に着剣すると惚れ惚れするほど格好良い、だけどこれが九九式銃剣だと同じ三八式に着剣しても何か格好悪く感じます、 でも凄く世代を感じますよ私のは六研やミコの三八式ですから40年位前だからね三十年式銃剣も真鍮メッキ剣芯のフルサイズの複製も在ったし時々オリジナルのデットストックのも売ってたし 鞘だけも在ったからね 
Posted by UAZ469B at 2011年07月23日 11:19
>>UAZ469Bさん

はじめまして!UAZ469Bさん!
六研やミコですか・・・!
六研が三八式を製作されていたとは初めて知りました。
昔は規制も緩くメーカー側も気兼ねなくふんだんに金属を
多用して製作出来たのが大きいでしょうね・・・

私は三八式といえば、タナカぎりぎり中田製ぐらいしか
分かりませんのが、昔は本当にこの業界も本当に盛んだったんだなぁ!
と感じます。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年07月23日 11:38
けっこう盛んでしたモデルガンだったけどね 当時は旧軍装備の方も中田に物が無い時は上野の松崎商店か浅草に行けば揃えられたし、 仲間連中と公園とかでフル装備でモデルガンでサバゲー見たいな事も出来たから 時には年配のオジサンがそれサンパチ懐かしいなちょっと貸して何て言って貸してあげると射撃姿勢を色々見せてくれて年期が違うから様になってるだろうとか言ってゲームそっちのけで話した事もありましたよ。 
Posted by UAZ469B at 2011年07月23日 12:46
>>UAZ469Bさん

ほぅ・・・!
肩身が狭く忌み嫌われているご時世の今では考えられない事ですね・・・
惜しいというか残念ですね・・・!
本当に良い時代だったんですねぇ。改めてそう思います。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年07月23日 13:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。