2011年08月03日

複製 南部十四年式用拳銃嚢 ホルスター

今回は南部十四年式用の拳銃嚢(ホルスター)をご紹介致します。

まず画像を

 

こちらが複製 南部十四年式用拳銃嚢です。

下士官だけでなく軽機班も含めて拳銃は官給品ですので支給&装備されるのは
殆ど二十六式拳銃南部十四年式拳銃のこの二択しかないと思われます。

 

 

やたら拳銃嚢の蓋がでかい旧軍拳銃嚢の特徴的なデザインですね。
負い革を付属致します。

 

蓋を開けると拳銃弾薬入れクリーニング用具(又は予備撃針?)入れ2つがあります。

勿論拳銃弾入れは予備弾倉(マガジン)とかを入れる物ではありません

クリーニング用具入れ(又は予備撃針入れ?)のそれぞれ有無のタイプもあるようですね。

 

蓋を開けたアップ。

手縫いで縫われています。

 

蓋留め金具のアップ。

よくみたら特徴的な形状の金具ですね。
実物もここの形状は年代によって変わってくるのでしょうか。

ちなみに蓋の開け閉めは至って簡単で、下に引っ張って上げるだけです。
意外と迅速に開け閉めが可能です。

 

拳銃嚢を下から見た画像。

細かい縫い方が見て取れますね。

蓋留め金具のある革糸による縫い付けですが、実物にはリベット留めの物もあるようです。



 

蓋を開けた内部。

 
拳銃嚢の裏面。

がかなり大型で重量がありますので使用に伴って蓋と拳銃嚢を繋いでいる革への負担が大きくなると思います。
つまりこの部分が痛み易く脆いと考えられると思います。

 

拳銃嚢の負い革

分厚く結構幅広でそう簡単には痛まないと思います。
勿論サイズ調整できます。

 

拳銃嚢の負い革接続用金具

金具の形状は□(四角)です。

 

南部十四年式のトイガンも・・・・

 

このようなすっぽり収納出来、拳銃全体を収納します
拳銃を完全保護してます。

さて最後に最近国内オクでも南部用拳銃嚢(ホルスター)はいくつもの種類も販売されていますね。
もしかしたら細部は異なっていたりと、参考にしている実物が違うカモしれません。
何個か購入して見比べてみるのも面白いと思いますよ~


以上、かなり簡単な紹介でありましたが複製 南部十四年式用拳銃嚢 ホルスターでした~





同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
海外製 複製 日本陸軍 夏用戦車帽
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 戦闘用試製帽乙型
国内業者さま製 複製 日本陸軍 布製略刀帯
海外製 複製 日本軍 身体用偽装網
海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢
中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐)
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 海外製 複製 日本陸軍 夏用戦車帽 (2017-12-02 17:40)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 戦闘用試製帽乙型 (2017-10-21 14:28)
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 布製略刀帯 (2017-10-14 20:55)
 海外製 複製 日本軍 身体用偽装網 (2017-09-16 21:18)
 海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢 (2017-08-12 17:27)
 中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐) (2017-07-29 12:53)
この記事へのコメント
こんばんは 私の持っているのわ金具は同じ何ですけど蓋留めがゴム式になっているんですよ筒状の布の中に3本のゴムが縫い付けて有ってそれを蓋に縫い付けて有るんですよ ゴムの先に革のベロに金具が付いていて引っ張って掛ける様になってますよ 古いけどゴムはまだ生きてます
Posted by UAZ469B at 2011年08月03日 21:10
先々月の月刊ガンの情報になりますが、当時(昭和初期)26年式ホルスターは3円。今回の14年式は6円。目安として当時の物価は現在の約1600から1800分の1だそうですからこの14年式の場合は大体8000円から10000円で、予備弾入れ。装着用のベルト一式等と共に銃砲店で販売されてたそうです。
Posted by やまさん at 2011年08月03日 21:43
>>UAZ469Bさん

こんばんわUAZ469Bさん!
蓋留めがゴム式!?
ということは実物を所有なされておられるのですか・・!
そのような型もあるとは存じませんでした・・・!
とても貴重な品ですね!

>>やまさん

わざわざ雑誌からの情報ありがとうございます。
セットでとてもお得ですね!
私も当時の人間なら1丁ぐらい購入していたかもしれませんw
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年08月04日 19:21
こんばんは 値段は現在に換算するとそれぐらいだけど 軍関係や外地(大陸)に行く人は手帳や旅券を見せれば簡単に買えたらしいけど、国内での所持はけっこう大変だったらしいですよ提出書類とか規制が、祖父に聞いたんだけど 
許可無しで持てる演習用模擬銃と言うのが有って空砲しか使え無いけど軽機関銃から拳銃色々有って操作や発砲の衝撃を訓練するらしいですよ 96式軽機模擬銃、11式軽機模擬銃、38式模擬銃、南部式模擬銃とか、機関部はそのままで銃身だけ空砲用になっていて実銃より安かったらしいですよ。 
Posted by UAZ469B at 2011年08月04日 21:14
>>UAZ469Bさん

こんばんわ!UAZ469Bさん!!
またまた貴重な情報を教えて頂き、ありがとうございます!

やはり当時も現代よりは緩いとはいえ所持に関しては
厳格な審査なりあったということでしょうか。
よく考えてみれば当然かもしれませんね・・・

模擬銃のというのは一種の教練銃のようなものでしょうか?
着剣は勿論のこと操作も実銃同様と聞いたことがあります。

確か数年前のニュースで三八式が捨てられただか、
不法所持で逮捕だかのニュースがあって
実弾発射不可の教練銃にも関わらず実銃と報道されたのを覚えております
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年08月06日 19:39
三本のゴムで留めている…というところが気になったのですが、双眼鏡と一緒で、三本のスプリングを皮で包んだものだと思うのですが…
Posted by 弓張嶺 at 2011年08月28日 10:28
>>弓張嶺さん

私は実物所持しておりませんので何とも言えませんが…
末期の物ならゴムの物で代用していたとか・・・?
戦後手を加えられたものかもしれませんが

私も少々気になります
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年08月31日 18:52
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。