2011年09月25日

海外製 複製 陸軍 九四式(昭五式)兵用水筒 

今回も海外製複製品をご紹介致します。

今回ご紹介するのは兵用装備の基本装備である・・・

 

九四式(昭五式)水筒です。

まずパッと見ただけでこの水筒???なのがすぐにお分かりになると思いますw
そうです。水筒本体です。
オレンジというか朱色でかなり特徴的で浮いているのが分かりますw

では実物はどうだったのでしょう・・・!?
もしかしたら制式採用された昭和5年(1930年の当初はこのような色だったのかもしれません・・・!
もしくは経年のせいで画像の色だった物が茶色に変色したのかもしれません!

まぁいずれも考えにくいことだと思います。が

まぁ欲しかったのはハーネスだけだったんで良いんですけどね・・・・w

とりあえず詳細を見ていきたいと思います。




水筒の裏側。

実物と比べてハーネス生地の幅も厚さもかなり違うと感じます。



水筒
部分のアップ。



ちなみに木製です。



水筒の内部を覗いた画像。

何故か水筒内部の口の付近突起というか隆起した部分が・・・・?
あと内部に文字のような汚れのようなものが・・・??

水など入れて水筒として使う気にはなれませんね。



水筒本体ハーネスを外した状態。



水筒本体。

とても軍用というか日本軍の水筒には見えませんね・・・w

ちなみに実物水筒底面製造年などの刻印が打たれているのですが
この複製品は勿論そこまで再現されておりません。



そして裏側。

おや・・・?
裏側に変な模様が・・・・??

ガメラでしょうか・・・・・???



なんと本体裏側には網状の模様というかが残っています。

これは恐らく・・・

金網に水筒本体設置
     ↓
Let’s 塗装
     ↓
乾燥後も網状の痕がめでたく残る

という素晴らしいクオリティによる物と考えられます。
それとも焼き入れの時に金網の上にでも置いたのでしょうか?

ともかくこのような痕が残っている(あるのは)信じがたいですね・・・w

他にも・・・



過度な塗装による塗装液の垂れもあります。

ああ・・・なんというやっつけ・・・・w

こんなんでハーネスの出来を期待するのは無理なのでしょうか・・・・

ということで次はハーネスをご紹介したいと思います。



まずは検定印

意外ですが検定印も再現されています
昭和18年製とのことです。
プリントの文字色や詳しい位置などはともかく、評価できますね!



負荷部分の調節金具のアップ。



金具類赤色になっています。

新品でも塗装剥げはいつものご愛敬。
金具部分の出来は意外と忠実ではないでしょうか。



栓留め金具のアップ。

ちなみに栓留めはちょっと・・・チープな出来かな・・・?
革質は良いとして切り方が雑かと。

国内精巧業者さんの物に換装しようかな・・・




さて続いては・・・・


 


実物と比較してみたいと思います。

とはいえ栓の形状からハーネスの調節部の形式とタイプが異なるのですが
一応比較したいと思います。          


一応実物革帯留めの昭五式兵用水筒も持っているのですが、何処へ行ったか・・・分かりませんw
実物と複製は分けて押し入れに収納するのですが・・・探すのが面倒&片付けるの面倒なんです(サーセン)

確か友人に譲った奴もあったはずだけど・・・まぁそんな話はともかく比較をば




 
水筒本体の比較。

昭和16年製 複製品

見比べてみると微妙に右の複製品大きくみえる・・・?かも
底部の大きさも違うように見えてきます。

といっても実物の方は使用に伴って各部凹んだりしてますし
大して大きさに差はないのかもしれません。

**追記**

水筒は製作年や製造業によって様々なバリエーション(個体)がありますので全て同じというわけでありません。




続いてハーネスの比較。

縫い目大きさからまで大きく違いますね。
(とはいえはハーネス構造の仕様両者異なるので比較になるかどうか)

 

続いてはハーネス裏面


もう何処が違うかお分かりになると思います。


 


まずここです。

ハーネスの下部の覆いがまるで違うことと、
実物はこの部分が二重になっており縫い付けられているのに対し
複製品1枚の生地のみです。

これは大きいですね。。。。


ちなみに当方が所持していた今回の複製品同仕様(革帯留めで金具仕様)の実物
と同じ二重で縫い付けられている物でした。(押し入れ内を探していつかアップしたいと思っています)


実物にも左の複製品と同様の1枚生地のみの物があるかもしれません、
しかし私は実物では見たことがないです。(私のいつもの勉強&リサーチ不足の可能性もありますw)

複製品の場合、単に簡略化された可能性がありますね。
使用する生地も適当なような気がします。

あと負荷ハーネス本体実物と比較して比べ物にならないぐらい複製品生地が薄いです。

ああ・・・何処が精巧なハーネスを販売してくれないものだろうか・・・価格が高くなってもいいから・・・

中田製でも十分だから複製品が欲しい・・・


あと最近販売されている他の海外製兵用水筒もハーネスは大して変わらない出来かと思います。


ということで・・・



 

この複製兵用水筒を少しでも見栄え良くしようとしてみます。


まずこの気持ちの悪い(失礼)色水筒本体を排除し
手元にある余分の実物水筒本体に換装します。

ちなみにこの実物水筒も偶然、昭和18年製です。
ハーネスの検定印と合致します。


 
続いてハーネスの問題点の下部ハーネスと同素材の生地を縫い付け
実物同様の二重にします。

しかしこの縫い付けとなるとハーネス本体分解することになるので
今回は仮縫いのみにしておきます。(ミシンが壊れたままなのでw)

ですがこれで水筒本体の抑え(固定)は確実になると思います。

 

あと名札を作って貼り付けます。

名札の貼り付けは実際によく見られます。



 こんな感じになりました。

やはり水筒本体を変えたのが大きいですね。
見た目が大分マシになりました。


 

実物との比較。

まぁ・・・これはこれでいいかな?w(妥協)

ウール生地や厚手の生地を縫えるミシン買わなくては・・・
あと革帯留めタイプの実物水筒も探さなくては…


ああ~面倒というか何というか・・・!w

しかしこの複製水筒、ゲームで使うことあるんだろうか・・・

あと追記というか余談ですが・・・
この複製兵用水筒

最新ロットでは色(オレンジ色)改善されてるそうです・・・・

  。 。
 / / ポーン!
( Д )

もうね。。。とんだピエロかと・・・w
まぁ中華製だから仕方ないね!



ということで複製 陸軍 九四式(昭五式)兵用水筒 でした~





同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢
中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐)
中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴
海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴
中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋
海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢 (2017-08-12 17:27)
 中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐) (2017-07-29 12:53)
 中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴 (2017-06-17 11:37)
 海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴 (2017-05-27 19:42)
 中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋 (2017-05-20 19:24)
 海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢 (2017-05-05 11:16)
この記事へのコメント
うちにある「九三」の刻印が入った水筒はオレンジに近い色でしたよ。初期の品なので木栓じゃないですが…色は焚き火で煤をつけるか、スプレー塗装して茶色に変えれば問題ないのでは?
実物使うなんて勿体無いですよ〜。

この水筒、生産時期や業者によって個体差がすごいんです。昭和13年と18年だと形が全然違いますよ!
Posted by 弓張嶺 at 2011年09月25日 10:42
>>弓張嶺さん

ということはこの色は考証的に十分あり得る・・・ということなのでしょうか。
しかしあまりに特徴的で派手で浮いた色ですので
このまま使うのはちょっと・・・という気がしますw

しかもこの複製業者は水筒の色を変えたらしく
尚更この色はおかしいという気に陥ります。

まぁ実物本体を使用するのは勿体ないのですが
水筒本体の色を手直ししたところでハーネスも出来は
どうにもなりませんので・・・

ちなみに私はこの複製品型の実物ハーネスも拝見したことがありません。

とりあえずは・・・
水筒本体の色を変えてみたいと思います!w
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年09月25日 11:04
オレンジのやつ色は「こういうやつもあった」的なものですからねぇ(笑)

複製吊り紐の形式は実物ではあり得ませんね〜
Posted by 弓張嶺 at 2011年09月25日 11:13
>>弓張嶺さん

いやぁ・・あるとないとではまるで大違いですよ・・・!
オレンジ色の品は是非後学のためにも拝見したいものであります!

複製品の出来については・・・中華製ですので・・・・(苦笑)
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年09月25日 11:28
私は複製品を使っていますが、蓋が未塗装なので多分初期ロット品でしょうか?

水筒の色はよくある実物の色より明るい感じですが赤くはないですね〜

塗装の方は綺麗に仕上がってましたが個体差というヤツでしょうか

ハーネスは同じ造りですが検定印はありません

仕上げ直したらいい感じになるかもしれませんね
Posted by YAS at 2011年09月25日 12:10
>>YASさん

ほほぅ・・・YASさんご所有の物はPKさんも物でしょうか?
私のは一見同じような物を直に海外(中華)より購入しましたが
出来具合はご覧の有様です。。。w

国内で売られている物とは仕上げに大きさ差があるやもしれませんね。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年09月25日 12:22
>>アンチョビことチビさん
私はPKさんとは別の国内ルートで手に入れたものなのですが、PKさんが以前扱っていたものと同じものかと思います

まさかこの複製品のコピー品とか……?w

下士官刀同様唯一の複製品なのでありがたいのはいいですが、その仕上げはさすがに……水は勇気がいりますね
('A`)
Posted by YAS at 2011年09月25日 12:35
>>YASさん

なるほど複製品の複製ですか!?w
中田のコピー品とかあるぐらいですしねw
十分あり得そうな話であります!

水筒の水入れは私はしたことがありません・・・
ゲーム等で着用する時は必ず空です。
水漏れしたりするのも嫌ですしね・・・w
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年09月25日 18:11
祖国を日本帝国から解放する我ら国民党軍用に買ったレプ水筒は色が改善されていました。これはまさに解放への第一歩です。
ZASHを解放する日も近い?
Posted by 劉燕斌 at 2011年09月26日 10:36
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。