2011年10月05日

海外製 複製 擲弾入れ(擲弾嚢) 日本軍・・・?

さてさて今回はとても怪しい一品をご紹介致します。

まずはいつも通り画像から。






これは海外製複製日本軍 擲弾嚢(擲弾入れ)です。

正しくは日本軍の擲弾入れ触れ込み怪しい複製品といった方が良いのかもしれません・・・

そして今だこの品の詳細は謎だらけであるということは、前もってご理解下さい・・・

以前、中田製複製擲弾嚢をご紹介致しましたが、
過度なゲームでの使用を配慮して予備の擲弾嚢が欲しくなり探しておりました。

といっても肝心の中田製毎度在庫切れですので
色々探してみた結果、当商品に行き着きました。

細部はかなり怪しい作りですが改造ベースには良いかな・・・・?という甘い認識の下、
購入してしまいました。

まず品が届いて落胆したのは、その生地です!
何だこの色は・・・じゃないか・・・
以前国内某オクでこの商品を見掛けたので
ああ・・・やっぱりと思っていましたがやっぱりでした。


もう怪しさ全開のこの品。果たして・・・・!


ということで細部の画像を・・・



この怪しい複製品にまず目が行く部分は蓋留め部分です。
 
一般的に有名な擲弾嚢中田製同じくスナップボタン留めですが、
こちらは金具の突起を革の穴へねじ込む固定方法です。

正直あまり見たことのない方法です。


 

この突起革の穴へ挿入するだけ。

シンプルというかなんというか・・・




 こちらは件の擲弾嚢の正面画像です。

蓋留め3段階調節が可能です。

しかし・・・・


 

最も短いポジションで固定すると蓋がまともに閉めれなくなるというお茶目な仕様。



擲弾嚢裏側

ベルトループ部分ナイロン?綿製?です。
ではありません。

まぁ装備すれば隠れる部分なので問題ないのですが、そもそもこの擲弾嚢全体の作りがアレなので
どうでもいいんですがね・・・・w

以前紹介した中田製擲弾嚢は両側右用左用非対称の作りでしたが
こちらは両側同じ作りです。



 

 今度は擲弾嚢負荷(ストラップ)部分。


こちらは左右非対称の作りです。
何故でしょう・・・?



個性的な金具。

中田製の物とは全く異なる個性的な作り 。

実はアルミ製で軽いんです。
日本軍の物とはとても思えません。



負荷全体の画像。

中田製(実物も)と違い、左右の擲弾嚢を繋いでいるだけの1本の負荷です。
首に掛けるだけの物です。

もう・・・何なんでしょうかこれ・・・


 

ナイロンっぽいモダンな作りの負荷

これ絶対日本軍の物じゃないよね。マジで。


 

次は中田製擲弾嚢と比較してみましょう。

雰囲気は意外と?似ていますが
並べてみると別物です。

蓋の形状と大きさもまるで異なります。


 

下方からみた画像。

の怪しい複製品擲弾嚢背面部分が何故か出っ張っているように見えますね・・・・?

作りがしっかりしているという前に何処がで見たことのある作りですね。


 

問題の背面のアップ。

思い出しました。
この作りは中共五六式をはじめとした胸掛けチェストリグと殆ど似た作りですね。

その製作法を元にしてこの擲弾嚢を作っているのでしょう。

見れば見るほど中華人民軍の物にしか見えません。



 

蓋を広げた状態。


 

蓋の端部分。

擲弾嚢両端の隙間左の怪しい複製品の方が丁寧というか優れていますね。
内容物が密閉され汚れることもありません。

まぁここだけでしょう。

裏面の比較。


中田製左右非対称の作り。

複製革を使わず綿素材を使っている実用性の高い?作り。




 
中田製はこのように負荷は肩を通って背(後ろ)の革帯へ通して×に装備します。

重量配分も考慮された作りですね。


 

中田製負荷も取り外しができます。

画像の負荷2つ左右2つの擲弾嚢を吊ります。

金具はシンプルですが、負荷は2つとも調節でき、生地を何枚も使われ縫われている丁寧な物。

どっかの擲弾嚢とは大違いですね・・・

さて簡単でありますが、海外製擲弾嚢の紹介は以上になります。

ちなみにこの怪しい擲弾嚢を販売している業者は以前ご紹介したピン打ち固定(リベット打ち)式の兵用革帯
どうみても中国軍のバンダリア日本軍用として売っていたり、訳のわからない形式の雑嚢兵用雑嚢として売っていたりと
凄いクオリティです。

今回ご紹介した擲弾嚢もそうした商品群の中の1つでしょう。


しかし・・・・今更ですが
この擲弾嚢・・・日本軍のものなのでしょうか・・・・?(笑)

もしかしたら戦後、中国軍が擲弾筒用に使用したポーチを再現したとか・・・?
もしくは末期日本軍の産物である可能性も微粒子レベルで・・・?
というか本当に擲弾用のポーチなのでしょうか・・・・w

正直謎だらけではありますが、あまり気にもならない代物ですw

買ったはいいですが、使い道はまず無いです!
違う軍装に転用出来ないかなぁ・・・





同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴
海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴
中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋
海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢
国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒
個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽)
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴 (2017-06-17 11:37)
 海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴 (2017-05-27 19:42)
 中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋 (2017-05-20 19:24)
 海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢 (2017-05-05 11:16)
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒 (2017-04-22 19:23)
 個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽) (2017-04-08 20:59)
この記事へのコメント
私も見つけましたが、今となっては貴重な中田製の後継……にはなりませんよねえ、さすがにコレは

例のバンダリアですが、三八式歩兵銃を持つ内蒙軍兵の写真に類似したものが写っていたのでそれ絡みでしょうか……?

雑嚢についてはサッパリです
Posted by YAS at 2011年10月05日 23:03
ベトナム戦争で北ベトナム軍がRGD-33手榴弾なんか入れるのに使ってた雑嚢によく似てますね・・・。
太平洋戦争の日本軍よりもベトナム戦争装備と言ったほうがしっくり来るとおもいます。
Posted by 重総 at 2011年10月05日 23:19
こんにちは^^

この謎擲弾嚢のストラップフックは、西ドイツ軍のYサスの物ですね!
元は、アルミ地なのを塗装してあるのでしょうか?

余談ですが、自分もこの擲弾嚢の自作を考えています。
生地は、緑ではなく、カーキの帆布でww
ただ、ストラップの金具や細部の形状がわからないので
なかなか作れていませんが^^
(擲弾嚢のみなら、まず作れそうです!)

受験が終われば製作してみようかなと思い次第です♪
(あくまで予定ですがw)
Posted by Friedrich at 2011年10月06日 16:10
>>YASさん

安かったからいいものを・・・
買ったはいいが処分にも困りますw

パンダリアについては中華の妄想というか
御都合主義というか・・・w

>>重総さん

もう色からして共産臭というか
中国軍っぽいんですよね・・・w

実際実在しないポーチかもしれませんので
安易には使えません・・・w

>>Friedrichさん
なんとw西独の物改造の可能性が・・・?
流用なのでしょうか。しかしこの部分だけ
妙に細かい作りだなぁ・・・と思っていましたが・・・w
その程度の品だったのですね・・・w

おお!製作を検討中ですか!?
良いですねぇ・・・!
是非拝見して私も購入させて頂きたいものです!

詳細の部分分からないようでしたら拡大写真など提供致しますよ~!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2011年10月06日 20:32
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。