2011年11月23日

PKミリタリア製 日本陸軍 複製 昭五式夏軍衣


さてさて今回は何処のメーカー製なのか不詳の物を御紹介します。

もしどなたかご存知でしたら御一報頂けましたら幸いです・・・

(**訂正**)つい先日さる御仁より御教授頂き、
この昭五式PKミリタリア製と判明致しました!

10年ぐらい前の製品で、純国産仕様の手織りによる製作とのことです!
質感が素晴らしいのがうなづけます・・・!

この場を借りて御礼を申し上げます!ありがとうございました!

まずは画像を・・・

 

こちらになります。
一見して日本陸軍昭五式夏軍衣もしくは四五式とお分かりになると思います。

これは勿論複製品になります。そして昭五式夏軍衣です。


 

 

正面と後面の画像。

背面生地の繋ぎ目があるのがお分かりになると思います。
これで昭五式と判別できますね。


ちなみに当商品は怪しいコピーのコピーの海外製(主に中華製)では無いですのであしからず!

剣吊りも存在しますし、裁断も縫い目もしっかりしています
そして何より年季が入っているようで、結構古い複製品のようです。


 

生地の色茶色が強く中田製の昭5式と比較すると大分生地の色が異なりますね
経年のせいか分かりませんが…・

ちなみに画像の一等兵用の肩章中田製のようにも見えますが…・
微妙に仕様が異なっていたりと確信が持てません。


 

それでは検定印を見てみましょう。

おや・・・・?画像が反転している???

いいえ。実は一部検定印反転して打たれているのです。

これは実物と区別を付けるためのようにも見えます。
他には昭五式複製を示す印があります。

ここまで丁寧というか分かりやすい刻印は中田国内業者ぐらいしか思い浮かびません。

 

反転された検定印のアップ。

中田製と同じ昭和11年製のようです。
しかしサイズ表記1号となってますが・・・

う~ん・・・古い中田製が濃厚でしょうか・・・

(**訂正**)
PKミリタリア製です!!

 

ちゃんと検定印の下には内ポケットあります
そして勿論反対側にはポケットありません

結構出来は良いですね・・・・!


それではここは中田製昭五式と比較してみましょう・・・・!



が今回紹介するPKミリタリア製昭五式
中田製昭五式


パッと見ではまるで違いが分かりませんね。
それでは細かい箇所を比較していきたいと思います。


 

まずは上から。
襟部を比較してみましょう。

が今回紹介するPKミリタリア製昭五式
中田製昭五式

下の中田製はしょっちゅうゲームに使用していますのでシワクチャですが・・・

違いが分かりますでしょうか?


 

さらに襟部のアップ。

そうです!襟の高さ全く違うのです。

PKミリタリア製昭五式襟が高くなっており
中田製低いのです。

確か昭五式の時代になると詰襟でも通気性や窮屈さの緩和の意味も込めて
襟は低くなるはずのですが・・・・

まぁ襟が高い方御洒落なので良いとしましょう!(適当)



続いては襟のホックの比較。

が今回紹介するPKミリタリア製昭五式
中田製昭五式

襟の大きさがまるで違うのが再確認出来ますね・・・

右の中田製ホック斜め向いているのは何度も使用したからかも・・・??


 

反対側のホック。

が今回紹介するPKミリタリア製昭五式
中田製昭五式

一見して同じのように見えますが・・・

左の中田製ホック金具固定が甘くなって来て、襟生地に埋もれてしまいます・・・
しかし右のPKミリタリア製昭五式ホック金具は実は角度があり、しっかり固定されています。




肩部の比較。

が今回紹介するPKミリタリア製昭五式
中田製昭五式

あまり両者とも変わりの無いように見えますが…
不詳の昭五式には肩章を付けた痕がそのまま残っています。
結構経年した物であると推測されます。



 

続いては胸ポケットの比較。

が今回紹介するPKミリタリア製昭五式
中田製昭五式

ここでも生地の色の違いがはっきり分かりますね。

胸ポケットですが蓋の形状もさることながら縫い目の位置など両者違います。




こちらはPKミリタリア製昭五式夏衣ポケットの画像。

ポケットの縫い付け
2点縫いになっています。
ポケットの蓋縫い付け2つもありますね・・・

う~ん・・・実物の昭五式ってこうだったけ??w

 

中田製
昭五式のポケット

ちなみに実物の昭五式下の中田製のようにポケットの蓋の上縫い付け1点のみのようです。

ここでも差が出ましたね。



 

さて続いてはボタンの比較。

こちらは軍衣開閉ボタンになります。

が今回紹介するPKミリタリア製昭五式
中田製昭五式

ボタンは両者とも金メッキ調?ボタンです。

画像をご覧になって分かるように不詳の昭五式の方がボタンは少しだけ小さいです



ボタンの裏。

両者とも同じように見えますが中田製の方が重いです


 

つづいては剣吊りの比較。

が今回紹介するPKミリタリア製昭五式
中田製昭五式

大体の作りは同じですが・・・



やはりの長さがまるで異なります

今回紹介するPKミリタリア製昭五式の方が断然長く出来ております

しかしながら中田製の方が広いです。



今回紹介するPKミリタリア製昭五式の剣吊り。

大分細長いといった印象です。

 

中田製昭五式の剣吊り。

見慣れたバランスの良い剣吊りといった印象です。


 

続いては両脇下にある切り込み部分の比較。

が今回紹介するPKミリタリア製昭五式
中田製昭五式

生地や縫糸など状態は違えど基本的にはあまり差異はないようです。




続いては内装部分。

が今回紹介するPKミリタリア製昭五式
中田製昭五式

基本的な作りはなんら変わりませんが。。。





背面の真ん中生地の縫い付け異なります

が今回紹介するPKミリタリア製昭五式
中田製昭五式


  

内装の袖口前の当て布?部分も若干形が異なりますが殆ど作りは変わりません。

両者ともよく研究と再現されていると思います。



最後のの比較。

中田製昭五式
が今回紹介するPKミリタリア製昭五式

この部分は胸ポケットに続いて違いのある部分であります。


 

袖先のアップ。

中田製昭五式
が今回紹介するPKミリタリア製昭五式

実は両者とも同じ右腕の袖先の部分なのです。

袖の接合部の縫い方PKミリタリア製の複製、中田製ともに違うのがお分かりになるでしょうか?
不詳の複製品は物足りないですね・・・

目立つと言えば目立つ部分やもしれませんが・・・
目立たないと言えば目立たないかも・・・・


 

袖の背面側。

背面側の袖の接合縫い目位置は少々異なります。

が今回紹介するPKミリタリア製昭五式
中田製昭五式

ここも下手すると際立つ部分ですので・・・難しいところです・・・


ここでこの詳細不明?の複製 昭五式夏軍衣についてですが・・・

まず気になるのは・・・


何処製か!?中田製か否か!?
そしていつ頃の製品なのか!?

これが何より気になります・・・


そしてさらに・・・


胸ポケットと袖の作りは果たして
実物に忠実なのか否か!?

という点も気になりますね。

個人的には生地も裁断も縫い目も丁寧で雰囲気があり気に入ってるのですが…

以上でPKミリタリア製 日本陸軍 複製 昭五式夏軍衣になります。
それでは~






同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革
中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ②
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 九六式防寒帽 鼻覆い付 (新型短毛仕様)
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和七年制定雑嚢
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革 (2017-03-11 18:58)
 中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ② (2017-02-11 17:03)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴 (2017-01-21 21:24)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢 (2017-01-03 00:35)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 九六式防寒帽 鼻覆い付 (新型短毛仕様) (2016-12-30 19:24)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和七年制定雑嚢 (2016-12-21 23:26)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。