2011年12月28日

個人業者S様製 精密複製 兵下士官用 昭五式冬軍衣袴

さてさて今回は久しぶりに冬物被服をご紹介いたします。

もう12月の後半・・・2011年もあとわずかとなりましたね!
それに伴って寒さも格段と身に凍みてきました。

ということで今回は複製 冬軍衣袴をご紹介したいと思います。
まずは画像をば




こちらは個人業者Sさま製 複製 兵下士官用 昭五式冬軍衣袴になります。

画像では映っておりませんが勿論軍袴(ズボン)も付属いたします。

こちらの業者さまは他にも防暑襦袢、綿製昭五式夏軍衣袴、鉄帽覆いなども製作、販売なされています。
精巧で高品質の複製品を数多く世に送り出されております。
そして遂に兵下士官用冬軍衣袴も販売なされることに・・・・!

最近では海外製(中華製)の冬軍衣袴しか知りませんでしたが・・・果たしてこの軍衣袴は・・・!?

ということで細かい部分をみていきたいと思います。



まずは個人業者さま製 複製 昭五式冬軍衣前面の画像。

以前にご紹介した略帽の生地と同様なのでしょうか・・・?
軍衣の生地滑らかでキメの細かいウール生地になっております。

そして生地の色独特の黄の強いカーキ色になっています。

これらを伴って、いくら兵下士官用といえども思えないぐらいの上品質な光沢を醸し出しています・・・・!

研究に研究を積み重ねて完成したこの生地・・・
兵下士官用昭五式軍衣をここまで再現なされたのは凄いと思います。

さらにはお値段もさほど高額でないのにも驚きです。
この値段を軍衣袴をセットで販売されているのには驚愕せざるを得ません。









































軍衣
の背側の画像。

剣吊り、裁断は勿論のこと、細部はきめ細かに再現されています。





軍衣のポケット部分のアップ。

一見左右のポケットが非対称の位置にあるように見えますね・・・


しかし海外製昭五式でも同様でしたので
実物ポケットの位置が左右少々異なる位置にあるのやもしれません・・・・。

しかし画像の個人業者さまの軍衣胸ポケットは縫いつけも形状も素晴らしく整って綺麗ですね・・・!





襟部のアップ。

こちらの兵科章は業者さまの御好意で付属して頂いた品です。

実物同様材質厚さ、何より大きさと形状と作りが特徴です。
製作者さま自信を感じさせる一品であります。




襟部の内装(襟布)部分の画像。

襟布白色緑色の2種類から選択出来、オプションとして付属して頂きました。

ちなみに襟布濃緑色のものは戦地で着用されたものが多いそうです。
よって内地での着用は少ないようです。(この業者さまよりご教授頂きました。)




      


続いては襟のホック両側部分の画像。

ホックの金具丈夫そのもので、ホックが埋もれたり
変形したり、外れそうになったりすることはまずありません

また襟内部縫いつけなど生地の処理も見て頂けましたら幸いです。
綺麗かつ丁寧です。




ホックを閉じた状態裏側からの画像。

ホックはきれいに閉じられ、しっかりと固定されます。
(付けるのと面倒ですがw)



  

軍衣の金属ボタンのアップ。

金属ボタン適度な重さ妙に重く、糸が千切れるようなことはありません


 

では続いては内装部分を見ていきたいと思います。

広げた状態です。




検定印のアップ。

ここは・・・私がもっとも好きな部分でもあります!

昭五式という表記、昭和12年製の表記・・・
そして4号というサイズ表記・・・・!さらには業者納の印まで!(ここの印は業者さまのオリジナルかな!?)

ちなみに実はこの軍衣袴はほぼサイズを新規に製作して頂きました・・・(オーダーメイド)
型紙も一から製作して頂き、私の無理を聞いて頂きました・・・!

この場を借りてお礼を申し上げたいと思います・・・
本当にありがとうございました!



内装の首部のアップ。

美しい裏地裁断
そして何より生地の質感も申し分ありません。
 

 



内装の腰部のアップ。

この辺も実物同様に白地は吹き抜け?になっており、
ウール生地縫い付けと裁断は完璧です。


 

 

軍衣の裏側の画像。

裏地とはいえ、ソツの無い作りです。
見えない部分であろうと拘りがあり、丁寧なのが特徴といえます。



 

さてさてお次は袴(ズボン)をご紹介いたします。

こちらも目を見張る出来栄えです。

生地は軍衣同様、光沢のあるきめ細やかなウール生地です。

こちらも期待大ですね・・・

 




袴の後部
の画像。

勿論、には腰紐縫い付けられており、ズボンという名称よりもが相応しいですね。



 

前部開封ボタン(社会の窓)のアップ。

ボタン4つ上部にはさらにフックがあります。
基本構造は問題ありません。

 

袴のホックのアップ。

ック金具縫い付けが何とも新鮮です・・・!

さらにはボタン妥協されたチープな仕様ではなく、実物同様に見られた黒色樹脂製?のものです。

 

袴の股部分には当て部分といいますか補強部分?も再現されています。


 

軍袴の特徴を見事に再現されています。

裏地もふんだんに使われています。





 

続いては袴のポケットの画像。



 

続いては腰紐の画像。

使う前からほつれてたり、形が統一されていなかったり、そもそも縫われていなかったり
勿論していません・・・・!

良い形と手触り。さらに実用性を兼ね備えています。




続いては袴の裾部分を見てみましょう。

 


裾の内側には当て布があります。さすが・・・!としか言えませんね。

そしてこの当て布後部の位置に縫われています
実は海外製はこの当て布の位置が微妙に違ったりします

その辺の比較はまた別の記事で・・・!

また裾の丁寧な縫いつけもご覧頂けましたら幸いです。


 

さて最後に袴の内装(裏側)をご紹介したいと思います。

まず驚いたのは・・・
何と袴にも軍衣同様の検定印があることです・・・!

これにはさすがに驚きました。やはり・・・実物も同じと考えるべきなのでしょうか・・・!?
もしそうだとすれば・・・私の知る限りでは始めての複製品になるやもしれません・・・・

ともあれ、これには感動致しました!



袴の内装(裏側)の背面。
 
こうしてみるとにはあまり裏地がないのがわかりますね。





 

袴の股の当て布部分。

結構複雑な縫いつけというか作りをしているのが分かりますね・・・


普通のズボンにしてもこの接合部分は強度を保つためにも、
また股の摩擦も考慮する必要があるので頑丈な作りが望まれますね。

もしそれが軍用なら尚更かと思います・・・・!

そう感じずにはいられない部分ですね。




ポケットの内装部分。

 

最後に袴の裾から上生地の縫いつけと裁断の画像。

さて今回は簡単な紹介になりますが以上になります。

本当はもっと細部や海外製との比較もしたかったのですが、
年末につき多忙で時間が中々無いので今回はこれまでで・・・

ですが近いうちに海外製との比較生地を投稿したいと思います。


さてさて当複製 昭五式冬軍衣袴の評価ですが・・・


極めて素晴らしい!
の一言に尽きます。
買って損はないと私は思います。逆にゲームなどに着用するのが勿体無いぐらいです。

今の季節にしか着れないウール製冬服ですので、是非この機会に入手されることをお勧めします!


個人的には次は兵下士官用九八式冬軍衣袴なども製作してほしいのですが・・・

しかしこれほどの物が入手出来るなんて良い時代になったなぁ。。。!と感じずにはいられません。

以上、個人業者様製 精密複製 兵下士官用 昭五式冬軍衣袴でした~





同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒
個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽)
国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革
中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ②
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒 (2017-04-22 19:23)
 個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽) (2017-04-08 20:59)
 国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革 (2017-03-11 18:58)
 中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ② (2017-02-11 17:03)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴 (2017-01-21 21:24)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢 (2017-01-03 00:35)
この記事へのコメント
いきなりのコメントお許しください。

自分は中2で軍装に興味があります。

この記事にでている昭五式軍衣が欲しいのですが

・どこで買ったのですか?(場所)

・いくら程したのですか?(3万前後までなら予算内です)



すみませんがよろしくお願いします。
Posted by 山本中尉 at 2012年01月07日 16:29
>>山本中尉さん

ち・・・中2ですか!?
そのお年で軍装に興味を持たれるとは・・・頼もしいですね!

件の兵下士官用昭五式冬軍衣袴ですが
購入先はヤフオクです。

価格の方の記載は割愛させて頂きますが三万以上はします。
ヤフオクで検索されれば見つかると思いますよ~
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2012年01月08日 13:06
お答えありがとうございます。

オークションですか、しかも入札代行は拒否。

値段的にはいけますがオークションはダメと親に言われているので残念です。
Posted by 山本中尉 at 2012年01月08日 17:17
始めまして、オオワシといいます。
とても面白いブログですね^^
自分もヤフオクで昭五式軍衣を購入しました。
自分のは下士官私物の高襟タイプの物で、アンチョビことチビさんとはタイプは違うのですが、やはり昭五式軍衣は他の軍服とは違う魅力がありますよね。
またブログを見に来ますんでよろしくお願いします。
それでは。
Posted by オオワシ at 2012年01月17日 22:43
>>山本中尉さん

道は険しいようですね。
まだお若いですし気長に参りましょう!

>>オオワシさん

はじめましてオオワシさん!
私のような稚拙なブログを拝見して頂けて大変恐縮です・・・!

オオワシさまは高襟仕様の昭五式をお持ちなのですね!
私は下士官以外の兵装備もしておりますので
御洒落で容姿端麗な高襟仕様には憧れますね!
羨ましい限りです!

こちらこそこのようなつまらない若輩者のブログで宜しければ
何卒宜しくお願い致します・・・!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2012年01月18日 20:39
これ、大東亜戦争の時の軍衣とは違う生地なのでしょうか・・・?
冬衣だからこんな物なのかなぁ、この時期には詳しくないですが。


私もS様の九八式軍衣を持っております。

旧作でしたが、頼んだら
今作と同じようになるように安くで改造して貰えましたよw
Posted by hiro at 2012年01月25日 21:35
>>hiroさん

Sさまの九八式といいますと兵下士官用九八式冬軍衣ということでしょうか?
昭五式を兵下士用九八式への改造もしてくれるということですか?
そのような事までして頂けるとは初耳ですね~!
私も予備に購入してみましょうか!

大東亜戦争時といいますと九八式ということですね。
私は九八式を実物数点所有しておりますが
経年もあると思いますが私のは荒めのウール生地といった感想ですね。
九八式への転換期への当初はまた違うと思いますが。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2012年01月25日 21:53
初めまして、トーユという者です。

このサイトを良く見させて頂いております。

さて、今回、

個人業者様が実物に忠実なボタンの作成に成功されたそうです。

今回、私が注文していた軍服への装着は、間に合わなかったそうですが、ボタン単品での販売もされるそうです。

より、実物に忠実な物になると思われます。
Posted by トーユ at 2012年01月26日 23:57
>>トーユさん

はじめまして!トーユさん!
私が如き若輩者のブログを拝見して頂けて大変光栄であります!

おお!?
ついに実物を再現した稀有な逸品が完成されましたか・・・!
これは楽しみです!

う~ん・・・是非ボタン単体でも欲しいものです。
様々な複製品の軍衣に換装したいですね!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2012年01月30日 20:49
こんばんは。

やっとですが、私もこのS様の冬軍衣袴を購入致しました。
先般、旧式憲兵マントを購入し、生地のツヤ、キメ細かさ、滑らかさに大きな衝撃を受けまして、何とかと思っておりました。

この軍衣も、他のS様装備品同様、細部迄作りに拘られてますね。
そして何と言っても『生地』の素晴らしさに尽きますね。かなりコストが掛かってると思いますね。この生地に触れたら、お値段も納得致します。何かS様の宣伝になってしまいましたね(笑)。でも本当に素晴らしい軍衣袴です。

正にアンチョビ様がご説明されてる通り、百聞は一見に如かずです。
これでGoogleの画像で見た、旧式憲兵マントを着用した、憲兵殿の軍装が出来ます(嬉)。
Posted by 剃刀参謀 at 2012年11月07日 19:11
>>剃刀参謀さん

昭五式冬軍衣袴の御購入おめでとうございます!
冬軍衣袴に憲兵外套を着用したお姿・・・想像しただけでも凛々しさを感じずにはいれません!

確かに宣伝になってしまいますが、やはり良いものは良いのですよ!(笑)
特徴や素晴らしさを語ってしまうと自然とそうなってしまいますので
私も欲しくなりますよ!w
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2012年11月09日 00:07
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。