2012年02月13日

複製比較 日本陸軍 巻脚袢(ゲートル) 海外製&中田製

さてさて今回も久しぶりに海外製中田製との比較をしてみたいと思います。

まずは紹介する複製品はこちら!



海外製 複製 日本陸軍 巻脚袢(ゲートル)です。

だ~いぶ前に入手してずうぅぅっと放置していました・・・・w

複製品脚袢(ゲートル)は実質中田製の1択かと思います。
その中でこの海外製複製品果たしてどのような出来で使用に堪えれる品なのでしょうか・・・・?

脛など足回りを保護する部分だけに重要な装備です。
その辺を中田製比較しながら検証していきたいと思います。




海外製巻脚袢を開いた状態。

この海外製巻脚袢ですが生地は意外と良い感じです。
滑らかで薄すぎることもありません

意外と実用性があるのか・・・も??




巻脚袢の末端締め用紐の縫い付け部分)の近くには検定印があります。

自分は実物ではこの部分検定印があるのは見たことがないのですが・・・・
生地自体をしたら巻脚袢を着用して使用してくる度にが消えていくと思うのですが・・・



検定印のアップ。

この海外製いつもの昭和18年製です。

しかし見難い検定印だなぁ・・・あまり意味がないような気がします。

まぁ着用する分には見えない部分ですの大して問題にならないと思いますが・・・


さて続いては中田製とこの海外製巻脚袢を比較していきたいと思います。



こちらは手持ちの中田製海外製巻脚袢です。




上の左側カーキ色2つ、そして右側の濃緑色2つが中田製巻脚袢(ゲートル)です。

一番下カーキ色が今回ご紹介する海外製巻脚袢です。

中田製は同じ物が2つずつあるのですが、
これは一応新品の予備として所有しています。

ほぼ毎回着用する機会があるので損耗も激しいだろう・・・と思っていたのですが
何年間も使い古した物は今だ現役です・・w

意外と長持ちする巻脚袢・・・いや中田製・・!




海外製巻脚袢
中田製巻脚袢(カーキ色)です。

中田製の物は使い古した物になります。

生地の色、大きさ、縫い目など大きく違うのがお分かりなるでしょうか。




まずは生地の色巻脚袢の幅の違いを見ていきましょう。

海外製巻脚袢
中田製巻脚袢(カーキ色)です。

生地の色はいずれもカーキ色なのですが
中田製の方が濃い(緑が強い?)ようです。

生地の質感ですが、海外製は先ほど記載した通り、
海外製滑らかでなおかつ起毛の少ないものですが
中田製起毛のある荒いウール生地といった感じです。

また次に巻脚袢の幅ですが、
画像をご覧になって分かるように海外製がダントツで幅が広く(長く)出来ているのがお分かりになると思います。

う~ん・・・幅広な分、装着し易い・・・とも考えられますが・・・
大分中田製と長さが違うので少々心配ですね・・・





続いては巻脚袢末端(軍靴側)の比較。

海外製巻脚袢
中田製巻脚袢(カーキ色)です。

中田製相当使い込まれているので磨耗やほつれがありますが、まだまだ現役です。

海外製のこの部分は問題ないようですね。




さらにアップした画像。

海外製巻脚袢
中田製巻脚袢(カーキ色)です。

縫い糸海外製黄の強いカーキ色の糸
中田製では白っぽい?カーキ色の糸になっています。

縁の縫い目ですが、一見同じに見えて位置が両者若干異なっているようです。






縁の縫い目の比較。(画像が上手く撮れてませんが・・・)

海外製巻脚袢
中田製巻脚袢(カーキ色)です。

画像では殆ど分からないと思うのですが
縁の端の縫い目位置海外製では裏側に、
中田製では縁(生地の裏表の丁度真ん中)真ん中縫い目があります。

この縫い目の位置によってどのように変わってくるかは分かりかねますが・・・
やはり仕様が異なるということが分かります。




続いては巻脚袢長さの比較。

海外製巻脚袢
中田製巻脚袢(カーキ色)です。

海外製巻脚袢幅が広いのが特徴だったのですが、
全長は実は中田製の方が長いのです

う~む意外や意外・・・
幅広で短いのと、幅が狭く長いの・・・
果たしてどちらの方が良いのか・・・!?

まぁ普通に中田製の方が良いと思うんですけどねぇ・・・(本音)








巻脚袢の末端の締め紐のある部裏表部分の比較。

海外製巻脚袢
中田製巻脚袢(カーキ色)です。

縁の縫い目の大きさ海外製の方が小さいですね。




縫い目のさらにアップ。

海外製巻脚袢
中田製巻脚袢(カーキ色)です。

縫い目の大きさ大きい方頑丈といった方が良いのでしょうかね・・・

海外製幅がある分、縫い目の幅も比例して大きくすべきと思うの私だけでしょうか・・・?




続いては巻脚袢の締め紐の比較。

海外製巻脚袢
中田製巻脚袢(カーキ色)です。

画像をご覧になって分かるように
締め紐長さは圧倒的に中田製長くなっています
(逆にいうと海外製短い・・?)

私見で恐縮ですが私の場合、
中田製巻脚袢を着用して戦闘巻きをするとカツカツ(ギリギリ)の長さですので
海外製巻脚袢戦闘巻きをすると締め紐の長さ的に厳しいかもしれませんね。

まぁこの辺は着用される方の個人差なのですが・・・




締め紐巻脚袢接合部のアップ。

海外製巻脚袢
中田製巻脚袢(カーキ色)です。

締め紐も両者全く異なる仕様になっております。

まず紐の色も大きく違います。
海外製白っぽい色なのに対し、
海外製濃いカーキ色になっています。




締め紐の先端部の比較。

海外製巻脚袢
中田製巻脚袢(カーキ色)です。

末端の処理が大きく異なりますね。

海外製先端部生地の糸のほつれ?伸ばしています
中田製ではそれを短くしています

ちなみに海外製締め紐は今だ使用していなくても
この先端部のせいで締め紐の糸が抜けてしまいました・・・

どちらが良いかは言わずとも中田製かと思います。




締め紐のアップ。

海外製巻脚袢
中田製巻脚袢(カーキ色)です。

一見同じように見えますが、こちらも大きな差があります。

自体の材質同じだと思うのですが・・・

海外製のものは薄く、柔らかく脆い物となっています。
対して中田製生地が固めである程度の厚さもあり、実用最適といえます。

しかしだからといって海外製の物が忠実ではないと言えません
何故なら私が過去に所有していた実物巻脚袢の締め紐の素材海外製に近いものだったからです。
(今思うと材質の悪い末期型だったのかもしれません)

ですが、この締め紐に関しましては実用性という面では中田製に軍配があるでしょう。



最後に3種類の複製巻脚袢の生地を比較してみました。

海外製巻脚袢
真ん中中田製巻脚袢(カーキ色)です。
中田製巻脚袢(濃緑色)です。

私は基本的に濃緑色の巻脚袢太平洋戦争中期以降というコンセプトの時に装着しています。

しかし・・・以前にも書いたかもしれませんが濃緑色の物はいつ頃から支給されたのかが気になります。


ちなみに・・・・



この海外製巻脚袢出来は相変わらず。。。というところもあります。

画像は生地のほつれを除去することなく巻き込んで縫われた結果です・・・・(苦笑
細部を見るとこういう所が結構ありますが・・・一応実用出来ますw

最後に私見的な総論というか感想ですが・・・


今回紹介した2つのうち、どちらが実用的かと言われましたら・・・
海外製巻脚半より中田製の方が実用的であるという結論に至ります。

いや勿論、中田製の物も海外製造の品だとは思いますが・・・
材質のチョイスと検品がしっかりしている・・・からでしょうかね・・・


しかし中田製カーキ色の巻脚袢は早々に品切れしてる事が多いですし
海外製巻脚袢本体の生地自体
決して悪いものではありません!!


生地の色、質感自体は好感が持てます
ただ細部の縫い目、長さ、締め紐の出来が難点です・・

この海外製を1つ所有していても損は無いかもしれません!

あくまで私の身勝手な意見ですので、あしからず・・・・!


以上、複製比較 日本陸軍 巻脚袢(ゲートル) 海外製&中田製でした~








同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革
中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ②
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 九六式防寒帽 鼻覆い付 (新型短毛仕様)
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和七年制定雑嚢
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革 (2017-03-11 18:58)
 中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ② (2017-02-11 17:03)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴 (2017-01-21 21:24)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢 (2017-01-03 00:35)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 九六式防寒帽 鼻覆い付 (新型短毛仕様) (2016-12-30 19:24)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和七年制定雑嚢 (2016-12-21 23:26)
この記事へのコメント
どうもです
やはりゲートルは良いものですな!www
しかし自分は中田製のを持っておりません(上野に行く機会なし。通販は売切れorz)

中野ブロードウェイで手に入れたイギリス軍のデッドストック品を使用している有様です(まぁ自分の周りにゲートル使ってる人は居ないんですが・・・高校生ですしね)
Posted by ゲートル信者 at 2012年02月13日 22:02
ゲートルって手頃な値段なんでついつい買い足しちゃいますよね。

自分が某職場に就職した頃、作業服とか長靴とか支給されてたわけですが、何品目かは選べるんですよね。「長靴か安全靴」とか「防寒着か合羽」とか。

その頃は支給品で「濃緑色の巻脚絆」ってのがありましたよ。一体お前は何歳なんだ?って話ですねw
Posted by tora at 2012年02月14日 00:46
>>ゲートル信者さん

まだ高校生だったのですか・・・!?
学徒の方が旧軍に興味を持たれて実践されるなんて
素晴らしい時代になりました・・・!!

しかし中田さんのHPではゲートルいつの間にか濃緑色の物まで
品切れになっておりますね・・・
HPの記載はアテにならない事も多々ありますので
直に電話にお問い合わせしてみることをお勧め致します!

>>toraさん

決して高価な物でもなく、量は結構流通しておりますが・・・
実物では生地や紐の仕様によって多様にございますから
大変奥の深いものですよね・・・!

巻脚半が支給されるとは・・・!?
どういう現場なのか知りたいところですw
しかし私なら・・・(恐らく皆さんも)巻脚半をチョイスするかもしれませんね・・

ですがよ~く考えてみると着脱が面倒なので
悩むところですねぇ・・・
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2012年02月14日 21:06
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。