2012年03月17日

複製比較 海外製 日本軍 背負い袋

さてさて今回も複製品同士比較記事を紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは・・・




日本軍 背負い袋です!

今回ご紹介するのは新たに発売された海外製背負い袋で、
以前に紹介した同じく海外製の複製品比較してみたいと思います。

ちなみに以前にご紹介した記事は以下になります。

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e193942.html (実物背負い袋)
http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e292453.html (海外製複製品と実物との比較)


上の画像では
が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋
が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。

海外製中華製でお値段はとても安価な品です。(まぁ背負い袋自体簡単な構造ですものね

海外製(以前に紹介したもの)は一応米国製?らしく、お値段は結構高価な品でした。
しかしこの米国製、一部では日本の業者さんが製作し輸入されたものとの噂が一部ではあり、
その真偽は不明で謎の多い品です。

両者とも価格差がありますが、数少ない複製品ということで
比較をしていきたいと思います。



が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋
が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。

パッと見て、違いがあるのが皆さんお気づきかと思います。

最初に主な相違点を列挙しますと・・・

・生地の色
・生地の厚さ
・各種紐
・検定印
・縦幅と横幅(長さ)
・縫い付けなど処理の精巧さ

でしょうか。

いつものなら画像で紹介しながら違いを説明させて頂いておりますが
今回は趣向を変えて最初に記載したいと思います。






背負い袋紐縫い付け部の比較。

が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋
が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。

が両者仕様が異なりますね。

また生地の色ですが
海外製では綿製夏衣袴などに近いカーキ色
海外製では茶の強いカーキ色になっております。






その裏面の比較。

が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋
が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。

今回新たにご紹介する海外製背負い袋ですが、
これは恐らく(推定)同業者の九八式夏衣袴などの生地を流用したものかと推測致します。(違うかもしれませんがw)

実物背負い袋生地は同様の生地だったのかが気になるところですね!。

この海外業者防暑襦袢など被服はお湯で洗っただけで脱色されるちょい怖い仕様なので少々心配な部分もありますw
(まぁ最近のロットのものは存じませんが)

また肝心の生地の厚さですが、

海外製複製背負い袋生地がとても薄く
海外製複製背負い袋生地が厚いです

まぁ価格差を考えると妥当な厚さかもしれませんが、
使用に適しているのは生地の厚い海外製かと思います。








続いては背負い袋中央にある胴閉め紐部とその裏部の比較。

が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋
が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。

紐の色など仕様が異なり生地の色違いますので
両者全く異なった印象になりますね。




ここで以前の記事でご紹介した海外製複製背負い袋生地の継ぎ目部分の比較をしてみたいと思います。

が以前に紹介した海外製背負い袋

ドライバーの指す方向生地の継ぎ目のある部分です。

そしてが今回ご紹介する海外製背負い袋です。

今回紹介する海外製には生地の継ぎ目ありません






さらに問題の箇所継ぎ目部)をアップにした画像。

が以前に紹介した海外製背負い袋です。生地の継ぎ目がございます。
そしてが今回ご紹介する海外製背負い袋です。

海外製生地の継ぎ目ですが、画像で見る限りではさほど気にならない(目立たない)のですが
実際に背負い袋物品を入れて着用してみると生地がたわみ、張ったりしますので
逆に目立ってしまうこともあります・・・・

う~ん・・・実物にもある仕様なら全く無問題なのですが・・・
如何せん今だ真相が分かりません・・・

さほど有名な装備ではないですしね・・・








続いては検定印の比較。

が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。
が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋

何と、海外製にも関わらず、両方とも検定印があります

しかしながら画像海外製の物はいつもの昭和18年製でした・・・w(やっぱりねw)
ですがあると無いとでは、ある方がポイントが高いのでまぁ良い?と思います。

でもやっぱりこの昭和18年検定印乱発し過ぎなような気もします。

画像上の以前に紹介した海外製検定印ですが、私はやはりこちらに好感が持てます
実物と比較してもとても良く再現出来ていると思います。




ちなみに今回新たなに紹介する海外製背負い袋検定印昭和18年製位置はこちらになります。

しかし印が薄いような気もします。




続いては背負い袋端の結び部の比較。

が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。
が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋

物入れ口の生地継ぎ目部分カーブ掛かった形状の部分)の形状をご覧下さい。

海外製は完全に半円状?になった綺麗なカーブのラインですが
海外製では生地の継ぎ目から段差になっており、いびつなラインとなっています。

両者この部分の作りにかなりの差異がありますね。

ちなみに以前に紹介した実物との比較では・・・
私の所有する実物はいずれも海外製今回新たに紹介する物)の作りに近いですね。

これには少々びっくりといいますか侮ってました・・・w







物入れ口の生地継ぎ目部分カーブ掛かった形状の部分)のアップ。

が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。
が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋

実際に口を紐で閉じ、着用したら分からない箇所ではありますが、
やはり形状大きな差がありますね

しかしながら実物では年式による仕様差があるのは至極当然の話ですので
一概に片方が正しいとは言えないのが怖いところです。




お次は背負い袋の先端結び部分裏面形状の比較。

が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。
が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋

まず冒頭で生地の仕様差があると記載致しましたが
裏地のもがございます。

の以前紹介した海外製では裏地少々茶掛かった?荒めながら厚みのある白生地でしたが
海外製今回新たな紹介する物)では裏地生地が薄いチープな白生地です。

これは精巧云々よりも価格による材質の差といった方が良いかもしれませんね。

画像下の今回新たに紹介する海外製はただでさえ生地が薄いのに裏地も薄いので
とても薄さのある背負い袋なっております。

反面、の以前に紹介した海外製の厚さは心強いといった感じです。






背負い袋の先端結び部分の画像。

が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。
が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋

上に続いてこの部分、形状にも両者差があるのがお分かりになると思います。





両者重ねての大きさ比較

が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋
が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。

海外製以前紹介分)が横幅が広くできており
海外製今回新規紹介分)が幅が小さく出来ているのが分かると思います。

以前の背負い袋紹介の記事
画像下海外製幅が広く出来ているということをご紹介しましたが
今回もやはり大きさは圧倒的に大きいのはダントツですね。

しかしながら、上の今回新規紹介分の海外製背負い袋は生地が大変薄く、強度面の少々不安なので
使用実用では以前紹介分海外製軍配が上がると思います。





続いては背負い袋本体の大きさ(縦幅)の比較。

が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋
が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。

こちらも両者重ねて比較しています。

やはり縦幅海外製以前紹介分)が大きく出来ていますね。
逆にいうと大きすぎるやもれませんね・・・w





今度は両者広げ、重ねて全長の比較。

が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋
が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。

こちらは何と意外にも今回紹介分海外製全長(横幅)長いようです・・・!
う~む・・・これは・・・

つまり整理しますと
全体的な長さ今回紹介分海外製長い
しかし縦幅以前紹介分長い

要は今回新たに紹介する海外製複製背負い袋細長く
以前にご紹介した海外製複製背負い袋太く短い

ということなりますね。






お次は縫い付け部の比較。

こちらは背負い袋中央にある胴締め用の画像。

が以前にご紹介した海外製複製背負い袋。
が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋。です。

本体への縫い付けは両者とも状に縫われています

縫い糸以前紹介分カーキ色?で、
今回紹介分緑色です。






続いては背負い袋端の蓋閉め用紐の比較。

が以前にご紹介した海外製複製背負い袋。
が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋。です。

こちらも一応、両者縫われております
微妙に縫い位置違うようです。




胴締め用紐の比較。

が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋
が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。

一見同じ材質に見えますが、それぞれ厚さ異なっています

今回紹介分のはは夏袴用など同じ薄緑色のもので大変柔らかい耐久性に不安の紐です。
以前紹介分茶色厚さも分厚さも申し分ありません




胴締め用紐の比較。

が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋
が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。

は今回新規紹介分海外製の方が幅広に出来ております

薄い分、幅広なのは救いです。

ちなみに紐の全長回新規紹介分長くなっています




最後に背負い袋端の蓋閉め用紐の比較。

が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋
が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。

こちらも材質などにがあります。

今回紹介分のはは夏袴用など同じ薄緑色のもの。
以前紹介分茶色です。

また先に紹介した胴締め用紐にも言えることですが、
今回新規紹介分海外製柔ら過ぎる気が致します。

指の爪を立てて擦るだけでほつれるぐらい脆さの気が・・・

逆に以前紹介分適度な硬さ強度といえますね。




最後に背負い袋端の蓋閉め用紐全長の比較。

が今回新たに紹介する海外製複製背負い袋
が以前にご紹介した海外製複製背負い袋です。

胴締め用紐と同じく、全長今回紹介分が長くなっております。

しかしの末端の処理以前紹介分の方が良いです



さて、以上で複製比較 海外製 日本軍 背負い袋 になります。

はっきり言って需要が本当にあるのか分からないアイテムですが(私には十分ありますがw)
複製品2つも、しかも海外製で存在するのには大きな衝撃ですね!

今回新たなご紹介した海外製背負い袋ですが、
低価格ながら中々良く出来ております。

しかし・・・・!

やはりこのショップ製(いや中○製)の欠点は相変わらずで
仕上げの悪さはデフォですね・・・・

例えば以下になります。

今回新規紹介分海外製背負い袋のビックリ箇所。



チャコペンの痕がはっきり残っています・・・・



胴締め紐のアップ。

新品
なのに痛んでますやん・・・オッサン

といった具合です。

他にも色々駄目な部分があるのですが、もういつも通りなので割愛させて頂きます。



2つの海外製比較しての総評ですが・・・

・実用性・細部の仕上げのよさ。強度面ではダントツで前回紹介分の海外製です。
今回紹介分の海外製は生地が薄すぎます。
・でもその分値段が格安でした。
・ゲームで使い潰すならむしろこの今回紹介した海外製で十分だと思います。

こんなものでしょうか・・・?

まぁ両方とも一長一短ありますが、
当分、ゲームやイベントでも使用には不自由しないと思います!

何せ複製品ですから!!

以上、複製比較 海外製 日本軍 背負い袋でした~








同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒
個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽)
国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革
中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ②
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒 (2017-04-22 19:23)
 個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽) (2017-04-08 20:59)
 国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革 (2017-03-11 18:58)
 中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ② (2017-02-11 17:03)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴 (2017-01-21 21:24)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢 (2017-01-03 00:35)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。