2012年05月11日

篠原工房製 精密複製 陸軍旧型水筒用ハーネス

最近もっぱら平日更新が出来ず週末更新のアンチョビことチビです。

さてさて今回は精密複製に定評のあります篠原工房さま製の品をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのはこちら!



篠原工房製
 日本陸軍 旧型水筒ハーネスになります。

画像をご覧になってお分かりになる通り革製です。


兵下士装備としては九四式(昭五式)水筒が一般的?なのですが
日支事変期、大東亜戦争に至るまでまだまだ多くが使用されておりました。

この旧型水筒があれば昭和期だけでなく、それ以前の大正、明治時代の軍装にも使用出来るので
九四式以上に使い勝手がよいと思います。






ハーネス前後部の画像。

ハーネス全体にはオイル塗付しています。

全体的な印象はやはり『細身』であるということですね。
ですがこれは実物も同様なので仕方がございません。

しかし・・・さすが篠原工房さまの逸品でございます・・・!
縫い付け革生地のチョイス見事であります!勿論金具も素晴らしいです・・・!

話は脱線致しますが篠原工房さまのこの旧型水筒ハーネスですが他の複製品にも言える事ですが
大分昔(10年以上前)より製作販売されておられます。

中田商店さま旧型水筒ハーネスは製作販売されておられたのですが・・・やはり品切れ状態
私を含めて涙を呑まれている方も多いと思います・・・

私なら最低でも2個は買わして頂くし多少高くなっても買うんだけどなぁ・・・

しかしここでまさかの天のお助けが・・・!
旧型水筒ハーネス・・・しかもかの著名な篠原工房さま製を入手する機会が訪れました!
この場を借りて提供して頂いた方に御礼を申し上げます。本当に有難う御座いました!




さて今度は細部を見ていきたいと思います。




ハーネス蓋留め金具のある前部の画像。

オイルによって赤み色が増して良い感じです・・・!



金具(蓋留め用バックル金具)赤色(朱色)塗装になっています。

これは以前に紹介した旧型雑納も同じですね。






同部分前部と後部の画像。

水筒の蓋を留めるための革紐水筒ハーネスに完全に縫い付け固定されています。
二列に丁寧に縫われています。

破損した場合換えが利かないので縫い糸を外すしかないのですが・・・
これも実物同様ですので仕方がありません。

しかし少々使い勝手が悪い気もします。




水筒の蓋止め用革紐の画像。

蓋止め用革紐は大変細いのですが、生地は厚さがあり千切れ易いということはありません
(しかしそれでも不安ではありますが・・・w)

革紐単純に革生地を切って作った物でなく通し易いよう丁寧に成形されています

さすが篠原さま。細部まで拘れた逸品でございます。




水筒ハーネス側面部

この部分は負革部であり、縫い糸三列に丁寧に縫いつけられています




ハーネス底部

十字革生地交差した部分2列に縫い糸が縫われています

ちなみにこの交差している革生地がそれぞれ幅が違うのは画像でお分かりになると思います。

底部も仕上げも丁寧かつ堅牢です。(しかし細い革なのでやはり心配です・・・)




続いては負い革部の画像。

画像は長さ調整部のものです。

ここでも金具赤色(朱色)の物となっています。
ループ2個あります。




負い革バックル金具より外した状態


さて以上で簡単な紹介になります。

次も(簡単ではありますが・・・)実物比較もしてみましょう。





が今回紹介する篠原工房製複製旧型水筒用ハーネス
は以前に紹介した実物旧型水筒ハーネスです。

実物の方は状態が最悪ですね・・・(汗

とはいえ、簡単な比較をしてみたいと思います。

画像をご覧になってお分かりにように
水筒ハーネス各部の幅の長さ大きさが両者差異があります。

しかしこれは実物水筒、ハーネスには多種なバリエーションがありますので
複製品実物が必ずしも合致した出来であるはずがございません

(そうなりますと比較する意味もないのですが・・・・)




ハーネス底の比較。

が今回紹介する篠原工房製複製旧型水筒用ハーネス
は以前に紹介した実物旧型水筒ハーネスです。

底部縫い付け方向箇所両者同じです。

しかし革生地異なります
これは先ほど記載したようにハーネスにも種類がありますし、
篠原さま参考にし再現されたハーネスとはこの実物ハーネス型が違うのだと思います。)




続いては負い革比較

が今回紹介する篠原工房製複製旧型水筒用ハーネス
は以前に紹介した実物旧型水筒ハーネスです。

幅が違うのがお分かりになると思うのですが・・・
実物ハーネス負い革経年で劣化しているとはいえ相当幅の短い負い革ですね・・・

実物とはいえ、酷使に耐えれたのか少々疑問といいますか使う側からすると心配ですね・・・
(まぁ耐えれたからこそ残っているのですが・・・w)






お次はハーネスとは関係ございませんが旧型水筒本体の画像。

は大分以前にご紹介した布製水筒ハーネスに入っていた水筒本体。(民間品か?)
も以前に紹介した実物革製水筒ハーネスに入っていた水筒本体

ご覧になってお分かりのように水筒の形状大きく異なります

また画像では分かり難いのですが水筒の口蓋部)の違います
の物は口の径大きく
の物は小さいのです。

そうなりますと合わせて水筒用の蓋の仕様異なってきますので使いまわしが出来ない事もあり得ます

一見同じ形状に見えて全く異なるのですね。






2つの水筒本体篠原製ハーネスを装着した画像。

は大分以前にご紹介した布製水筒ハーネスに入っていた水筒本体。(民間品か?)
も以前に紹介した実物革製水筒ハーネスに入っていた水筒本体

の画像の水筒はやはり革製ハーネス仕様本体ではないせいか
バランスが悪く見えますね。(水筒本体の形状の為なのですが

対しての画像の水筒本体革製水筒の物なのでスマートというか適合した感があります。
外観も丁度良い感じです。

ちなみに付属の蓋も結構重要で、蓋があまり大きく高さのある物だと
ハーネスの蓋留め用革紐通せても固定できない事もあります

どの水筒チョイスするか難しいところです・・・
ピッタリと収納出来る水筒は中々・・・。

これは水筒本体異なるせいなのか、
はたまた篠原製ハーネス蓋留め革紐短すぎるせいなのか・・・。

まぁ少しの加工で勿論装着可能なのですが。
しかし貴重な実物篠原製ハーネスを弄るのは勇気が要りますね・・・




さて以上で篠原工房製 精密複製 陸軍旧型水筒用ハーネスの紹介になります。

感想ですが。。。。やはりさすが篠原製です!
雰囲気、細部の仕上がり、質ともに素晴らしいです!

買ってよかった・・・・(感涙) と実感せざるを得ません!!

もっと篠原製を集めてみたい。。。。と贅沢にも身の程を知らずに企んでいます。

これで昭五式装備のみならず、大陸兵士の装備はある程度収集出来た・・・と考えるべきでしょうか。
所期の目的は達成した・・・と思えますが、まだまだ装備調達は続けたいと思います。

ですがZB26軽機関銃もあることですし、小銃手のみならず軽機装備も実現し、
これで今年は冬夏ともに大陸戦線の兵士の軍装でゲーム出来そうです!

ということで今回はこの辺で!
でわでわ~






同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴
海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴
中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋
海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢
国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒
個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽)
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴 (2017-06-17 11:37)
 海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴 (2017-05-27 19:42)
 中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋 (2017-05-20 19:24)
 海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢 (2017-05-05 11:16)
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒 (2017-04-22 19:23)
 個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽) (2017-04-08 20:59)
この記事へのコメント
初めまして
いつもブログを楽しみに見ている者ですが
篠原工房という会社のHP等は無いのでしょうか?

とても良い仕事をされているようで、一度調べてみたいと思ってます。
Posted by T at 2012年07月18日 22:33
>>Tさん

こちらこそはじめまして!Tさん!

残念ながら篠原工房さまはHP等は無いようでございます・・・
あくまで私の知る限りでございますが・・・申し訳ございません。

しかし昔のミリタリー雑誌で問い合わせ先が載っていたと記憶しております。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2012年07月21日 09:19
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。