2012年07月06日

中田商店製 複製 陸軍 兵下士官用防暑略衣&半袴

さてさて引き続いて旧軍複製品をご紹介したいと思います。



と・・・その前に複製品の紹介及び複製品比較の記事ですが、
これから是正していきたく思います。

*********************************************


私のブログでは複数の業者さま軍装品を紹介し、そして比較して批評生意気にも)しておりますが・・・

これは私の甘い稚拙な認識見識に基づいており、さらに何より重要な実物への知識欠如しているのが実際でございます。

このようなにわか者が複製品を比較して論評するのは言語道断もっての他と気付きました次第でございます・・・
私自身は事の重大さを認識していなくともネットという媒体簡単に拡散し情報を発信致します
 

馬鹿みたいなブログの内容とはいえ情報を発信する立場の者として責任の重大さ。認識が不足していたと言わざるを得ません・・・!

さらに最も問題なのは『装備品を製作される側』への配慮が欠していたということでございます。
個人業者製にしろ海外製にしろ、ひとつの装備を1から作り上げるまでには資金時間、そして材料、何より知識が必要でございます。

細部の出来が少々甘い製品は少しでも安価に提供するため大量生産時間資金が割けないためという事情があり、
個人業者さまの品がどうしても高価なの実物を再現するがゆえに材料資金時間がどうしても掛かるという事情がございます。

私はこの事情を全く考慮せず、装備の出来栄えのみで優劣をしておりました。
製作するにあたっての方向性異なるのですから差異が生じるのは至極当然でございますね・・・
ご指摘を受けるまで恥ずかしながら私は気付きませんでした・・・

食べ物にしても映画にしても時事にしても批評するのは簡単な事でございますが
その内情、事情深く理解していないと一方的かつ身勝手な者と見られても仕方がございません。
購入した消費者として装備を紹介するのは個人の自由かとは思いますが・・・
だからといって好き勝手根掘り葉掘り比較し調べネットで投稿するのは
最悪な場合、商業活動を阻害することにもなり兼ねません・・・・!

私の自己満足で誰かが迷惑を被るのは
避けたく思う
のでございます。

私と同じ趣味の方、そして先輩諸氏の方にも迷惑をお掛けしているやもしれません・・・・!

私は以上の事を踏まえて以後、新規記事の内容
また時間があれば過去の記事訂正を加えていく予定でございます。


色々と長文になりましたが・・・


認識を改め、心機一転。
自分の記載した内容に今まで以上に責任を持ち、


大好きな日本陸軍装備をこれからも続けていく所存でございますので
皆さんこれからも宜しくお願い致します・・・!


*********************************************



ということで装備をご紹介したいと思います!






こちらは中田製 陸軍 兵下士官用 防暑略衣&半袴でございます。

こちらも前回ご紹介した防暑襦袢と同様に中田さま再販されたものでございます。

来るべき梅雨明け猛暑に対する攻勢準備?のため準備致しました・・・!






まずは防暑略衣の画像。

略衣は勿論半袖でございます。

画像ではカーキ掛かったタン色に近い色合いの生地に見えますが
実際は以前の記事の中田製防暑襦袢同様グレーが少々強い感じでございます。


ちなみに新品購入後、2~3回漂白剤に漬け洗濯し、
若干色落ちをさせました。




は防暑襦袢同様に別生地重ね縫いされております。

やっぱりこれが大好きなんです。。。!




胸ポケットの画像。

ポケットの蓋三角形状の形状です。




略衣の開閉部ののアップ。

大型で茶色の強い仕様です。



脇下の通気穴の画像。

今のように湿気の多い季節が尚更大助かりな機能ですね・・・!




半袖部の画像。

実際にゲームで着装すると本当に涼しく
また略帽に帽垂を装備した姿防暑襦袢姿よりも私は好きでございます・・・!(あくまで私見)

しかしやはり。。。腕の大半露出しておりますので
木の枝といった草木で切り傷が出来るのも多々ございます・・・




略衣後部の画像。

後部の作り防暑襦袢違う・・・!? (要検証)




略衣下部丈部の画像。




内装の画像。




内装にある検定印部のアップ。

略衣には年号サイズ表記軍衣同様検定印が書かれております!

これは素晴らしい・・・!
昭和17年製を示す年号。
中田のマーク複製を示すマーク中田商店製を示しております。






続いては防暑半袴の紹介です。

こちらは新品未洗濯の状態なので色落ちも何もさせておりません

半袴とだけあって半ズボンです・・(当たり前)

しかし腰紐といい、旧軍の袴の構造には相違ないです。




半袴社会の窓部の画像。

大小4つの釦開閉します。



袴のポケット部の画像。

袴のポケット
軍袴(短袴など)同様に前後部の間(端)にあります。



半袴後部の画像。

腰紐
同社防暑袴下と同様に折り込み縫い付けた分厚いものです。




袴の内装部にある検定印の画像。

昭和17年製サイズ表記
中田製複製を示すマーク

これらは略衣同様ですね!

やはりあるとテンションがあがります・・・!





股部の画像。

裏側別生地縫い付けられており補強されています。



さて以上で半袴の紹介になります。

袴下
短袴などの下へ着用する下着のような物なのは以前にも記載させて頂きましたが・・・

この半袴生地略衣同様薄めではありますが・・・

半ズボンだけあって履き心地良さそうですね。。。!
蒸れる事もなさそうですし。。。通気性はかなりのものです。

(とはいえゲームでの着装はやはり遠慮すると思いますが・・・)




さて引き続いて以前にご紹介した海外製防暑略衣との比較をしたいと思うのですが・・・

この記事の冒頭で記載しました通り、過度な細部の比較。優劣を決める記載はぶかさせて頂きます。

その点をご了承のうえご覧頂けましたら幸いでございます・・・・!






海外製防暑略衣
中田製防暑略衣です。

海外製略衣は大分洗濯を繰り返して大分色が変化しました

中田製略衣使う度に洗濯し日干しにすれば・・・!楽しみでなりません!!w

ちなみに海外製Sサイズでございます。(サイズのバリエーションが多いのは助かりますね




胸ポケット部の比較。

蓋の形状、釦の大きさも
異なるようです。



釦の大きさ。



さて以上でかな~り適当?で恐縮ではありますが

中田製
 陸軍 兵下士官用防暑略衣&半袴の紹介になります。


もし紹介内容に問題があるようでしたら、ブログのコメントではなく

直にメッセージを送って頂けましたら幸いです。

私としてもどのように改善していくかが課題でございまして
慣れるまで試行錯誤を繰り返すしかなさそうでございます・・・!
お手数をお掛けしますがご指南頂けましたら幸いです。



あとブログのコメント欄にて今回から是正実施した件に関するコメントは控えて頂けましたら幸いです

何卒ご理解のうえ、これからも私のような若輩者のブログで
時間を潰して暇を潰して頂けましたら光栄でございます・・・・!






同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 戦闘用試製帽乙型
国内業者さま製 複製 日本陸軍 布製略刀帯
海外製 複製 日本軍 身体用偽装網
海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢
中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐)
中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 戦闘用試製帽乙型 (2017-10-21 14:28)
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 布製略刀帯 (2017-10-14 20:55)
 海外製 複製 日本軍 身体用偽装網 (2017-09-16 21:18)
 海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢 (2017-08-12 17:27)
 中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐) (2017-07-29 12:53)
 中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴 (2017-06-17 11:37)
この記事へのコメント
中田製の略衣セットは半袴とのペアだったんですね
今更ながら初耳です(笑)

半袴はおっしゃる通り快適ですよ〜

機会がありましたら是非一度お試しください
Posted by YAS at 2012年07月07日 10:51
>>YASさん

いや~これは本当に涼しそうで重宝しそうです!
しかし・・・巻脚絆を装着するとはいえ・・・
私は半ズボンでゲームしたことないので少々怖いですね・・・w
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2012年07月07日 17:29
こんばんは!
自分の為?に防暑衣の比較をして頂き、ありがとうございます><!!

中田と中華では違うものだったのですね!
勉強になります><!!

そういえば、ブーゲンビル島に行った陸軍高射砲兵の祖父の
戦争関連の品に、中華製の防暑衣に使われているのと似た緑色の
ボタンがありました!

今後とも更新を楽しみにしています♪^^
Posted by Friedrich at 2012年07月08日 01:58
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。