2012年07月21日

タナカ ガスガン 三八式騎兵銃 ビンテージブルーフィニッシュ

さて久しぶりにトイガン記事更新していきたいと思います。

今回ご紹介するのはこちら!!



タナカ製 ガスガン 三八式騎兵銃 ビンテージブルーフィニッシュになります。

三八式歩兵銃、九九式
と所持しているのですが・・・
やはり短い騎兵銃も欲しくなってしまい、購入に至りました・・・!

候補は四四式三八式の2丁の騎兵銃があったのですが・・・
軍装をする上で四四式選択肢が少なく感じ
逆に三八式選択肢が多いと感じました。(あくまで私の素人考えですので・・・あしからず・・・)

これは実際の実物の生産数が物語っていると思います。

しかし・・・・

タナカ製旧仕様の旧軍小銃シリーズは殆ど流通していないようで(中古は除く
騎兵銃も例外ではありませんでした・・・・

そこで兼ねてより気になっていたビンテージブルーフィニッシュ仕様を購入してみました!
旧仕様より価格が上がり、その仕上げが大いに気になるところですが・・・

果たして・・・・!?



こちらがタナカ製ガスガン八式騎兵銃ビンテージブルーフィニッシュの両側面全体画像です。

木製銃床、レシーバー、アウター
仕上がり旧仕様(ノーマル)異なるのがお分かりでしょうか?
今までのタナカ製モデルガン、ガスガンとは全く異なる雰囲気を醸しだしております。




ということで細部を見ていきたいと思います。




銃床(ストック)旧仕様のガスガンに見られた黄色分の強い物ではなく、
色の濃いチュコブラウンに近い色となっています。

一見黒く見えますが、よく見ると木目をはっきりした色でございます。








リアサイト、フロントサイト、クリーニングロッド、レシーバー、パットプレートと主要な金属部分(亜鉛製)
ビンテージブルーフィニッシュと呼ばれる仕上げが施されています。

これは亜鉛合金メッキ加工し、さらにブルーイングを施し磨き上げ艶出したものです。

亜鉛合金製とはいえ、これら特殊な加工には大変な手間が掛かりますので
お値段が高くなるのもうなずけれます。

ありがたいことにガスガンだけでなくモデルガンでも同じくビンテージブルーフィニッシュ仕様のものが販売されていますが
これも同じ仕上げなのでしょうか。。。



レシーバー上部からの画像。

ボルトビンテージブルーフィニッシュというよりもメッキ仕上げのように見えます。

しかしこれがまた巣晴らしいんですよ。。。光沢といい色といい・・・!!






リアサイト騎兵銃なので歩兵銃とは異なり小型な物となっております。

この製品ではリアサイトまでもビンテージブルーフィニッシュ仕様となっております。

う~む手が込んでいますw



フロントバンドの画像。

フロントバンド
歩兵銃異なり木被固定するため側面ネジ止め大型の物になっています。






ロアーバンドの画像。

勿論このパーツビンテージブルーフィニッシュ仕様です。

ちなみにこのロアバンドモデルガン時代より騎兵銃のものは耐久性が低ことで有名だそうですが・・・
仕上げが変わって・・・耐久性はどうなったのでしょうか。

ちょい心配な箇所でございます。




レシーバーにある菊の御紋、三八式の文字とガス抜き穴の画像。

この3つはいずれも再現されています。




ボルト付近の画像。


ボルト、セーフティ(安全子)はメッキ仕上げとなっています。

滑り止めもメッキ仕上げと素晴らしい銀色の光沢を出します。




遊底止
の画像。




トリガーガード(用心金)部の画像。

このパーツも総じてビンテージブルーフィニッシュなのですが・・・・




なんと専用マガジンであるマガジンプレート(弾倉底板)までビンテージブルーフィニッシュ仕様になっていました!

ここまでするのか・・・タナカさん・・・侮れませんねw

普通に考えてマガジンスペア(予備)を持っていてもおかしくないので
マガジンぐらいはノーマル(旧型)仕様にしていても差し支えないと思うのですが・・・

まさか専用仕様とは。。。!さすがですねタナカさん!

ちなみに勿論、ノーマル仕様のマガジンも使用できます。
違うのはマガジンプレート(弾倉底板)仕上がりだけです。




ビンテージブルーフィニッシュ仕様マガジンの画像。



新旧マガジンの比較。

ノーマル三八式歩兵銃のマガジン。(結構古いかな?)
は今回ご紹介する三八式騎兵銃ビンテージブルーフィニッシュのマガジン

う~ん・・・よ~く見ると違う箇所があるやもしれません。






ボルトを引いた状態の騎兵銃の画像。

メッキなのでボルトが際立って美しいですね!






お次は散々酷評されております騎兵銃くびれ部分。

ロアバンドから銃床のラインが明らかに太くなっております

実物騎兵銃の画像を拝見してもやはり、タナカ製はこの部分が残念でなりません

もう少し緩やかなラインで細くなる形状の方が。。。。

まぁ黒みのある銃床のおかげで銃床のライン(輪郭)ボヤけて見えるのですが・・・やはり気になります。

近い将来、削るなりして矯正する必要があるやもしれません。




兄貴分?の歩兵銃との比較。

銃床の握り溝長さ銃床レシーバーなど大分差異がありますね。


さて・・・



ここで一風変わった試みをしてみました。

この騎兵銃ボルトメッキ仕上げなのが特徴ですが、
思い切って歩兵銃の物と相互に換装してみました。






騎兵銃旧型(黒色)のボルト換装した画像。

難なく換装可能です。実物以上の互換性!(当たり前かな?w)

黒色(旧型)のボルトでも外観を損なうことはありませんね。
むしろ自然な感じが致します。

中々良い感じです!
ボルト磨耗し損耗致しますので、こういう手もアリですね!




続いては騎兵銃メッキ仕上げのボルト旧型(通常仕様)の歩兵銃換装してみました!

これはこれで全然アリですね・・・! 歩兵銃がさらに美しく際立ちます
ですが被(ダストカバー)を装着するのは気が咎めるかも・・・
やはり傷が付いてしまいますので・・・(汗




そういえばコイツを忘れていました。

遊底覆(ダストカバー)です。

こいつはビンテージブルーフィニッシュ仕様ないですので従来のものを装着します。




騎兵銃に装着!



う~む・・・画像では分かり難いのですが・・・

ビンテージブルーフィニッシュ仕様
騎兵銃遊底覆い(ダストカバー)はあまり似合わないようです・・・

と言いますのも勿論理由がございます。

それは仕上げの差です。
ご存知のようにタナカ製遊底覆い(ダストカバー)はスチール製青みのある色合いでございます。
対して騎兵銃本体主要合金部分ビンテージブルーフィニッシュという仕上げです。

白っぽいメッキ調ビンテージブルーフィニッシュにこの遊底覆い(ダストカバー)は明らかに浮くのです。
しかも遊底覆い(ダストカバー)は大型で長い分、
その仕上がりの差目立ってしまうのです

う~ん・・・遊底覆い(ダストカバー)が必要不可欠な必需品というのに・・・
これは盲点というか残念ですね・・・


ちなみに・・・・




ビンテージブルーフィニッシュ加工の部品は交換販売のみのようです。

また・・・



説明書の部品図三八式歩兵銃九九式短小銃のみです。

騎兵銃の部品図ございません・・・・

まぁこれはいつも通りですね・・・w


さて以上でタナカ製 ガスガン 三八式騎兵銃 ビンテージブルーフィニッシュになります。

銃床のくびれの形状、遊底覆
い(ダストカバーを装着した際説明書などは少々残念でございましたが
特徴あるビンテージブルーフィニッシュの仕上げは美しく、
黒味のある深い色の銃床も素晴らしい雰囲気でございます。

これはさすがモデルガンで名を馳せたタナカさんだけあると思います。
ガスガンでありながら、この贅を尽くした外観。芸術品に近いもの感じます。

購入して本当に良かったと思っております・・・・・!




最後におまけ




ここにきて騎兵銃も加わりました!




う~ん・・・銃床が一番際立っておりますね・・・・







当然でありますが最も短い銃となりました。

この長さがサバゲなどでは実戦的、有利といえるやもしれませんね。



ということで今回は以上になります。

でわでわ~

ノシ






同じカテゴリー(トイガン)の記事画像
タナカ製 モデルガン 四四式騎兵銃(騎銃)
タナカ製 モデルガン 九四式拳銃 前期型(ダミーカート仕様)
KTW製 エアーコッキングガン 三八式歩兵銃② (第11ロット)
メーカー不詳 海外製レプリカ ELCAN(エルカン)タイプ Specter DR
ノーベルアームズ製 TAC ONE 12424IR ライフルスコープ
LCT製 電動ガン AIMカービン(フレーム換装済み)
同じカテゴリー(トイガン)の記事
 タナカ製 モデルガン 四四式騎兵銃(騎銃) (2017-01-28 23:48)
 タナカ製 モデルガン 九四式拳銃 前期型(ダミーカート仕様) (2016-12-24 20:48)
 KTW製 エアーコッキングガン 三八式歩兵銃② (第11ロット) (2016-12-17 18:49)
 メーカー不詳 海外製レプリカ ELCAN(エルカン)タイプ Specter DR (2016-11-05 18:55)
 ノーベルアームズ製 TAC ONE 12424IR ライフルスコープ (2016-09-25 11:35)
 LCT製 電動ガン AIMカービン(フレーム換装済み) (2016-09-17 22:26)
Posted by アンチョビことチビ at 01:24│Comments(7)トイガン
この記事へのコメント
羨ましいなどとは思ってません。思っておりませんよ(血涙)
遊底被の艶消しのような色合いは個人的には好みなんですが・・・やはり高級仕上げの銃とは相性が悪いものなのでしょうか
ロアーバンドの強度はとりあえず磁石を近づけてみましょう(ェ
Posted by ゲートル信者 at 2012年07月21日 19:41
小銃がこれだけそろっていると、壮観ですね
残念ながら、記事画像のような小銃は資金面から
入手できないのですが…
うちは、VSR10の外装を根性改造した
なんとなく、38式に似せた小銃でがんばっています
Posted by ミカドロイド at 2012年07月22日 06:44
>>ゲートル信者さん

恐らく間違いなく亜鉛かと・・・(汗
この仕上がりの差異はどうしようもないです・・・

>>ミカドロイドさん

VSR10改造の小銃ですか!
いいですねぇ~私も長く現役でしたよ!

VSRの豊富なパーツと安定な実射性能は
やはり素晴らしいですし、ゲームでは最強のボルトですよ!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2012年07月23日 22:13
タナカのボルトってとにかくガッタガタのイメージがあるのですが。
実際のところどうなんですですか?これほどの挺数をご購入ならお分かりでしょうと思いましてコメントに至りました。
エアコキかモデルガンかガスか・・・。耐久で言えばエアコキがいいんでしょうけどガスやモデルガンのよさが捨てきれないわけです。
Posted by バンテリン at 2012年07月25日 18:06
>>バンテリンさん

ボルトがガタガタですか・・・
私はさほど気になりませんね。
何故なら私は遊底覆いを装着しておりまして
銃本体の下部のネジを増し締めすればボルトの固定はさほど問題にならないと思います。

しかしながらエアコキ、ガスも一長一短ありますし
サバゲでの使用なのか否か。
部屋撃ちのみなのかなどによりますね。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2012年07月25日 19:39
ここを見る限りでは実銃の三八式も九九式もボルトは黒染めされてますね。
http://taka25ban.sakura.ne.jp/newpage29.htm

ですが、白磨きのボルトも良いと思います。美しくて。
Posted by ななしさん at 2014年08月14日 15:57
>>ななしさん

実物のボルトの仕上げにつきましては一概に全て同じとは言えませんね(汗
三八式にしましても30年以上長きに渡り生産されていましたので・・・

私も白く輝く仕上がりのボルトはとても美しいと思います。
この玩具銃の話になって恐縮ですがやはり使うのは勿体ないです(汗
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2014年08月18日 20:21
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。