2012年09月26日

個人業者Sさま製 陸軍 軍帽日覆 

さてさて今回も久しぶりに旧軍複製品をご紹介したいと思います。

以前に購入したものなのですが、ご紹介するのを失念しておりましたので・・・・
ご紹介させて頂きます!

まずはいつも通り画像から!



こちらは個人業者Sさま製 陸軍 軍帽(制帽)日覆 になります。

複製兵下士官用軍帽はある程度揃えられたのですが、
軍帽をゲームやイベントで使用するにあたり、軍帽の生地の保護が必要不可欠と感じ、
ようやく購入させて頂いた次第で御座います!

なにせ軍帽自体決して安いものではありませんので・・・・

しかし・・・これで気兼ねなく軍帽を着用出来ます!

涼しくなった今こそ、是非とも活用したく思います。






軍帽上、下部からの全体画像。

さすが定評のある個人業者Sさまです・・・!

生地実物に近い綿生地を使用されており、
軍帽に装着しても不自然さがございません

細部の作りも丁寧に作り込まれております!




軍帽日覆い側面の画像。

生地の裁断軍帽装着に合わせたものになっております。

縫い目
もしっかりとしており、十分実用に耐えれることでしょう。




両側面には通気孔2つずつございます。

大型の金属鳩目となっており、鳩目の間には縫い目がございます。

これも実物通りの仕様で特徴的な箇所といえますね。




日覆の留め金具部分の画像。

留め金具帽垂用のコハゼが使用されております。

なるほど・・・!




日覆の内部検定印の画像。

昭和12年製(1937年)の表記と大号のサイズ表記。
そしてその横には氏名記入欄がございます。

小物とはいえ。。。見えない部分も素晴らしい出来栄えでございます!




続いては実際に兵下士官用軍帽に装着してみたいと思います。

装着に使用している参考の軍帽は同じく個人業者Sさま製軍帽でございます。




正面の画像。

少々シワがありますが、ちゃんと留め金具を留めればピッチリとなります。




側面の画像。

金属鳩目の通気孔もちゃんと側面の位置にございます。

少々シワがありますが、ちゃんと留め金具を留めればピッチリとなります。(2回目)




後部の画像。

生地、裁断、形状ともに全く問題なく素晴らしいのですが、
ただ一つ残念なのは留め金具を留める糸千切れやすいということです。

幾つかの軍帽に装着して試した最初は問題なかったのですが
何度も脱着を繰り返すとこの糸は千切れてしまいました。

まぁしかし糸を縫い直せば済む話でございますので。
それに実際、何度も脱着を繰り返すものではないのかもしれません。


さて以上で簡単ではありますが個人業者Sさま製 陸軍 軍帽日覆 の紹介になります。

気兼ねなく軍帽野外で着用できる本当に有難いアイテムです!
立襟の軍衣にはもってこいですね!!

今回は以上になります。

でわでわ~


ノシ









同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴
海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴
中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋
海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢
国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒
個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽)
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴 (2017-06-17 11:37)
 海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴 (2017-05-27 19:42)
 中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋 (2017-05-20 19:24)
 海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢 (2017-05-05 11:16)
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒 (2017-04-22 19:23)
 個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽) (2017-04-08 20:59)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。