2012年11月01日

海外製 複製 日本軍 小銃用負革(スリング)

もうあっという間に11月突入ですねぇ・・・

ということで今回も旧軍複製品をご紹介したいと思います!

前回の記事と関連して今回ご紹介するのはこちら!




こちらは海外製 複製 日本軍 小銃用負革(スリング) になります!

前回ではゴム引帆布生地の負い紐をご紹介しましたが今回は革製負い革になります。

タナカ製小銃用負革に慣れていると作りと生地の厚さなどの違いに戸惑われるかもしれませんが
三八式九九式小銃では負い革仕様が異なるようでして
三八式でしたら本製品の仕様負い革ベストかもしれません。

(とはいえ三八式九九式にも装着に関しては一応両用出来ますが・・・)

最近まで全く知らずに装着して来た事情もあり、知ってからは少々驚きました・・・(汗




海外製 複製 負い革 の全体画像。

構造は以前に紹介したゴム引き帆布の物と変わりません
むしろこれが基本形と言えるかもしれませんね。

購入後はいつもの如くオイル塗付しております。
また今年に入ってから何度か野外で使用しましたのでたわんだりしています。

しかし、いつも思うのですがここの製品オイルがよく染み込むので
本当に良い色合いに変化します!(製品によって異なるのですがw)

新品購入後、肌色のようだった色は何度も何度もオイルを塗ることにより
画像のように若干赤みのある茶色に変化します。

逆に塗りすぎて柔らかくなり過ぎたぐらいですが・・・(笑)
このような手入れも楽しめます!是非とも塗付することを強くお勧めします!



負い革の幅の長さ約3cmとなっております。




前部スリングベイルに装着する負革前部の画像。

取り外しの出来るピン?で固定します。

この方式一部の布製負紐を除いて殆どこの仕様ではないでしょうか。



ピンのズーム画像。

以前に紹介したゴム引帆布の物と異なり、頭部底部に比べて大きく出来ています。




続いては後部スリングベイルの装着する負い革後部の画像。




この負い革にも長さ調節用挿入用の穴は若干間を開けた所にも存在します。

やはり騎兵銃共用できるようにでしょうか?






続いては負い紐後部の画像。

バックル金具それを通す穴、革製ループが存在します。




金具のアップ画像。

ちゃんと決まった向きがあります。



革製ループのアップ。

裏面のこのように丁寧に2点縫いされており、頑丈です。







実際にに装着した負い革

それぞれスリングベイル前部後部の画像。

装着するとこのようになります。
装着方法は以前に紹介したゴム引き帆布負紐の物と変わりません。
極めて簡単です!




また次いで三八式騎兵銃にも装着してみました。




実際に背負う実用的な長さに調整してみましたが、問題ないです。

騎兵銃にも使えるようです。
(現にこいつで何度かゲームに投入しています。)


 

さて以上で海外製 複製 日本軍 小銃用負革(スリング)になります。

負革色んなメーカーさんが販売されていますので
是非皆さんも色々購入なされてみては如何でしょうか!

時代に合わせて変えてみるのも一興と思います。

さてさて今回は以上になります。


でわでわ~


ノシ





同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
海外製 複製 日本陸軍 夏用戦車帽
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 戦闘用試製帽乙型
国内業者さま製 複製 日本陸軍 布製略刀帯
海外製 複製 日本軍 身体用偽装網
海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢
中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐)
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 海外製 複製 日本陸軍 夏用戦車帽 (2017-12-02 17:40)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 戦闘用試製帽乙型 (2017-10-21 14:28)
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 布製略刀帯 (2017-10-14 20:55)
 海外製 複製 日本軍 身体用偽装網 (2017-09-16 21:18)
 海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢 (2017-08-12 17:27)
 中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐) (2017-07-29 12:53)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。