2012年11月13日

中田商店製 複製 日本陸軍 兵下士官用 革製旧型水筒ハーネス

さてさて今回も旧軍複製品をご紹介していきたいと思います!

今回ご紹介する品はこちら!



こちらは中田商店製 複製 日本陸軍 兵下士官用 革製 旧型水筒 になります。

水筒本体実物かと思われます。

複製革製旧型水筒ハーネスは既に2社の物を所持しているのですが
やはりどうしても中田製の現物が欲しくなり、ようやく入手するに至りました。

私にとっては数年来の羨望の的だった中田製の商品だけに・・・・!

旧型水筒ハーネスと関連した過去の記事は以下になります。

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e300662.html (実物 旧型水筒ハーネス)

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e327024.html (篠原工房製 旧型水筒ハーネス)

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e335843.html (個人業者Sさま製 旧型水筒ハーネス)






中田製旧型水筒ハーネスの前後画像。

勿論全体は革製です。

実用に何ら問題なく、さすが中田製・・・・!と思わせる製品で御座います。


ちなみに水筒本体ですが、セットで販売されていたのかは未知数です。
ともあれ再塗装された形跡がありますので、セットだった可能性が高いと思われます。



水筒本体の画像。




蓋のコルク?まで塗装が施されています。



水筒内部は比較的綺麗なのですが、所々が浮いています。

施し様によっては使用できるやもしれません・・・!




水筒の裏面の画像。

三角形の刻印らしきものが打たれています。



続いてはハーネスの画像になります。

このハーネスですが全体的に焦げ茶色で御座います。
中田商店のカタログを拝見して色と差異があるのですが
これは個体差(ロット差)と推測されます。

焦げ茶色に着色されています。


また金具類無塗装のものになります。





ハーネス両側面の画像。

ここで発見が・・・!




正面から見て右側の側面革生地ですが・・・・




実物通り、ハーネスの負革本体への縫合部
このように実物通り斜めに薄く削り、接合して縫合されています・・!

これは・・・意外でした・・・!素晴らしい・・・・!




しかし、それは右側のみで、
反対側の左側の側面革生地2枚縫合するのではなく、
1枚の革生地となっています。

皆さん中田のカタログ(HP)をご覧なればお分かりかと思いますが
価格に対しての費用対効果を考えますと、省かれていても仕方がないと思います。
時間も大変掛かります。

むしろこの価格で提供して頂けるのが驚きでもあります・・・!







ハーネス後部底部の画像。

しっかりと縫われており、頑丈です。

縫い糸は革と同じ焦げ茶色のものかと思いきや・・・・



ハーネス裏側を見ると縫い糸白に近いもののようです。

つまり縫合した後に、まとめてハーネス全体着色(塗装)したのでしょうか・・・?

詳細は不明ではありますが、しかし実用には何ら支障は御座いません



続いては蓋留め用革紐の画像。

ちゃんとを通す部分革紐細く整形されています

数種類実物水筒にも通しましたが、何ら問題なく、綺麗に装着できます!




続いては負革の金具、調節部の画像になります。




金具革紐を通すループ2つ御座います。

これは変わりませんね!



この金具には何故か革生地と同じ焦げ茶色が塗られています。
恐らくハーネス全体への塗装の段階で塗られてしまったと思われます。




革紐用ループですが、1つは縫い付けられていて移動出来ません

ナイロン素材もしくはポリプロ素材と思われる糸で縫われています。

もしかしたら後から手を加えられた可能性も少なからずあると思います。


さて以上で簡単な田商店製 複製 革製旧型水筒ハーネス になります。

続いては私の手持ちの複製ハーネスを簡単に比較してみました。






個人業者Sさま製 複製 革製旧型ハーネス
真ん中篠原工房製 複製 革製旧型ハーネス
が今回ご紹介する中田製 複製 革製旧型ハーネスになります。



ハーネス本体をズームした画像。

個人業者Sさま製 複製 革製旧型ハーネス
真ん中篠原工房製 複製 革製旧型ハーネス
が今回ご紹介する中田製 複製 革製旧型ハーネスになります。

どれも仕様に差異が御座いますが、
いずれも作りはしっかりしており実用に堪えれるものばかりです。




ハーネス裏面を並べた画像。

個人業者Sさま製 複製 革製旧型ハーネス
真ん中篠原工房製 複製 革製旧型ハーネス
が今回ご紹介する中田製 複製 革製旧型ハーネスになります。




左側面に並べた画像。

個人業者Sさま製 複製 革製旧型ハーネス
真ん中篠原工房製 複製 革製旧型ハーネス
が今回ご紹介する中田製 複製 革製旧型ハーネスになります。

? ここでちょい疑問が・・・・




中田製革製ハーネス他の2業者さま複製とは異なり、
負革の金具、調節部の位置がになっているのです。
つまり他の業者さまのは右側に位置します。)

しかし・・・これは中田製が間違っているとは一概に断言出来ません!

私の所持していた実物革製旧型水筒ハーネス
中田製同様に金具といった調整部左側に位置しておりました

(まぁ私の実物状態が悪かったので縫い糸が外れて後から左右逆に縫い付けたという可能性もありますが・・・)


実物でも確認出来ておりますので、全く問題ないと私は思います。

**追記**


以前は乗馬本分者用と伺っておりましたが

中田商店製民間用をモデルにした物らしいです。

乗馬本分者尾錠(バックル)右側にある水筒を使用するみたいです。



さてさて以上で本当に簡素ではありますが、
以上で並べた比較になります。


先にも記載致しましたが、いずれの複製ハーネス
価格が全く異なっております

品質比較しても、野暮というものです。
その辺を考慮の上、宜しくお願い致します・・・!




中田製複製ハーネス別の水筒を収納してみました。

私はこの水筒上部細くなっている型の方が好きですね!

これで複製革製旧型水筒ハーネス3つになりましたので
気兼ねなくゲームに装備投入出来ます!

ううっ。。。。ここまで来れたのには・・・・感動です!

実は今まで革製水筒ハーネスのゲームなどへの使用は
傷や磨耗を恐れて(勿体無くて)極力避けていたのですが・・・これからは大丈夫ですね!!

昭五式をはじめとした装備に投入していく予定で御座います。

時期が時期なので冬軍衣もイイですねぇ・・・!

ということで以上、中田商店製 複製 日本陸軍 兵下士官用 革製旧型水筒ハーネス でした~!

















同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
海外製 複製 日本軍 身体用偽装網
海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢
中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐)
中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴
海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴
中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 海外製 複製 日本軍 身体用偽装網 (2017-09-16 21:18)
 海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢 (2017-08-12 17:27)
 中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐) (2017-07-29 12:53)
 中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴 (2017-06-17 11:37)
 海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴 (2017-05-27 19:42)
 中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋 (2017-05-20 19:24)
この記事へのコメント
こんばんは。

中田の水筒ハーネスは旧型も含め、全て品切れですね。
再販してほしい複製品です。需要はありそうなんですけど?
Posted by 人見広助 at 2012年11月13日 22:26
>>人見広助さん

お久しぶりです。
確かに価格といい、素晴らしい品で御座いますね。
この旧型水筒は使用出来る時代の軍装が多いので
皆さんが待ち焦がれている品かと思います。

ですが再販は・・・果たして・・・
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2012年11月13日 22:51
調整金具が右か左かは徒歩兵用か乗馬兵用かの違いです。
歩兵などは右腰に雑嚢と重ねて水筒を装着しますが、騎兵などは小銃をたすき掛けに背負いますので、銃の床尾と干渉しないように水筒を左腰に装着します。それぞれの場合に調整金具が体の前面になるようにした違いです。
ちなみに昭五式水筒の場合は、水筒本体を裏返しにすればよいだけなので違いはありません。
Posted by 名無し四等陸士 at 2012年11月14日 13:56
>>名無し四等陸士さま

お久しぶりで御座います!名無し四等陸士さま。
いつもお世話になっております!

何と・・・!?ハーネスは金具が左右の違いによって
乗馬兵か否かに区別されるのですね・・・・!
全く存じませんでした・・・予想だにしない真実で御座います・・・!

成る程、確かに騎兵をはじめとした乗馬本分の者は
左に出納を掛けておりますね・・・!

そうなりますと中田商店製は騎兵、輜重兵といった乗馬兵用ということになりますね。
これはこれで貴重ですね・・・

本当に目から鱗で御座います・・・
いつも貴重な情報、知識を教えて頂き本当に有難う御座います!
また1つ勉強になりました!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2012年11月14日 19:19
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。