2013年01月17日

スルプスカ共和国(セルビア人共和国) リザード迷彩パンツ 

さてさて今回も久しぶりにユーゴ関連装備をご紹介したいと思います。

今回ご紹介する品はこちら!



スルプスカ共和国(セルビア人共和国)のリザード迷彩パンツ(ズボン) になります。

製造年は不明ですがボスニア紛争期の物と思われます。

また嬉しい事に小さなサイズなのです!(向こうのはとにかく大きめサイズが多いのですが・・・
ですので当品は意外と希少な物なのかもしれません。






パンツ上部の画像。

まず全体ですが総じてチープという事は御座いません
大分以前にご紹介しましたユーゴ/セルビア本国M89、M93迷彩パンツと比べますと
異なる箇所、共通する箇所も見られ、とても面白いですね!

ちなみユーゴスラビア連邦/セルビアM89&M93迷彩パンツの記事は以下になります。
http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e190618.html

紛争中は確かスルプスカ経済制裁を受けていたはずなのですが
造りしっかりしています。BDUとして申し分なく考慮されております。




迷彩柄のアップ画像。

この迷彩リザード迷彩系列に属するのですが
画像の迷彩パンツは少々白っぽく薄くなっています。
持ち主が幾度も洗濯したせいか、はたまた元々染色が弱いのか

実際の紛争中の写真を拝見しても迷彩色が薄くなったものも見受けれます。

しかし、何故リザード迷彩を採用したのでしょうか?経緯が気になります。

ちなみにこのスルプスカリザード迷彩色々なパターン(配色)が存在し
上下ともに同じ迷彩を集めるのは難しいかもしれません・・・(汗






パンツ正面社会の窓付近の画像。

パンツのベルトループ
ですがM89/M93迷彩パンツのように
ウエストベルト兵用ベルト2つを通すためのループはありません




続いてはパンツ側面にある脹脛の貼り付け型ポケットの画像になります。






この貼り付け型ポケットM93迷彩パンツと同じくにAKマガジン(ツァスタバM70)を2本収納可能です。
ポケット仕切りが設けられているのです。

私の手元にあったM89迷彩パンツにはこの機能はなかったのですが(ただのポケットでした
この機能の発起は何なのかが気になりますね・・・

・M89迷彩パンツのバリエーション(仕様)の1つとして広まったのか。
・M93迷彩パンツから取り入れられたのか。
・スルプスカのリザード迷彩パンツが発起なのか。


いくつも可能性が考えれますが・・・優れた機能だからこそ取り入れられたのですね・・・!

ちなみにこのリザード迷彩パンツではポケットの開閉マジックテープになります。




パンツ正面膝部の画像。




迷彩パンツ膝部は痛むことを考慮して生地で補強されています。

これもM89/M93迷彩パンツでも見られます。



パンツ後面の画像。




パンツの状態は中古なので生地の解れや穴、汚れもチラホラ・・・
(ちなみに画像はサバゲ投入前に撮ったものです)



迷彩パンツ裾部の画像。

このリザード迷彩パンツにはが御座いません

M89/M93迷彩パンツの両方にはがあったのですが・・・
はブーツの中に入れるのが前提なのでしょうか。




パンツ裏返しにした状態の画像。




前。



後ろ。

決して丁寧とは言えませんが、それでもBDUとして全く問題御座いません。




最後にサイズ表記の部分の画像。

サイズ6号
ウエスト約84cmとなっております。


さて以上でスルプスカ共和国(セルビア人共和国) リザード迷彩パンツ の紹介になります。

迷彩パンツを入手しましたが、実は使う機会は無さそうなのが実情です・・・(苦笑
同迷彩のシャツツナギなども欲しいのですが・・・優先させるべきは日本軍装備なので・・・(汗

しかし念願のリザード迷彩服上下が手に入りましたので非常に満足です!
思っていたより出来が良く、驚きました。(変な先入観を持ってはいけませんね)

出来ればこれからも色々購入していけたらなぁ・・・と思います。


さてさて今回は以上になります。

でわでわ~

ノシ






同じカテゴリー(旧ユーゴスラビア/セルビア軍装備)の記事画像
ユーゴスラビア/セルビア軍 兵用革帯(ベルト)
ユーゴスラビア 1987年製 M77ジャケット(野戦服)
スルプスカ共和国(セルビア人共和国) リザード迷彩ジャケット
ユーゴスラビア 1977年製 M77シャツ
スルプスカ共和国 ローカルメイドAK用(M70用)ベスト M68迷彩
外園組さま製 複製 セルビア シャイカチャ チェトニク帽
同じカテゴリー(旧ユーゴスラビア/セルビア軍装備)の記事
 ユーゴスラビア/セルビア軍 兵用革帯(ベルト) (2013-04-07 00:00)
 ユーゴスラビア 1987年製 M77ジャケット(野戦服) (2013-03-17 14:30)
 スルプスカ共和国(セルビア人共和国) リザード迷彩ジャケット (2013-02-12 19:10)
 ユーゴスラビア 1977年製 M77シャツ (2013-01-29 00:11)
 スルプスカ共和国 ローカルメイドAK用(M70用)ベスト M68迷彩 (2012-12-21 00:00)
 外園組さま製 複製 セルビア シャイカチャ チェトニク帽 (2012-11-10 00:12)
この記事へのコメント
唐突な質問なのですが、
どういう経緯で旧ユーゴスラビアに興味を持たれて装備をしようと思わはったんですか?
Posted by 皇 at 2013年01月18日 00:56
>>皇さん

軍装をする直接的なきっかけになりましたのは
学生時代より読んでいた「迷彩君」という漫画の影響で御座います。

ですが私が小学生の頃の90年代初頭では
まさにユーゴ紛争のあった時代でTVでも度々取り上げられており
小学生のハナタレ小僧ながら少なからず興味が御座いました。

また当時「映像の世紀」もリアルタイムで視聴しておりまして
99年にはコソボ紛争と記憶は鮮明ではないですが
今でもNATO空爆の映像は覚えています。
所詮はテレビで流される映像しか見ていないのですが・・・
少なからず興味が以前より持っておりました。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2013年01月19日 17:50
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。