2013年04月16日

業者Nさま製 複製 真鍮製 三八式歩兵銃用銃口蓋

さてさて今回は久し振りに日本軍複製品をご紹介したいと思います!

今回御紹介するのはこちら!



こちらは業者Nさま製 複製 真鍮製 三八式歩兵銃用銃口蓋 になります。

以前に複製ペークライト(樹脂製)の銃口覆いを御紹介しましたが
以下がその記事になります。
http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e386043.html

業者Nさま真鍮製の複製品を取り扱っておられましたので早速購入致しました!

業者Nさまは過去に日の丸環刀提緒用茄子環型金具なども販売されておられましたので
このような金属製小物は大いに期待できます。




反対側からの画像。

この銃口蓋はご覧になって分かるように真鍮製です。

ペークライトの物も良いのですが、アレは携行時に割れたりと破損させてしまう心配があり
(自分の保管の仕方が悪いだけなのですが・・・)

やはり強度でいうと金属製の方が良いと思います。




銃口覆正面からの画像。

刻印の類は見受けれません。



フロントサイト収納部は画像のように三角形状(五角形?)に穴がくり抜かれています。

この銃口覆いフロントサイト(照星)左右に保護の無い初期型用
それに合した形状になっております。

つまり左右に照星保護のある三八式には装着出来ません


銃口の保護が目的ですがサイト部(照星)もこれで保護されております



銃口覆内部の画像。

錆のようにも見えますが真鍮なので油焼けでしょうか

いずれにしましても機能に問題は御座いません。






この銃口覆いは画像のように可動し、サイト(照星)へ固定させます。



部品構成2つの真鍮からなっています。
取り外しは本当に簡単です・・・!

パネ(スプリング)ネジ類などが御座いません
単純ですが効果的な方法です。





分解した銃口覆い2つの部品内部からの画像。

サイト(照星)収納部品
回転させ固定させる部品になります。

本当にシンプルな構造です。





さてお次は以前にご紹介した複製ペークライト製銃口覆いと比較してみましょう。





ペークライト製スプリングが内蔵されており、
照星の形状に関係なく四四式騎兵銃を除く三八式、九九式に装着出来ます。

対して今回御紹介する複製真鍮製の物は
実質KTW製三八式歩兵銃一択(実銃は別ですが)になると思います。

使い勝手ペークライト製が高いのですが
素材と形状からの堅牢さ真鍮製が優れています。

KTW製三八式のユーザーは多いですし需要があるのではないでしょうか?
私はお勧めします。




さてということでお次は真鍮製銃口覆い三八式歩兵銃に装着してみようと思います。

画像は久し振りに箱から出したKTW製三八式歩兵銃
殆ど未使用です・・・




ということでLET's TRY! YOU CAN DO IT!!



まず銃口覆いを銃口を挿入するための位置にします。

これは回すだけです。




銃口に挿入します。



真鍮製銃口覆いサイト(照星)被るように挿入します。



銃口覆いを溝に沿って右に回します





以上!!

凄く簡単ですね!



装着した状態の銃口部。



後方からの画像。

銃口は完全に覆われております。

照星部、後方隙間が多いように見えますが
銃口内部に異物が入ることはまず無いです。




う~ん・・・!
見栄えも中々良いです・・・!




ちなみに・・・サイトガードにある三八式ですが・・・



何度も記載した通り、形状異なるので
この真鍮製銃口覆い装着出来ません・・・・!




画像ではタナカ製ガスガン三八式(ゲーム用)を使用していますが

そうなりますとタナカ製モデルガン/ガスガンの三八式・九九式シリーズには装着不可能ですね。
またKTW製九九式短小銃にも装着出来ません。

上で記載した通り、トイガンではKTW製三八式1択のみ着用可能のようですね。



ペークライト製銃口覆いを装着したタナカ製三八式歩兵銃
真鍮製銃口覆いを装着したKTW製三八式歩兵銃

それぞれ一長一短あると思いますが・・・
皆さんお好きな方をチョイスされた方が良いと思います。

いずれにしましても兵士にとっては必要不可欠な物です・・・!







う~ん・・・イイネ!

トイガン(玩具銃
)だと照星亜鉛だったりホワイトメタル製だったりしますので
この部分も保護できた方が望ましいかもしれません。

とはいえ、そうなると亜鉛製の外装全部を保護しなくてはいけないのでは??という結論になりますが・・・



最後に実際に装着された画像を。

場所は中国大陸での戦地
ご覧になってお分かりの通り、三八式銃口覆いを装着されています。

普段見慣れた写真でも、1つ1つ見ていけば新たな発見があります。
これはこの趣味ならではの醍醐味ですね!


さて以上で業者Nさま製 複製 真鍮製 三八式歩兵銃用銃口覆い の紹介になります。

それでは失礼します。

ではでは~

ノシ






同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 戦闘用試製帽乙型
国内業者さま製 複製 日本陸軍 布製略刀帯
海外製 複製 日本軍 身体用偽装網
海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢
中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐)
中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 戦闘用試製帽乙型 (2017-10-21 14:28)
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 布製略刀帯 (2017-10-14 20:55)
 海外製 複製 日本軍 身体用偽装網 (2017-09-16 21:18)
 海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢 (2017-08-12 17:27)
 中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐) (2017-07-29 12:53)
 中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴 (2017-06-17 11:37)
この記事へのコメント
いやぁ皇軍は細かい装備がいっぱいあって大変ですね・・・w細々としたものには中々手が回りませんw

遅ればせながら、先日海外製革脚絆を購入いたしました。オイルを塗るとみるみる変わっていく色に、新たな境地を見出しました。

やはり問題は例の金具ですね。とりあえずペンチで逆に曲げてみようと思いますw

かなりスレ違ですが・・・
Posted by Dr.尿力 at 2013年04月16日 23:23
 無くしたき、員数合わせに大騒動するやつですよね??


唐突に場違いな質問をして申し訳ないのですが、

タナカの三八式歩兵銃ガスガンに、同社三八式歩兵銃モデルガンに付属するダミーカート?(クリップ付きのやつ)はあてがうことはできますか??

薬きょうを飛ばしたりするアクションはモデルガンでしかできませんか?

よろしくお願いします。
Posted by こげぱん at 2013年04月17日 19:37
>>Dr.尿力さん

そうですねぇ・・・集め出すとキリが無いかもしれません。
ですから少しずつチマチマ集められるのも良いですし、
サバゲと割り切ってストップするのも宜しいかと思います。

海外製革脚絆のご購入オメデトウございます!
以前に当ブログにて御紹介した3本締めの官給型でしょうか。
革紐と金具がネックですが・・・それ以外は良く出来ていると思います!

これから大切にしてあげて下さいね!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2013年04月17日 21:39
>>こげぱんさん

無くしたらビンタ喰らいますね・・・w

タナカ製の三八式ガスガンにモデルガン用のカートを装填するということでしょうか?

まず御存知かと思いますがガスガンは取り外しの出来るマガジン方式ですので
弾倉床板止、弾倉バネは存在しません。
排莢などの操作もそもそも遊底(ボルト)の構造がガスガンとモデルガンでは違いますので不可能です。

唯一出来る事と言いましたらクリップを挿入する溝にクリップが挿入出来るぐらいでしょうか。


以上の事からガスガンでは薬莢を飛ばしたりすることは出来ません。
参考になりましたら幸いです。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2013年04月17日 21:50
 ありがとうございました。


これでスッキリしました。モデルガン買います(たぶん)!!
Posted by こげぱん at 2013年04月17日 21:55
おおっ
こんなの出てたんすね。業者Nさまってどこだろ?
今度ハッテンバで出会ったら優しく耳元でささやいて
業者名教えて下さいねw

えーっと金属製銃口覆を使う場合の注意を一つ。

「銃口覆をつけたまま絶対引き金を引かない」です。
なぜかそういう時に限ってマガジンにガスと弾が入ってたり
するのが謎。
Posted by tora at 2013年04月21日 22:43
>>toraさん

Nさまは以前当ブログにてベトナム装備関連を販売している業者さんと記載しました業者さんです。

白色防暑襦袢や帽垂も販売されています。
ヤフオクで検索されたら見つかると思います!

この銃口覆に限らず
トイガン用の銃口覆(キャップ)でも同じことですね!

過去に何度知らずに試射してしまったことか・・・
インナーバレルを傷付けますし注意が必要ですね。

実銃なら突き抜けて発射出来るとは思いますが・・・
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2013年04月22日 18:58
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。