2013年05月11日

でくの房さま製 複製 八九式重擲弾筒用 引き革&外被(覆い)

さてさて今回も日本軍複製品をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのはこちら・・・!



こちらは でくの房さま製 複製 八九式重擲弾筒用 引き革&外被(覆い) になります。

最近CAWさまより八九式重擲弾筒が再販され購入された方も多いと思います。

でくの房さまではタイムリーに擲弾筒用引き革覆いを製作販売されておられます。

CAWさま八九式重擲弾筒がでは覆い(カバー)は付属致しますが
専用の引き革や金具付属しておらず、実物はどのような物なのかあまり知られておりません。

そこでこのでくの房さまの品は手元八九式重擲弾筒をさらに一層引き立ててくれます!




ということで早速みていきたいと思います!




こちらが でくの房さま製 引き革外被(覆い)の画像。



引き革には他に三角環が付属致します。

引き革はさすがでくの房さまだけあって上質な革が用いられております!
小さな革生地ではありますが縫い糸も縫い目もしっかりされております

三角環の金具予備も含めて2つ付属します。(これは有難い!)



こちらは外被(覆い)になります。

生地軍衣生地に近い綿生地でしょうか・・・?

白色の物ですが結めばしっかり固定できます。

CAW製の付属の物は悪くはないのですが・・・
結び方が悪いのかすぐに解けてしまう事が多々ありました。



さてそれでは上記2つ外被引き革を装着していきたいと思います。

まぁ・・・手順は紹介するまでもないのですが・・・・(汗

画像はノーマルの状態です。



まず擲弾筒下部にある駐坂(台座)固定ネジを外します。

ネジマイナスネジ2箇所あります。



外した状態。

これで覆い(外被)外せます



そしてでくの房さま製外被(覆い)を装着し、駐坂(台座)を組み立てます

ネジ穴の位置に注意して下さいね!



外被(覆い)2本の紐を締めます。

画像では結んだ後に内側丸めこんでいます



完成!

手順はCAW製の物と変わりませんので簡単です。

カバーの色が違うと外観の印象も変わってきますね。。。!



さて続いては引き革三角環の金具装着したいと思います。

用意するのはペンチぐらいでしょう。



引鉄引き革を装着した状態の三角環を装着します。

三角環の金具は最初からでくの房さま歪まして下さっていますので簡単に通せます。



次に三角環の金具歪みを正し真っ直ぐにします。

ペンチなどを使うと良いでしょう。



続いては金具の繋ぎ目引き革隠れるように下へ移動させます。

少々力が要りますが根気よくすれば出来ます。

これをしないと引き革を引いて発射する際に簡単に三角環歪んでしまいます



完成

これも至って簡単な作業ですね・・・!
別段難しい事はありません!



如何です?結構見違えたでしょう!



今まで引鉄には適当な紐や金具代用して来ましたが・・・いずれも強度も皆無でした・・・

しかしこのでくの房さま引き革と金具で落ち着けそうです・・・!
これからはこれでゲーム投入する予定です!



ちなみにでくの房さまでは中田製複製 擲弾筒入れ 革部の補修もして下さいます!

今や絶版品となった擲弾筒入れですが補修をして下さる事によって少しでも延命出来、長く使えます!
本当にありがたい限りです・・・!


さて以上簡単ではありますがでくの房さま製 複製 八九式重擲弾筒用 引き革&外被(覆い) 記事になります。

ではでは~

ノシ





同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴
海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴
中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋
海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢
国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒
個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽)
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴 (2017-06-17 11:37)
 海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴 (2017-05-27 19:42)
 中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋 (2017-05-20 19:24)
 海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢 (2017-05-05 11:16)
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒 (2017-04-22 19:23)
 個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽) (2017-04-08 20:59)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。