2013年05月24日

民間/日本軍? 実物 防空鉄帽(鉄兜)

さてさて今回も日本軍実物装備をご紹介・・・といきたい所なのですが
今回もこれまた少々微妙な物をご紹介いたします。

まずはいつも通り画像から!



こちらは 民間/日本軍? 実物 防空鉄帽(鉄兜) になります。

民間の物と思われるのですが最近・・・こういう微妙な物ばかりの紹介ですが・・・(汗


この防空ヘルメットですがよく日本軍物として販売されており、
また邦画の戦争映画でもよく装着していますね。

実際に軍でも使用されたと聞きますが、その詳細は存じません・・・・
ですが戦後警察九十式鉄帽と同じく防空鉄帽永らく使用されていたとも聞きます。

そう考えますととても息の長いヘルメットと云えるのではないでしょうか?

ちなみにこの防空鉄帽は今年初めにいつもお世話になっている御方からお譲り頂きました!
いつも貴重な品々を譲って下さり本当に有難う御座います!



正面からの画像。



後部からの画像。

防空鉄帽といいましても幾つも種類があり
形状九十式近い物あくまで)もあるようです。(ただ材質がアルミ製とか?)

民間、警防団など属によって仕様が異なるのか定かではありませんが・・・
1つずつ見ていくとても面白いと思います。



上部からの画像。



側面からの画像。

邦画の戦争映画ではしょっちゅう使われており
作品の中で観るとちょっとゲンナリしてしまいますが
この防空鉄帽の形状は結構私は好きです。

スウェーデン軍のM26型
も似ている形状で
バイザーといいますか縁の形個性的と思います。



ヘルメット内側の画像。

このヘルメット内装は残念が取り除かれています。
(とは云いまして布製の簡素な物なのですが・・・)

やはり顎紐3点で固定のようですね。

ここはあえて複製の九十式の内装をぶち込んでみるのも面白そうですね。
まぁ・・・使い道はあまり無いと思うのですが(汗




ちなみにこの防空ヘルメットですが
皆さん画像からお気付きかと思いますが
再塗装されています。

恐らく前の持ち主がされたのでしょう。
全体としてチョコレート色です。




再び前部の画像。





残念ながら前部欠損しています。
いや・・・そもそも陸軍用のように星形の物が付けられていたのか分かりません。
もしかしたら後から手を加えれた可能性も御座います。

(しかし・・・ご丁寧に「」と書いて下さっていますね・・・)





顎紐固定用のピン金具は一応2箇所だけ残っています。


さて以上で簡単な防空鉄帽(鉄兜)の紹介になります。

最後はいつも通りの・・・・



実物の九十式鉄兜と並べてみようと思います。

用いた九十式中田製の物になります。





前部上部からの画像。

ちなみにが今回ご紹介する防空鉄帽
実物(中田製)九十式鉄帽です。

どことなく両者雰囲気は似ていますが
よく見ると全然異なるのが分かりますね。



九十式には上部4箇所小さな通気穴があります。

勿論防空鉄帽にはありません。



側面。



内側。



ちなみに顎紐固定用のピン位置が異なるのですが・・・

これはもしかしたら防空ヘルメット前後の向きが異なるからかもしれません。
(一応前の持ち主が書いて下さった「前」の文字を基準にしているのですが・・・)



さて以上で 民間/日本軍? 実物 防空鉄帽(鉄兜) の記事になります。

実物装備の紹介が最近際どい物が続きますが・・・
何卒ご了承ください(汗

さてそれでは今回は以上になります。

ではでは~


ノシ






同じカテゴリー(・日本軍 実物 装備)の記事画像
実物? 日本陸軍 尉官襟章
日本軍 実物 九〇式鉄帽 大号 (篠原工房さま再塗装&内装)
日本海軍 実物 陶器製手榴弾
日本陸軍 実物 水嚢(折り畳み式布バケツ)
日本陸軍 実物 九五式軍刀 中期型(鞘なし) 
日本軍 実物 九〇式鉄帽 小号 (個人業者Fさま再塗装)
同じカテゴリー(・日本軍 実物 装備)の記事
 実物? 日本陸軍 尉官襟章 (2017-04-29 13:50)
 日本軍 実物 九〇式鉄帽 大号 (篠原工房さま再塗装&内装) (2017-03-18 19:57)
 日本海軍 実物 陶器製手榴弾 (2017-02-18 21:43)
 日本陸軍 実物 水嚢(折り畳み式布バケツ) (2017-01-14 19:09)
 日本陸軍 実物 九五式軍刀 中期型(鞘なし)  (2016-08-06 12:00)
 日本軍 実物 九〇式鉄帽 小号 (個人業者Fさま再塗装) (2016-07-18 19:39)
Posted by アンチョビことチビ at 20:13│Comments(6)・日本軍 実物 装備
この記事へのコメント
こんばんは この型の鉄帽大映映画兵隊やくざで勝新が被ってましたね、 ちゃんと星付きで。 
Posted by UAZ469B at 2013年05月24日 22:21
プッ!思わずプログを見て笑ってしまいました!(失礼!)

何と、民間用鉄帽(防空鉄帽)ですか???
ワ-ルド・イン・アンチョビさんがまさか「防空鉄帽」を題材にするとは「想定外」でした!(脱帽)

九十式(軍用)は御存知とは思いますが、材質に「モリブデン鋼」が使われていますが、民間用は
唯の「鉄」で末期では「アルミ」「竹」「紙」の製品も見られますね!

で、軍用の「九十式鉄帽」ですが、鉄帽内部の後部に必ず製造メ-カと寸法刻印
(大・小の2種類のみ)で天井部に4つの空気穴が有りますが、酷似した鉄帽(九十式)で民間用も有りますよ!

某軍装店(このプログでも有名です)でも上記の鉄帽に再塗装して金属の板星・錨章を取付けて
「実物」として販売されているのを見ますよ!

その鉄帽と実物鉄帽の相違店はまず4つの空気穴が無い事と重量に相違
しますよ!
勿論、刻印も有りませんし、天井部のセンタ-ライン部が民間用なら
軍用より「ハッキリ」している点(正・後面から見て)ですね!
(御存知だったとは思いますが、根がお節介焼なんでご容赦下さい)

アンチョビさんも記載されていますが、「九十式鉄帽」「防空鉄帽」
は戦後、転用されたケ-スが多いですね!
(警察は勿論の事、警察予備隊・保安隊・海上保安庁でも使用された様です)

下って私が所持していた鉄帽の画像を送信させて頂きます。
(アンチョビさんのプログを無断で使用して申し訳なぃす!)

http://pub.ne.jp/cosmic/image/user/1369441323.jpg
http://pub.ne.jp/cosmic/image/user/1369441461.jpg
http://pub.ne.jp/cosmic/image/user/1369441468.jpg

http://pub.ne.jp/cosmic/image/user/1369441554.jpg
http://pub.ne.jp/cosmic/image/user/1369441567.jpg
http://pub.ne.jp/cosmic/image/user/1369441567.jpg

http://pub.ne.jp/cosmic/image/user/1369441517.jpg
http://pub.ne.jp/cosmic/image/user/1369441526.jpg

因みに上から「海軍後期」「警察」「陸上自衛隊初期」です。
Posted by 参謀本部 at 2013年05月25日 01:37
>>UAZ469Bさん

最近の方がでは太平洋の奇跡で
主人公の大場大尉が鉄帽覆の下に着用していましたね!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2013年05月26日 19:05
>>参謀本部さん

いつも貴重な画像を貼って下さり本当に有難う御座います。

某軍装店とは・・・何とか分かります。

警察予備隊や保安隊でも使用されたのは
何だか嬉しいですね・・・!十四年式拳銃も現役だったそうですし
旧軍の装備が受け継がれるのは嬉しく思います。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2013年05月26日 19:19
昭五式編上靴に革製レギンスを縫い付けてM43コンバットブーツ風に仕立て直した保安隊の靴も見たことがあります。結構、旧軍装備を再利用してたみたいですね。
Posted by milch at 2013年05月27日 00:19
>>milchさん

編上靴に革レギンスを縫い付けて即製で作られた物ですか!?
想像しただけでワクワクします!

やはり終戦後間もない時期ですので
混沌といいますか雑居した装備なのですね。

ですがそれはそれでとても魅力的ですね!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2013年05月27日 20:01
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。