2013年06月06日

中国軍 革製 防塵眼鏡&ケース (日本軍代用?)

さてさて今回は久し振りにその他装備更新したいと思います。

ですが今回ご紹介する品はまたまたかの国の品で御座います・・・・


ということで早速画像をば



こちらは実物 中国軍 革製 防塵眼鏡&専用ケース になります。

どのような兵科の兵士が使用するかは存じませんが
オートバイ、馬などに乗る兵士などに支給されるのでしょうか。

この品は1960年代~1970年代の代物のようです。

既に皆さんお分かりかとは思いますが
この防塵眼鏡セットは一応日本軍の代用装備として購入致しました。

中国軍の防塵眼鏡(ゴーグル)単体
国内で安価で入手可能なのですが
専用の革ケースとのセットは意外と見掛けず入手困難です。

という事で中国から購入する事にしました。






まずはゴーグルから見ていきたいと思います。

総革製です。

形状は日本軍の防塵眼鏡に酷似しています。
とはいえ他国の物にも見られる形状ですので
日本軍の物を模倣したとは一慨のは云えません。

(とはいえ可能性は高いと思います)



この中国軍のゴーグルですが一見して黒色の革生地に見えますが
よく見ると焦げ茶色の革になります。

画像はぼやけておりますが・・・





レンズ部
の画像。

レンズ日本軍の物と同様と折り畳み出来ます。

またやはりレンズ蝶番になっております。



この中国軍のゴーグル日本軍の物と違い
レンズプラスチック製のようです。
またレンズサングラスのように黒色の物となっています。

強い日差し紫外線対策なのでしょうか?



また他にも日本軍の物とは異なり
レンズの上下通気口用の金属鳩目存在しません




続いてはを見てみましょう。

ゴム紐ですが長さの調整は出来ないようです。
調整用の金具御座いません




紐部縫い付け部の画像。

レンズのガワには挟まれておらず縫い付けで固定されているだけです。
しかし強度面では問題ないようです。



さて続いてはこのゴーグル折り畳んでみたいと思います。



両側のレンズ蝶番を使用して折り畳みます



次は真ん中起点して折り畳みます



完成!

日本軍の物と同様とても簡単です!





このゴーグルは一応未使用品のようで
ゴーグル本体は画像のような紙入れに入れられています。





続いては付属の専用革ケースを見ていきたいと思います。

実は私が欲しかったのはこのケースなのです。
この革ケースも勿論日本軍の代用品として使用の目的です。

以前に紹介したマカロフ拳銃用ホルスター同様に革質はとても良く
オイルを塗付すると程良く染み込み色合いが変わります

またベルトを通すためのベルトループが存在します。



側面からの画像。

さすが軍用だけあって縫い糸縫い目しっかりしており堅牢です。



上部から見た画像。

ケースの蓋の開封は上部にあるスナップボタンで行います。

スナップボタン大型で、表面にはが刻まれています。



スナップボタンを使って蓋を開けた状態

左右には内部を保護する革生地があり
ケースへの異物の侵入を防ぎます。



内部にある印部の画像。

中国ではこのゴーグル風鏡と呼称するようですね。
防塵眼鏡同意語なのでしょうか。

そのには製造番号?と思しき数字
そのには年度を表す表記があります。1970年製でしょうか。



内部の画像。



この製ケースをよく見ると
ケース前後部革生地2枚縫い合わせた物になっております。

2枚使用することによって強度を確保し形状を維持しております。
中々手の込んだ作りです。



それではこのケースゴーグル収納してみましょう。



ゴーグルをちゃんと折り畳めばすんなり収納出来ます。



収納し蓋を閉めた状態。

至極簡単で余裕を持って収納可能です。



さてさてお次はゴーグル本体を以前御紹介した日本軍?布製防塵眼鏡と比較してみたいと思います。





が以前に紹介した日本軍? 布製防塵眼鏡
は今回ご紹介する中国軍の物。

本来は並べる日本軍の防塵眼鏡革製の物が最適(望ましい)なのですが・・・(汗
手元には布製の物しかないのでご了承ください。

基本的な形状は両者酷似していますが
レンズの形状は全く異なります。(勿論材質も異なりますが



通気口有無もありますが紐部にも差異があります。



レンズ部
のアップ。

日本軍? 布製防塵眼鏡。ではレンズガラス製
中国軍の物はプラスチック(グラサン仕様)です。

またレンズの形状ですが
日本軍の物はレンズ両側とも同型同サイズですが
中国軍の物は片側幅が広い仕様になっています。

これは眼鏡着用者の装着を考慮して設計されている為でしょうか。
(とはいえ私の眼鏡の上からは装着出来ませんでした・・・)


日本軍の防塵眼鏡についてですが
布製、革製とありますがレンズ部の形状にも種類があるかもしれませんね。




さてこの中国軍の防塵眼鏡セットですが
日本軍の代用品として使用していこうかと思って購入しました。

試しに中田製兵用革帯に通してみましたが
少々キツメながらベルトループに通せます。



しかし兵用革帯余った末端を通すだけの裕は御座いません
(ループ部をオイルで柔らかくして慣らしていけば分かりませんが・・・)

う~ん。どうしたものか・・・

日本軍の実物は革帯を通すだけの余裕(幅)があったのでしょうか。
また実際に兵用革帯に通す物だったのか知りたい所でもあります。



さて続いては実際に防塵眼鏡嚢(ケース)携行している写真をご紹介したいのですが・・・
これが中々見当たりません・・・・(汗

一応見つけたのがこれになります。

こちらが大陸で入城する騎兵の写真になります。
下士官革帯右側には防塵眼鏡嚢と思しき物を装着しております。



こちらは大変有名な写真で日支事変初期の兵団長時代の東條閣下を写した物です。

後方の警護役と思われる憲兵防塵眼鏡嚢と思しき物を装着しているのが分かります。
(斜め掛けしている双眼鏡嚢も興味深いですね)


日本軍の防塵眼鏡嚢(ケース)にも種類があり、
スナップボタン式以外の物もあるのですが、この種類の違いが何なのか気になる所でもあります。


今回ご紹介した中国軍の物は代用品最適・・・かと思いきや
よく見ると蓋のスナップボタンのある位置が異なるようです。

中国軍の物は後側の蓋スナップボタンがくるのですが
日本軍のスナップボタン式の物は前部の蓋スナップボタンがくるようです。
(一慨には申せませんが・・・)

ですので中国軍の物を代用品として使用する場合、
スナップボタン外し位置を変えたうえで付け替える必要があると思います。

軍用品なのでボタンは中々頑丈で外れ難いとは思いますが…(汗


とはいえ、あくまで私の稚拙な考えですのでアテになるかどうか。


さてさて以上で中国軍 革製 防塵眼鏡&ケース (日本軍代用?) になります。

何だかんだ云って価格の割によく出来ていますので私はお勧め致します。


それでは今回は以上になります。


ではでは~

ノシ











同じカテゴリー(その他の装備)の記事画像
ロシア SSO製 3ポイントタクティカルスリング&SPLAV製? 1ポイントバンジースリング
ロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク) AKチェストリグ
ロシア SPLAV(スプラフ)社製 FORCE タクティカルグローブ&DOTニーパッド
サファリランド製 実物 グロック17用レッグホルスター 6005 左利き用
フィールドマスター(マックジャパン)製 ワンポイントバンジースリング OD色
ロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク)M AKチェストリグ
同じカテゴリー(その他の装備)の記事
 ロシア SSO製 3ポイントタクティカルスリング&SPLAV製? 1ポイントバンジースリング (2017-04-15 13:58)
 ロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク) AKチェストリグ (2017-03-25 21:02)
 ロシア SPLAV(スプラフ)社製 FORCE タクティカルグローブ&DOTニーパッド (2017-02-25 18:05)
 サファリランド製 実物 グロック17用レッグホルスター 6005 左利き用 (2017-02-04 20:12)
 フィールドマスター(マックジャパン)製 ワンポイントバンジースリング OD色 (2016-10-29 11:39)
 ロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク)M AKチェストリグ (2016-10-22 15:11)
Posted by アンチョビことチビ at 06:19│Comments(5)その他の装備
この記事へのコメント
http://www.ebay.com/itm/Imperial-Japanese-Army-articles-supplied-sunglasses-goggle-Super-rare-equipment-/380653402451?pt=LH_DefaultDomain_0&hash=item58a0b5f953
今さっき見つけたので詳細は分からないのですが、スナップ鈕式ケースの眼鏡はこれかもしれません。昭和二十年度の陸軍被服仕様書には載っていなかったのでそれ以前に廃止された物かと思います。
Posted by Fritz at 2013年06月06日 18:57
http://www.ebay.com/itm/Imperial-Japanese-Army-articles-supplied-sunglasses-goggle-Super-rare-equipment-/380653402451?pt=LH_DefaultDomain_0&hash=item58a0b5f953
今さっき見つけたので詳細は分からないのですが、スナップ鈕式ケースの眼鏡はこれかもしれません。昭和二十年度の陸軍被服仕様書には載っていなかったのでそれ以前に廃止された物かと思います。
Posted by Fritz at 2013年06月06日 18:57
>>Fritzさん

お久し振りです!Fritzさん!
実物のURLを貼って頂き有難う御座います!
内部の印もはっきり分かりとても助かります!
しかし眼鏡は蝶番の折り畳み式の物ではないのが興味深いです。

20年の仕様書には記載されていないとは・・・

わざわざ御教授下さり本当に有難う御座います!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2013年06月06日 19:32
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1451410#
142ページ
もう一回見直してみたらスキャンされていないだけでちゃんと「遮光眼鏡」が目次であったのでEbayの物はそれかもしれません。さておき、眼鏡ケースは防塵眼鏡の方でも革で留める物とボタンでとめる物が両方有ったみたいなので憲兵さんのケースはそれかもしれません。。
Posted by Fritz at 2013年06月06日 22:34
>>fritzさん

こんばんわ!fritzさん!
URL先を拝見させて頂きました!
嚢は2種類ありますね。併用して使われていたのでしょうか。
年代や私物、官給品の違いとばかり思っていました。

近代デジタルライブラリーは本当に便利ですね!
私も何度か陸軍服制を調べさせて頂きましたが
ネットでここまで調べられるのは大助かりです。

私の為にURLまで貼って頂き本当に恐縮です。
いつも本当に申し訳御座いません。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2013年06月07日 20:50
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。