2014年01月02日

日本陸軍 実物 兵下士官用 九八式代用冬軍衣(綿製冬衣)


    !!



さてさて新年最初のブログ更新をしたいと思います。

今回ご紹介する品はこちら!





こちらは日本陸軍 実物 兵下士官用 九八式代用冬軍衣(綿製冬衣) になります。

昭五式冬軍衣袴羅紗地ですが九八式では羅紗服に続いて綿製の冬衣も登場します。
代用衣袴」と呼称されていますが九八式制定後は戦地や内地でも多く着用されたそうです。
羅紗製冬衣限定されていたとも聞きますが。。。その詳細は未だ分かりません。

とはいえ外観には大きな特徴があるので写真から見分けるのは比較的容易かと思います。

私はこの代用衣(綿製冬軍衣)は結構好きでして7~8年前に何着か所有しておりました。
(結局売却してしまいましたが・・・)



綿製冬衣正面の画像。

一見して九八式夏軍衣に見えますが大分違いがあります。



綿製冬軍衣生地のアップ。

軍衣の表生地夏衣同じ色合いの綿生地のようです。



綿製冬軍衣正面上部の画像。



まずは襟部の画像。

襟のホック
も残っており問題無く開閉出来ます。



襟を立てた状態の画像。

解れや穴などはなく、問題無く立襟できます。



の画像。

金属製カーキベージュに近い色合いの物となっています。



胸部ポケットの画像。



こちらは腰部ポケットの画像。



開いた状態。

少々生地が解れている箇所が御座いますが・・・一応実用可能です。



こちらは袖口の画像。

他の軍衣同様に釦等御座いません。シンプルな作りです。



しかし・・・袖ののあたる部分には
画像のように当て布が縫い付けられています。

これが代用衣(綿製冬衣)1つの特徴でもあります。



続いては内装の画像。



この綿製冬衣のもう1つの特徴として内装部では中綿が入っております。
保温性はある事が分かると思います。



続いては検定印部の画像。

サイズは最小6号です。
昭和16年製、本廠検定

東京洋裁受託工場と読むのでしょうか・・・?
その工場が納めた物のようですね。



検定印部には内ポケットが設けられています。

内ポケット夏軍衣、冬軍衣(羅紗)でもお馴染みですね。






さて続いては九八式綿製冬衣(代用衣)夏軍衣を比較してみました。
ちなみにいずれも実物で御座います。

兵下士官用 九八式 夏軍衣(18年製3号)
は今回ご紹介する兵下士官用 九八式 綿製冬衣(代用衣)です。

大きさが異なりますがこれはサイズ違うことを御理解下さい。



上部の画像。

兵下士官用 九八式 夏軍衣(18年製3号)
は今回ご紹介する兵下士官用 九八式 綿製冬衣(代用衣)です。

この部分で外見上に大きな違いがあるのがお分かりでしょうか?



それは肩部構造です。

代用衣では肩の前部にも生地の繋ぎ目らしきものあるのに対し
夏軍衣では前部繋ぎ目らしきものありません



背面の画像。

後ろから見ると代用衣肩部の構造が分かると思います。

よく見ると生地の繋ぎ目はなく上から重ねて生地縫い付けられているのです。
つまりこの部分も当て布されているのです。

この部分は実際に手に取って見てみないと分からない部分ですね!
これも代用衣の特徴ですね。





続いては胸ポケットの画像。

兵下士官用 九八式 夏軍衣(18年製3号)
は今回ご紹介する兵下士官用 九八式 綿製冬衣(代用衣)です。

こちらも一見して両者変わらないように見えますが・・・
ポケットの蓋縫い付けに差異が御座います。



お次は下部の画像。

兵下士官用 九八式 夏軍衣(18年製3号)
は今回ご紹介する兵下士官用 九八式 綿製冬衣(代用衣)です。

軍衣の縦方向への縫い目有無が確認出来ますね。
これは既にお分かりのように夏軍衣冬軍衣との構造(内装)の違いによるものです。
冬衣(代用衣)は大変すっきりした印象ですね。



剣吊り部切り込みの画像。

兵下士官用 九八式 夏軍衣(18年製3号)
は今回ご紹介する兵下士官用 九八式 綿製冬衣(代用衣)です。



続いては袖部の画像。

兵下士官用 九八式 夏軍衣(18年製3号)
は今回ご紹介する兵下士官用 九八式 綿製冬衣(代用衣)です。

この部分は先ほど記載したように
代用衣には肘に当て布が御座います。
夏軍衣には御座いません。





続いては九八式冬軍衣(羅紗)と並べてみました。
ちなみにこちらも実物で御座います。

兵下士官用 九八式 冬軍衣(羅紗18年製)
は今回ご紹介する兵下士官用 九八式 綿製冬衣(代用衣)です。





上部の画像。

兵下士官用 九八式 冬軍衣(羅紗18年製)
は今回ご紹介する兵下士官用 九八式 綿製冬衣(代用衣)です。



軍衣の脇部の画像。こちらは前部



こちらは後部の画像。

兵下士官用 九八式 冬軍衣(羅紗18年製)
は今回ご紹介する兵下士官用 九八式 綿製冬衣(代用衣)です。

羅紗製の為かこの部分も代用衣と比べ少々違います。



続いては袖部の画像。

兵下士官用 九八式 冬軍衣(羅紗18年製)
は今回ご紹介する兵下士官用 九八式 綿製冬衣(代用衣)です。






続いては内装を裏返した状態の画像。

こちらは兵下士官用 九八式 綿製冬衣(代用衣)





こちらは兵下士官用 九八式 夏軍衣(18年製3号)





こちらは兵下士官用 九八式 冬軍衣(羅紗18年製)



以上、簡単ではありますが日本陸軍 実物 兵下士官用 九八式代用冬軍衣(綿製冬衣)の紹介になります。


代用衣(綿製代用衣)ですが・・・現在では実物しかないので是非複製品出て欲しい所で御座います。
羅紗服と違い価格も比較的安価になると思うのですが・・・(そうでもないかな・・・)
野外でも使い易いと思いますし。
しかし当て布など複雑な構造ですので・・・そもそも需要があるのかどうかも未知数ですね・・・

私はとても欲しいのですが・・・!

さて今回は以上になります、

ではでは~

ノシ








同じカテゴリー(・日本軍 実物 装備)の記事画像
日本軍 実物 九〇式鉄帽 大号 (篠原工房さま再塗装&内装)
日本海軍 実物 陶器製手榴弾
日本陸軍 実物 水嚢(折り畳み式布バケツ)
日本陸軍 実物 九五式軍刀 中期型(鞘なし) 
日本軍 実物 九〇式鉄帽 小号 (個人業者Fさま再塗装)
戦前 実物 日本軍 腕時計用ベルト 方位磁石付き
同じカテゴリー(・日本軍 実物 装備)の記事
 日本軍 実物 九〇式鉄帽 大号 (篠原工房さま再塗装&内装) (2017-03-18 19:57)
 日本海軍 実物 陶器製手榴弾 (2017-02-18 21:43)
 日本陸軍 実物 水嚢(折り畳み式布バケツ) (2017-01-14 19:09)
 日本陸軍 実物 九五式軍刀 中期型(鞘なし)  (2016-08-06 12:00)
 日本軍 実物 九〇式鉄帽 小号 (個人業者Fさま再塗装) (2016-07-18 19:39)
 戦前 実物 日本軍 腕時計用ベルト 方位磁石付き (2016-05-08 10:31)
Posted by アンチョビことチビ at 16:46│Comments(2)・日本軍 実物 装備
この記事へのコメント
あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
いやー、去年は今まで少しばかり米軍装備寄りだった私も、ついに日本軍のものしかかわない年でしたw
私もアンチョビ殿の後に続く皇軍の後輩として、頑張って収集・習得していきたいと想っているので今年もまたよろしくお願いいたします。
今年は、南方か代用装備が自分の中で流行りそうなので財布がシベリア状態にならないか不安ですw
Posted by らすかる at 2014年01月03日 17:55
>>らすかるさん

あけましておめでとうございます!(今更)
旧年は大変お世話になりました!
今年も何卒宜しくお願い致します!

素晴らしい品々を収集されましたね!
また私は昨年はサバゲなどのイベントには
後半全く参加出来ませんでしたのでとても羨ましく思います・・・!
今年も御活躍期待しています・・・!

今年は南方、代用装備か来そうなのですか・・!?
う~ん・・・!これは楽しみですね!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2014年01月05日 11:25
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。