2014年02月04日

海外製 複製 日本軍 三十年式銃剣用鞘 末期型

さてさて今回も日本軍複製品をご紹介したいと思います。

今回はツイッターで少しつぶやいていたこの品!


こちらは 海外製 複製 日本軍 三十年式銃剣用鞘 末期型 になります。


今年は末期装備熱いっ!!という情報を聞きつけて

「乗るしかない。このビッグウェーブに!」と思い

向こうが旧正月を迎える前に急遽購入しました。



銃剣鞘の全体の画像。

このは一般的な鉄鞘とは異なり大戦後期から登場するようになった木製鞘です。

それまでの鉄製の鞘とは異なる外観・仕様となっております。

ですので一目で特徴ある最末期のと分かると思います。

のアップ。

国防色(というよりカーキ?)に塗装されている箇所は木製です。

ですので重量は大分軽くなっておりますが、鉄鞘と違いその分厚みが御座います。


上部にある鞘止め部の画像。

の大部分は木製ですが鞘止め、鯉口金属製です。

鞘止めのネジマイナスネジでこれを外す事に鯉口取り出す事が可能です。

鯉口取りだした状態。

やはり海外製なのでがかなり御座います。

ですが刀身を抑える部分鯉口に付いていますので

微調整が比較的容易かと思います。

鯉口正面からの画像。

何やらデコボコして綺麗な口ではありませんが使用には問題ないでしょう。

しかし・・後に問題点が・・・!!




先端部(こじり)の画像。

先端部木製ではなくアルミ製と思われる物が装着されています。

また装着は接着剤が使われており取り外しは恐らく出来ないと思われます。


しかしながら鞘止め、鯉口、先端部はちゃんと金属が用いられており

実際に使用出来うる末期の品を再現されていると思います。


鞘の中央部付近の画像。

この複製鞘には他にも面白い特徴があります。


それは・・・


それはこのには、2箇所平紐らしき物が巻かれた上で接着されているのです。

責金のような役割なのか、単に鞘を保護する目的なのか。

塗装されており外観はあまり良いとは云えませんね・・・(汗


上部、下部からの画像。

海外製なので不安でしたが一応、真っ直ぐに出来ております。

さてさて続いてはこの複製末期型鞘銃剣挿入可能か試してみたいと思います。

用意したのはいずれも複製品KTW製)、ウインドラス製)の銃剣です。


まずはKTW製複製銃剣を挿してみましょう。

どうでしょうか・・・!


結果・・・!

収納(挿入)可能ですが刀身の抑え利かないので

銃剣は常にグラグラします・・・

この状態で使うと刀身が揺らされ破損する恐れがあるかもしれません。


ですが大丈夫です!

鞘止め部ネジを外し鯉口まで分解して

刀身を抑える部分をペンチなどで調節すれば良いのです!

続いてはウインドラス製銃剣との組み合わせ。

これは果たして・・・!



結果・・・うう~ん?入らない!?

私の個体は何故か画像のように刀身の途中までしか挿入出来ませんでした。

の所有の同複製品ウインドラスの銃剣収納可能だったそうなのですが・・・

う~んこれは納得いかない!原因は何でしょう?


原因はやはり鯉口にありました。

どうやら私の個体口の径小さかったようで

刀身が太くなる根元部分には見事に干渉してしまいます。

俗にいう「ハズレ」個体ですね!(汗


ですが収納出来ない事はありません

削るなりして拡げてしまえば良いのです!

したがって・・・個体によっては要加工・・・海外製ゆえでしょう(汗


ネックとなる鯉口の画像。

まぁ調整する楽しみも味わえる・・・と云えるかもしれませんね!


他の複製品と並べた画像。

他の物には布製覆いを装着しています。


さて以上で海外製 複製 日本軍 三十年式銃剣用鞘 末期型 の紹介になります。

この海外製の末期鞘ですが出来はチープと思われるかもしれません。

(しかし実物もそんな物なのかもしれません)


ですが末期の軍装にはこれほど最適で恵まれたアイテムはないでしょう。

このには複製品の銃剣ではなく柄の真っ直ぐな末期仕様銃剣が最適かもしれません。


さて今回は以上になります。


ではでは~

ノシ






同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢
中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐)
中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴
海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴
中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋
海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢 (2017-08-12 17:27)
 中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐) (2017-07-29 12:53)
 中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴 (2017-06-17 11:37)
 海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴 (2017-05-27 19:42)
 中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋 (2017-05-20 19:24)
 海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢 (2017-05-05 11:16)
この記事へのコメント
実物の末期鞘を、親爺が持ってました。平紐の上から塗装が有りましたね!先端の三角こじりが四角になった仕様でしたよ。竹筒鞘も資料の中に確認したことが有ります。

貴方もお若いようですが、日本軍が好きな仲間が居ることは嬉しいですね!ありがとうございます。
Posted by モフモフ軍曹 at 2015年06月21日 07:44
>>モフモフ軍曹さま

はじめまして!モフモフ軍曹さま!
実物も平紐の上から塗装が施されているのですね!
貴重な情報を御教授頂き本当に有難う御座います・・・!

私も日本軍好きな方々から書き込みを頂きまして
本当に嬉しく思います・・・!
これからも何卒宜しくお願い致します!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2015年08月01日 08:34
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。