2014年02月11日

個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 官給白色夏襦袢

さてさて今回も日本軍複製品をご紹介したいと思います。

今回もあの業者さまの品で御座います!

まずはいつも通り画像から!

こちらは個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 官給白色夏襦袢 で御座います。

御紹介するのをすっかり忘れていました・・・!(汗

私は複製防暑襦袢は多く所持しているのですが立襟(ヘンリーネック)の冬襦袢、夏襦袢はまだ数は少ないのです。

冬場冬軍衣の下に冬襦袢を。さらに外套を着込みますが

少し暖かくなったり涼しくなると夏軍衣の下にはこの襦袢が最適です!

(ちなみに夏場はさすがに略衣か防暑襦袢じゃないと暑くて・・・)


という事で今回はSさま製夏襦袢をご紹介致します!


襦袢の生地のズーム画像。

襦袢の生地薄手ながら独特の肌触りがあり雰囲気は抜群です。

綿カスが付いているのもまた素晴らしい雰囲気を醸しだしています。

色合いは白色というより生成り色と云えるかもしれません。


白色なので写真を撮っても上手くはっきり写り難いのですが・・・(汗

細部をご紹介していきたいと思います。

まずは襦袢正面上部の画像。


襟部のアップ。

独特の立襟の形状整っており綺麗

釦とボタンホールの位置も良く問題無く開閉が行えます。

のズーム画像。

画像では少々分かり難いのですが一見何の変哲もない白色

この襦袢の為に製作されたです。

1つにも拘りが伺えますね・・・!


前部の開いた状態。

内装の裏面(背面)に注目です。

これは背面上部にある襦袢特有の折り込みによるものです。

この部分も勿論再現されております。

続いては胸部ポケットの画像。


胸ポケット貼り付け型長方形に近い形状です。

斜め向いておりこの特徴も見事再現されております。

こちらは前部釦部の画像。

左側ボタンホール表に出る面

右側隠れる面です。

隠れてしまう部分でもソツの無い作りとなっています。


続いては下部裾部丈部)の画像。

は前面、は後面になります。

前面下部の左側には検定印が御座います。

よく見ると面白い事に前面の裾緩いカーブ描いている形状なのに対し

後面直線に近い真っ直ぐな形状になっています。


袴の下(中)に入れますのであまり気にならない部分かもしれませんがここにも違いが御座います。


検定印のアップ。

サイズ小号

昭和13年製大支検定

Sさまを表す御名前と特徴である野狸納が印字されています。


脇部の画像。

防暑襦袢のような熱地被服では無いので

(後に夏襦袢として一元化?されるそうですが)

脇下には通気孔などは御座いません



袖部の画像。

釦1つで留めます。

独特な作りで袖口になるにつれて絞られる構造になってます。

画像は左腕裏側の画像ですが

生地の繋ぎ目と思しき箇所が2箇所ありますが

片方折り込んで縫い付けられているものです。


中々手間の掛かる独特な作りをしています!

袖部裏表の画像。


最後に内装部の画像。


さて以上で個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 官給白色夏襦袢 の紹介になります。


これから暖かくなる季節にこの官給襦袢はもってこい!と思います。

軍衣の下ビシっとキメてみては如何でしょう?私はお勧め致します!


ただ色付き(茶褐色)の物と違い襟裏や裾部はどうしても汚れが目立ち易くなると思います。

こまめな洗濯は勿論ですが予備でもう1着購入されるのも良いと思います!


さて今回は以上になります!

ではでは~


ノシ







同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒
個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽)
国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革
中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ②
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒 (2017-04-22 19:23)
 個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽) (2017-04-08 20:59)
 国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革 (2017-03-11 18:58)
 中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ② (2017-02-11 17:03)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴 (2017-01-21 21:24)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢 (2017-01-03 00:35)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。