2014年03月08日

個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 九六式防寒帽 鼻覆い付

皆さんおはこんばんちわ

今回も日本軍複製品をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは待ちに待ったこちらの品・・・!

こちらは 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 九六式防寒帽 鼻覆い付 になります。

個人業者Sさま新製品はまさかの防寒帽・・・!

初めてこれを知った時は驚きつつ興奮が覚め止まない程でした。

まさにサプライズ!これは貴重な複製品に違いありません!

Sさま外套もあるし憧れの「あの軍装」もしたいのでこれは買いだ!と思い

早速購入致しました!


Sさま製九六式防寒帽前後全体画像。

防寒帽は今まで何個か当ブログでご紹介して来ましたが

今回ご紹介するSさま製防寒帽は今までに無い特徴が御座います。

ちなみに以前にご紹介した日本軍複製防寒帽の記事は以下になります。

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e258251.html (中田製日本陸軍防寒帽)

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e464720.html (大陸製日本陸軍防寒帽)


まず毛皮ですが白と薄茶色混ざった長毛仕様の毛皮で御座います。

防寒帽には短毛と長毛2種類あるそうですがSさま長毛仕様を再現されております!

手触り、肌触りよく中々の毛皮です。被ってみてもとても温かいです!


防寒帽本体生地の画像。

(すいません・・・私の髪の毛が付着してますね・・・)

防寒帽の本体生地黄色分の強いカーキ色羅紗生地が使用されております。

羅紗生地実物生地を使用する方法もありますが

類似生地チョイスするのは本当に難しい事だと思います。

しかしSさま昭五式冬軍衣袴、外套、略帽羅紗生地製品を送り出しており

高い評価を受けております。実物や規定書はもとより今までの製品のノウハウも活かして

今回の防寒帽は形になったと云っても過言ではないと思います。


防寒帽側面からの画像。

毛皮が長く少々細部が見難いですがこれがまた良い味を出しています。

何度も被る事によって毛皮曲がったり折れたり、また抜けたりしますので

自然に短くなってくると思います。



左右耳当て展開した状態の画像。

カーキ羅紗長毛の毛皮も相成って中々風格のある風貌です。

位置、その数も拘りが見られます。

中には外見からは分からない位置釦用ループがあったりと

細かい部分も再現されております。

の画像。

防寒帽の釦茶色の4つ穴仕様ボタンです。

これが各所に縫い付け固定されています。

こちらは防寒帽正面の星章の画像。

サイズも規定通り拘って作られた品で御座います。

黄色のは適当なフェルトや反射するような生地ではなく黄色の綺麗な羅紗生地で御座います。

上部から見た防寒帽の画像。

生地繋ぎ目の縫い目、裁断均等で丁寧そのもので御座います。

勿論、防寒帽の頂点部には画像のように突起も備わっています。

耳に当たる部分覆いも再現されており、左右とも勿論展開出来ます。

続いては防寒帽下部からの画像。

毛皮の毛並みの良さが分かり易いですね。

本当に暖かそうです・・・!

防寒帽の顎紐の画像。

Sさまの防寒帽にも勿論顎紐が備わっております。

平織りの紐で日本軍の装具類によく見られる茶褐の色合いを再現されています。

防寒帽内装(裏地)部分の画像。

ここにも特徴があり注目すべき箇所であると思います。

内装部には画像のように四方が吹き抜けになった当て布縫い付けられております。

さらに驚きなのが実物同様に手縫い!という点です。

恐ろしく手間の掛かる作業です・・・

当て布にある検定印部の画像。

サイズは大号
昭和11年製。本廠検定。
その横には氏名記入欄が御座います。

 

またここで注目すべきなのが

内装部の当て布以外にも実は裏地のある箇所に

画像のようにサイズと製造年と本廠検定を表すが御座います!

どこにあるかは明記しませんが・・・(是非購入してご確認下さい!)

このような部分も省略せずに見事再現されておられます!

まさに感服致します。

さらにさらに驚きなのは内装部の裏地、当て布四方吹き抜け)は

それぞれ別の生地なのです。

画像は裏地の拡大画像ですが

実物通り裏地と当て布はそれぞれ材質が異なるのです。

材料にしましてもコストが掛かってますね。

また裏地、当て布双方とも手縫いで仕上げられております。

さて続いては鼻覆いの画像です。

私は鼻覆い付属品として付くのは全く存じませんでした・・・

ですのでSさま防寒帽にセットで付属するのはとても嬉しいです!

生地はやはりカーキ羅紗生地裏面には毛皮が備わっております。


防寒帽装着するための紐部の画像。

この丸紐防寒帽にあるへ装着します。

実はこの状態で長さ調整出来、単純な構造ながら確実に固定出来るようになっております

うう~ん・・・細かい・・・!

装着するとこんな感じでしょうか・・・?

ちゃんと鼻に合わせた形状になっておりますので

中々面白い外観になりそうですね!

試しに管理人(私)が装着してみた画像。

鼻覆い両端下防寒帽内に入れています。(多分間違ってますね・・・)

さてお次は手持ちの複製防寒帽と並べてみました。

が今回ご紹介するSさま製防寒帽

中田製複製防寒帽

大陸製複製防寒帽です。


側面の画像。

真ん中が今回ご紹介するSさま製防寒帽

中田製複製防寒帽

大陸製複製防寒帽です。

生地は勿論な事細部かなり異なりますね。

内装部の画像。

が今回ご紹介するSさま製防寒帽

中田製複製防寒帽

大陸製複製防寒帽です。

内装省略されていたり検定印省略されていたりしております。

顎紐の材質異なります


正面星章の画像。

が今回ご紹介するSさま製防寒帽

真ん中中田製複製防寒帽。(実物の物を縫い付けています)

大陸製複製防寒帽です。

真ん中中田製には実物として購入した物を縫い付けているのですが・・・

私の縫い付けが悪かったせいか円の端が痛んで来ていますね(汗 

むしろ結構痛んでます。殆ど使っていないのに・・・トホホ


さてここからは私が長年・・・再現したかった軍装の画像を。。。!

それはやはり・・・私の祖父の軍装です!

画像は大陸での上等兵時代の祖父の姿で御座います。

編上靴戦闘巻巻脚絆、革帯銃剣

そして昭五式外套にそして防寒帽の軍装です。

シンプルな軍装ながら外套にこの防寒帽の姿が

如何にも異国の地を踏んでいる・・・という思いがし

私にはとても印象深かった一枚でした・・・!

そして今回、Sさま昭五式外套、そして防寒帽のおかげで

全て複製品を用いて祖父の軍装を再現する事が出来ました・・・!

外套のサイズ、短毛仕様の防寒帽など差異が御座いますが)

感動です・・・!嬉しいです・・・!!素晴らしいです・・・!!!


この場を借りてSさまに感謝申し上げます。

本当に素晴らしい品々を御提供して頂き本当に有難う御座いました!

大切に使っていきたいと思います!!



勿論、当時の祖父とは違い現在の御国の為御奉公してはおらず

怠惰の日々を送っており肉体的にも精神的にも当時の祖父とは大きな差が御座います(汗


ですがこのような日々が過ごせるのも古人の方々の辛い努力・・・

文字通り血と汗とそして涙の努力があったからこそだと思います。

たかがコスプレしてるのに何言ってんの??と笑われる方いらっしゃるかもしれませんが

この趣味をする傍ら先人に感謝する事を忘れないようにしたい考えています。

それにしても久し振りに着装しましたが・・・

巻脚絆の巻き方がなってませんね(汗


さて以上で個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 九六式防寒帽 鼻覆い付 紹介になります。

中田製、大陸製など御座いますが…Sさま防寒帽鼻覆い付きですのでお勧めです!

もう3月に突入し暖かくなる時期ではありますが・・・

羅紗生地少なくなって来ているそうなのでいつ売れ切れになるか分かりません。

是非この機会にご購入を検討されてみては如何でしょうか?


さて今回は以上になります。

ではでは~

ノシ








同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴
海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴
中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋
海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢
国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒
個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽)
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴 (2017-06-17 11:37)
 海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴 (2017-05-27 19:42)
 中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋 (2017-05-20 19:24)
 海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢 (2017-05-05 11:16)
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒 (2017-04-22 19:23)
 個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽) (2017-04-08 20:59)
この記事へのコメント
こんばんは。

私もS様の昭五式冬軍衣袴や旧式憲兵マントで、生地の素晴らしさを実感しておりますので、アンチョビ様の今のテンションは、さぞMAXでしょうね(笑)。しかし素晴らしい作りですね。

ご祖父様と全く遜色のない軍装写真、それがハイクオリティーのS様一式で、、、蒐集おめでとうございます。
Posted by 剃刀参謀 at 2014年03月08日 19:27
>>剃刀参謀さん

こんばんわ!剃刀参謀さん!
今思うと・・・憲兵マントは本当に惜しかったです・・・
旧式のマントなどは生地の関係で売り切れのようで
気になっていた物だけに。。。残念です・・・!

この防寒帽の生地はやはり素晴らしいですね!
これからの季節には不要になりますが・・・
使える日が来るのが楽しみです!

祖父と私の軍装写真ですが・・いやぁお恥ずかしい限りです(汗
微妙に私の方が足が短く見えて貧弱ですね(当然なのですが)
ですが私にとって1つの夢がかないました・・・!
本当に本当に嬉しいです!この日が来るとは思いもしませんでした!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2014年03月09日 21:09
御祖父様の軍装再現おめでとう御座います。
全てレプリカで同じ装備、ポーズで写真を再現出来ると言うのは素晴らしいですね。
自分も曽祖父が騎兵でしたので、曽祖父の軍装を再現するのが一つの夢です。
Posted by かじめかじめ at 2014年03月10日 21:15
>>かじめさん

有難う御座います・・・!
軍装を収集して1つの節目を迎えたような・・・
そんな気持ちで御座います!

曽祖父殿は騎兵をされていたのですね!
長靴や拍車など少々難易度が高いかもしれませんが・・・
頑張って収集されて下さい・・・!応援させて頂きます!
この軍装も数年前まではとても再現出来ない・・・と諦めかけていましたが
実現しました!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2014年03月10日 21:30
https://www.sandgraf.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=219&products_id=2618
初めまして
こんなのを見つけたのですが、
もしかして
昔紹介されていた革帯ではないでしょうか?
参考までに見てみてください。
Posted by 名無し at 2014年03月11日 20:56
>>名無しさん

はじめまして名無しさん!URL先拝見致しました。
確かに以前に御紹介した海外製の革帯に酷似してますね。
ただ確信は持てませんが・・・
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2014年03月13日 20:29
おぉ!
お祖父様の軍装を再現なさるとはなんと素晴らしいのでしょうか。
こちらのブログは結構前から拝見させていただいておりますが、私も祖父の軍装を再現したい!と思っています!(既に前コメの同志が・・・)
私の祖父はお二人共、陸軍の衛生(南方では衛生兵、大陸では輜重隊。チョビ様のお祖父様と同じ軍装をされている写真も発見しました。)兵長と飛行少尉なのですが、少尉殿の方の軍装がお高くてw
いまは兵長殿の方の南方軍装に力を入れています!
これからも、ブログ更新、頑張って下さい!
Posted by 白柴 at 2014年03月26日 23:55
>>白柴さん

お褒めに預り恐縮でございます・・・!
この趣味をなされている方でしたらやはり祖父、曾祖父殿の軍装に興味を持たれますね・・・!

白柴さまの父方、母方の祖父殿はお二人とも陸軍で従軍されたのですね!
当時の話や手記など思い出がたくさんあられると思います。

私は小学生の頃、よく写真と一緒に聞かして貰ったのですが
あまり記憶に無いのが残念でなりません・・・!

兵長殿、少尉殿の軍装、揃えるとなりますと
大変お高く時間も掛かると思いますが・・・不可能では御座いません!
諦めず収集頑張って下さい・・・!応援しております・・・!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2014年03月29日 23:12
こんばんは。

S様より、新商品の45式曹長肩章を早速購入致しました。
本羅紗の赤タン生地で色合いも綺麗、また厚みもある大満足の逸品です。
アンチョビ様も冬衣袴や外套に如何でしょうか?グレードアップしますよ。
Posted by 剃刀参謀 at 2014年04月23日 19:26
>>剃刀参謀さん

御返事遅くなり申し訳御座いません!

何とっ・・・!曹長用の肩章が遂にS様より発売されたのですね・・・!
うう~ん・・・これは大いに気になります・・・・!
曹長用の物は中田製を2つしか所有しておりませんので
細部がどのくらいまで作られているのかこの目で確かめてみたいですね・・・!
貴重な情報有難う御座います・・・!

ですが・・・予備に一等兵用や上等兵の物を新規に購入したいとも考えておりますので
悩みます(笑
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2014年04月27日 18:12
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。