2014年03月15日

でくの房さま製 複製 日本軍 三十年式弾薬盒 前盒

さてさて今回も日本軍複製品をご紹介したいと思います。
今回ご紹介するのは旧軍革装備品で有名のあの業者さまの製品です!

まずはいつも通り画像から!



こちらは でくの房さま製 複製 日本軍 三十年式弾薬盒 前盒 になります。

皆さん既に御存知の通りでくの房さま旧軍小銃用負革など多彩な革製品を製作販売されておられる業者さまで
私は何度も御世話になっております・・・!

ちなみにでくの房さまの製品を紹介した記事は以下になります。

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e511112.html (でくの房さま製 複製 日本軍 軽機用弾倉嚢)

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e433449.html (でくの房さま製 複製 八九式重擲弾筒用 引き革&外被)

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e412071.html (でくの房さま製 複製 小銃実包紙箱&拳銃実包紙箱)

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e404021.html (でくの房さま製 複製 日本軍 騎兵銃用負革)

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e392588.html (でくの房さま製 複製 弾薬後盒 小銃ネジ回し(転螺器)収納付)

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e357015.html (でくの房さま製 複製 日本軍 十一年式軽機関銃用前盒)

でくの房さまは過去に弾薬盒の前盒を製作販売されていたのですが

以前よりとても気になっていた品で(欲しかったのですw)

この度、最新版前盒を入手する事が出来ました・・・・!



でくの房さま製三十年式弾薬盒の全体画像。

良い外観でしょう!余裕の貫録だ、馬力が違いますよ!(コマンドー)
・・・っと冗談をかますのは手に入れれて嬉しいからで御座います(笑

前盒ですがやはり素晴らしい仕上がりで御座います。
革質(ここ注目点!)、縫い糸縫い目、色合い、の丁寧さ
そして忠実さは恐らく複製弾薬盒の中でも頂点に立つ逸品なのは間違いないと思います。

それ程素晴らしく今まで無かった品なのです。。。!






上下から見たでくの房さま製弾薬盒の画像。





こちらは左右側面から見た前盒の画像。

一見して何の変哲もない前盒に見えますが特徴のある部分が御座います。



前盒正面の画像。

私はこの正面からの外観がとても良く出来ていると感じています。
皆さんは如何でしょうか?



それはつなぎ革絶妙なバランスです。

勿論一慨には云えませんが実物では本体部大きく
それに伴いつなぎ革が比較的小さくなっていると思います。



またつなぎ革縫い目二箇所本体側二箇所とあるのも特徴です。

この特徴ある形状と仕様を再現されている複製品は・・・中々御座いませんでした。
しかしでくの房さまでは見事に再現されておられます・・・!






実際に弾薬盒の前盒形状や縫い目がはっきり見える当時の写真はあまり多くはないですが
それでも特徴的な形状が見て取れると思います。



こちらは上部蓋止め革のある部分。

縫い付け丁寧でかつしっかりしています。



固定するための蓋止め革の画像。

先端の形状綺麗な形重要な曲がり癖もちゃんと付いており問題御座いません



またここで面白い(興味深い)のが上部にあるループ
蓋止め革の先端が通り難くなっている事です。

脱落防止
も含めてこのようになっているのでしょうか。



こちらは蓋止め革固定する為の金具です。

エッジも無く綺麗な形状をしています。
問題無く革を固定出来るでしょう!





さて続いては開いた状態の画像です。

ここで余談ですが・・・このでくの房さま弾薬盒が届き
驚いたのが開き易さで御座います。

新品の状態だからかもしれません・・・が
この開き易さには本当に驚きました!

左右蓋止め革外すと自然と開くような
とても軽く開くのです。

恐らくつなぎ革絶妙なバランスがこれを可能にしているのではないでしょうか。
逆にし難い部分もあるのですが開け易い閉め難いかのいずれが実戦的かというと
云わずともお分かりになると思います。



にはでくの房さま製を表すが打たれています。

贋作防止用の処置のようですね。






こちらは前盒内部の画像になります。

この内部にも特筆すべき箇所がいくつも御座います・・・!

それにしても弾薬を入れるのは勿体ない(美しい)仕上がりです・・・






内部固定金具を除く面を除いて
ほぼ表革が使用されております。

また驚きなのが部位によって革質異なるのです!

多脂牛革,堅牛革のいずれかを使用されており
内部仕切りには堅牛革を。
つなぎ革蓋止革ループには多脂牛革を。

そしてさらにさらに弾薬盒本体多脂牛革裏側(内部)は堅牛革
部位によって異なる革が使用されているのです・・・!

このを用意するだけでも手間だと思うのですが
この部位によって使い分け切り分け加工
場合によっては何重にも重ね縫いするのです・・・!

気の遠くなるような作業です・・・本当に。
このような精巧な作業でくの房さまだからこそ成し得たと思います。

でくの房さまブログにはこの前盒製作過程の記事が投稿されておりますが
必見で御座います・・・!

詳細が分かるだけでなく購入意欲がそそられると思います!



金具が打たれている裏側の画像。

左右のここのみ裏革です。
金具の固定しっかりしており上質な革も相成って実用の最適と云えると思います。




こちらは前盒後面の画像。

ベルトループ縫い付けも丁寧でしっかりしております。
ループの幅もありますので各社製兵用革帯問題無く通せる事でしょう。

しかし最も最適なのは同じくでくの房さま製兵用革帯かもしれませんね・・・!
(こちらも・・・いずれ・・・!!)



さてさてお次は恒例の海外製との比較をしたいと思います。

三十年式弾薬盒は画像のように現時点で3セットになりました。
(ちなみに俗に九九式と呼ばれている後期型弾薬盒は除いています)



海外製前盒3~4年前に購入した物で当ブログでも2011年に御紹介致しましたね。

ちなみに該当の紹介記事は以下になります。
http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e226075.html (海外製 複製 三十年式弾薬盒)

画像の予備用未使用品(オイル塗付済み)

サバゲなど野外メインで使用している使い古した物です。

この海外製を入手した際は革質つなぎ革の仕様に喜んだのを覚えています。

ですがようやく1セット御役御免になる時が来たようですね・・・

それでは早速みていきたいと思います。

が以前に御紹介した海外製複製三十年式弾薬盒

が今回ご紹介したでくの房さま製複製三十年式弾薬盒です。

1個ずつ並べた画像。

が以前に御紹介した海外製複製三十年式弾薬盒

が今回ご紹介したでくの房さま製複製三十年式弾薬盒です。

前後の画像になりますがやはり差異があるのがお分かりになると思います。


からの画像。

上下からの画像。

が以前に御紹介した海外製複製三十年式弾薬盒

が今回ご紹介したでくの房さま製複製三十年式弾薬盒です。



左右からの画像。

が以前に御紹介した海外製複製三十年式弾薬盒

が今回ご紹介したでくの房さま製複製三十年式弾薬盒です。

如何でしょう?

両者大分異なっているのがお分かりになると思います。

それでは簡単に異なる箇所を見ていきたいと思います。




まずは蓋止め用の金具位置になります。

が以前に御紹介した海外製複製三十年式弾薬盒

が今回ご紹介したでくの房さま製複製三十年式弾薬盒です。

画像をご覧になってお分かりの通り

金具は位置海外製上目でくの房さま製下目になっております。

これにより蓋止め革海外製では余裕(遊び)があるのに対して

でくの房さま製ピンッと伸ばして金具に装着する印象ですね。

関連してこちらは蓋止め革固定する金具の画像。

が以前に御紹介した海外製複製三十年式弾薬盒

が今回ご紹介したでくの房さま製複製三十年式弾薬盒です。

少々形状異なりますね。

前盒正面の画像。

が以前に御紹介した海外製複製三十年式弾薬盒

が今回ご紹介したでくの房さま製複製三十年式弾薬盒です。

やはりこの部分にもかなり差異が御座いますね。

例えばとつなぎ革の部分ですが

海外製ではつなぎ革縫い易くする為真っ直ぐな形状をしておりません。

惜しい事にこれによって外観が少々異なる物になっています。


またつなぎ革の長さも若干異なり

海外製では少々縦幅があるようですね。


さらに内部仕切り革への縫い目の長さも違うように見えますが

これはつなぎ革位置や長さが異なるが故の物だと思われます。


そもそも弾薬盒自体のサイズ違うように見えますが

これは実は弾薬盒の形状が若干違うからです。

で貼りました側面からの画像を見ればお分かりになると思いますが

左右から見た弾薬盒本体の形状台形に近い形ですが

海外製ではその底辺が若干長くなっているのです。

またでくの房さま製では本体厚みありこの違いが両者の大きさが異なるように見せているのです。

蓋の縫い糸処理の画像。

が以前に御紹介した海外製複製三十年式弾薬盒

が今回ご紹介したでくの房さま製複製三十年式弾薬盒です。

蓋の形状だけでなく縫い糸の処理にも差異が見られます。

でくの房さま製では何と縫い糸表から出て側面へ繋がっているのです。

ですので左右下の端は特徴のある仕上がりとなっています!

(勿論実用には問題御座いません)



ちなみに蓋表の縫い糸はこのようにして側面の生地へ縫い込まれています。

が以前に御紹介した海外製複製三十年式弾薬盒

が今回ご紹介したでくの房さま製複製三十年式弾薬盒です。

でくの房さま生地の真ん中を通っており強度的に心配なさそうですね。

対して海外製大分端に通っておりますがこれも手間の掛かる作業には間違い御座いません。



蓋止め革の画像。

が以前に御紹介した海外製複製三十年式弾薬盒

が今回ご紹介したでくの房さま製複製三十年式弾薬盒です。




開いた状態の画像。

が以前に御紹介した海外製複製三十年式弾薬盒

が今回ご紹介したでくの房さま製複製三十年式弾薬盒です。

やはり内部は大分差異が御座います。

そもそも開いた状態本体の径が異なりますね。

これは革の厚さなどもありますが

そもそも構造上大きな違いがあるからです。

で御紹介しました通り、でくの房さま製多脂牛革,堅牛革の2つの革を使用しており

本体側多脂牛革,堅牛革2つの革を重ねているのです。

ですので厚みもやはり異なってくるのです・・・!

ですので開いた状態本体上部(口周り)周囲には

でくの房さま製では多脂牛革,堅牛革2つを縫い合わせているので縫い目が御座います

対して海外製では本体1枚の革のみですので薄く、勿論縫い目御座いません

本当に大きな違いです。



内部仕切り革の画像。

が以前に御紹介した海外製複製三十年式弾薬盒

が今回ご紹介したでくの房さま製複製三十年式弾薬盒です。

真ん中にある仕切り革は両者とも3枚の生地を重ねた物です。

しかし海外製では3枚の仕切り革上部に縫い目存在しません

省かれておりますね・・・

弾薬盒後面の画像。

兵用革帯へ通す為ループの位置も異なりますね。

でくの房さま製は若干下目海外製上目といった感じで御座います。



さて以上で簡単な比較となります。



今回、でくの房さま弾薬盒の前盒を入手し・・・
これでようやくでくの房さま製弾薬盒のセット前盒と後盒)が揃いました!

画像の後盒は以前に御紹介した小銃ねじ回し収納器付きの物です。
これもでくの房さましか唯一製作販売されていない物と思います。

弾薬盒は様々な複製品が御座いますが
私は今回ようやく納得のいく逸品が手に入ったと実感しました。
本当に形状、細部ともに素晴らしい出来です!

軍装被服から装具まで拘るとキリが御座いません。
勿論着こなしも重要ですし髪型も重要かもしれませんが
歩兵装備をするのなら弾薬盒重要で御座います!
やはり目のいく箇所ですので私はでくの房さま製をお勧め致します・・・!

さて今回は以上になります。

ではでは~

ノシ






同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒
個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽)
国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革
中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ②
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒 (2017-04-22 19:23)
 個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽) (2017-04-08 20:59)
 国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革 (2017-03-11 18:58)
 中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ② (2017-02-11 17:03)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴 (2017-01-21 21:24)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢 (2017-01-03 00:35)
この記事へのコメント
やはり良いメーカー?の物は違いますね
自分の持っている物は革の質が悪くグニャグニャ、蓋止め革が長すぎて弾薬盒が開いてしまう、中は革を適当に接着剤止めという凄まじい物でした・・・
Posted by ねっしー at 2014年03月16日 21:21
>>ねっしーさん

私はこれで理想形の弾薬盒を入手出来ましたが
比較に用いた海外製や他の複製品が悪いと決して云えません。
と云いますのもやはり使い込み手入れすると雰囲気、貫禄が自然に出てくるからです。
ですので使い込んでみるとお勧め致します!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2014年03月17日 20:39
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。