2014年03月29日

キングアームズ 電動ブローバックガン トンプソンM1928

さてさて今回は久し振りに日本軍装備以外のカテを更新したいと思います。

今回はトイガンをご紹介したいと思います。

まずはいつも通り画像から!

こちらはキングアームズ(King Arms)製 電動ブローバックガン トンプソンM1928 短機関銃(SMG)になります。

久し振りの電動ガン・・・!しかし何故かトンプソン・・・!

まぁ皆さん御察しの通り、サバゲ日本軍装備鹵獲火器として使うつもりなのですが・・・

今まで私はトンプソン東京マルイ製、スノーウルフ製を所有しておりました。

しかしこれらはモデルM1A1であり鹵獲設定にしましても大分後期になるのでは・・・?と

常々考えておりました。

同じトンプソンでもM1928が望ましいのですが

数年前まではCAWキットKAのなんちゃってM1928しかありませんでした。

ですが最近になって同じくKA(キングアームズ)からちゃんとしたM1928が発売されている事を知り

早速購入致しました・・・!

いやぁ・・・日本軍装備以外でここまで高価な物を購入したのは久し振りです(汗


まずはの画像からではなくから・・・!w

M1A1なんちゃってM1928の物ではなくちゃんとしたM1928の写真がプリントされた物になっています。

ちなみに日本国内に入れにあたって国内の銃刀法に適合するようにには初速を計測して記載した表が貼られています。

(輸入トイガンならではですね)

箱は大型ですが画像のように取っ手も付いています。

便利なので中々評価出来ますね・・!

説明書の画像。

此処にも日本仕様の初速に調整し表にした紙があります。

説明書薄く同社M1A1の物を流用していますが

M1928のページも付け加えられています。


ここからはお待ちかねのトンプソンM1928本体の画像を。

この形・・・欲しかったけど中々手に入らなかったのです・・・!

ようやくM1928が手に入りました・・・!

ちなみにフルメタル製ですがアルミ、亜鉛合金が殆どと思われます。

ですが重量感は中々です・・・!

M1928の特徴でもあるマズルブレーキ(コンペンセイター)の画像。

M1921やM1シンプルマズルも好きなのですが・・・

このマズルブレーキがあると豪華に見えますね。

放熱フィンのある銃身象徴的フォアグリップの画像。

短機関銃(SMG)でありながら放熱フィンを備えながら

射撃のコントロールを安定させるためのフォアグリップとの組み合わせは

新旧の発想が垣間見えます。

しかしちょい不安なのが・・ポッキリ折れないかです。

フォアグリップはかなり負荷が掛かりますので・・・




続いてはレシーバー部の画像。

M1A1と異なり太く四角い形状ですね。

コッキングハンドル上面にあるのも特徴です。

コッキングハンドルの画像。

この銃は電動ブローバックなのでメカボックスのピストン連動する形で動きます

フルストロークはしないようですね。

ちなみに私は電ブロ(EBB)というのはあまり好きではなくて・・・(汗

勿論ブローバックした方がリアルなのですが・・・

いずれこの機能オミットする予定です。


安全装置(セーフティ)セミ/フルの切り替えはそれぞれ独立した(別々)のスイッチとなっています。

スイッチ(レバー)の形状M1と違い廉価な物ではありません。

レシーバー両側面にある刻印の画像。


続いてはリアサイト部の画像。

画像は折り畳んだ状態リアサイトの画像。

勿論この状態でも狙えるようになっていますが・・・

高さ低く小さいせいかコッキングハンドルが邪魔で視界を遮るように思えるのは私だけでしょうか?

ちなみにリアサイト顔を目一杯近付けてサイティングするようなのですが

御存知のようにストック大型で特徴のある形状なので体格の低い人には狙い難い&構え難い銃だと思います。

(まぁ・・・慣れだと思いますが・・・


リアサイトは画像のように展開して距離に応じて調整可能です。

勿論、上下だけでなく左右にも調整可能です。

リアサイト展開させた方が狙い易いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

実銃45口径なので遠射するような銃ではないのですが・・・

画像のように最大距離まで調整可能です。


ストック部の画像。

このM1928ではフォアグリップ、ストックなどは全て木製となっています。

美しい木目暗いながら深みのある茶色で素晴らしいです。

ただ・・・仕方ないのですがストック構え難いのでちょと・・・(笑

木製なのでパットプレートマルイ製プラストのような廻して開閉する仕組みではなく

単純に2箇所のネジで開閉します。

勿論ストック内バッテリーを収納します。

ストックの銃本体への取り外しは画像の大型マイナスネジ2つを外すことで行います。

簡単に取り外せます。

ストックには画像のようにスリングベイルが装着されています。

ストックは恐らく同社M1A1同じ仕様なのでしょうか・・・?

スリングを掛けれる場所はストック1箇所にしか御座いません・・・

どうすれば・・・

エジェクトポート部の画像。

ホップの調整マルイ製同様にこのエジェクトポート部で行えます。

レシーバーアウター接合部の画像。

マルイ製は下手するとこの接合部ポッキリ折れてしまう事があるそうですが・・・

このKAのはどうなのでしょうか・・・フォアグリップがある分、

負荷がさらに掛かり易くなってますので少々心配です。

続いては付属ドラムマガジンの画像。

シカゴタイプライター(トミーガン)と云えばこのマガジンを思い浮かべますね!

このマガジン450連レバー赤の矢印の方向へ廻して給弾します。

サイズはかなり大き目で尚且つ重量もあります

外装は殆ど金属で出来ておりま。

ドラムマガジンBB弾の挿入この場所で行います。

挿入口広く、なおかつ銃にマガジンを装填した状態でもBB弾の供給は出来ますので

サバゲではかなりの戦力になると思います。

マガジンの銃への装着は簡単・・・ということではありませんが

確実に固定出来ますので不意に外れたり落ちたりする事はありません


ドラムマガジンを装着したトンプソンM1928

うん!やっぱり格好良い!!


ですがこのドラムマガジン、かなり大型なので

体格の低い私にはフォアグリップを握るのにかなり邪魔になり、

とっさに構えたり狙ったりは出来ませんね・・・(汗

サバゲで使うなら支援火器的な使い方になりそうですね。

バラマキとかしそうで・・・w

ということで早速仕事帰りにとある店でショートマガジンを買ってきました!

実はトンプソンにはこの20連マグの組み合わせが好きなのです!


どや・・・?

かなりスマートになりましたね!

いやぁ~本当に格好良い!(2回目)

サイトを立ててみた状態。

サバゲで使うならこの状態になりそうですね・・・!

でもノーマルマガジンも欲しいなぁ・・・プラマグでも買おうかなぁ・・・

さて以上でキングアームズ 電動ブローバックガン トンプソンM1928 の紹介になります。

本当は簡単な分解や実射もレポしてみたかったのですが・・・ここまででw


M1928ですが日本軍装備での鹵獲火器としてはまぁアリではないでしょうか?

大陸では戦前からM1921コピー生産していたと聞きますし

実際に中国軍側の写真ではトンプソンの使用例は意外と見られる火器です。

米軍だけでなく英軍、中国軍、ソビエト軍でも一部に供与されていましたので

南方装備でも鹵獲品として御使用できると思います。

日本軍に有力な電動SMG今だ登場していないそうなので

サバゲ用にお勧めと思います。


さて今回は以上になります。

ではでは~

ノシ






同じカテゴリー(トイガン)の記事画像
LCT製 電動ガン AKM (AIMSハンドガードに換装)
タナカ製 モデルガン 四四式騎兵銃(騎銃)
タナカ製 モデルガン 九四式拳銃 前期型(ダミーカート仕様)
KTW製 エアーコッキングガン 三八式歩兵銃② (第11ロット)
メーカー不詳 海外製レプリカ ELCAN(エルカン)タイプ Specter DR
ノーベルアームズ製 TAC ONE 12424IR ライフルスコープ
同じカテゴリー(トイガン)の記事
 LCT製 電動ガン AKM (AIMSハンドガードに換装) (2017-04-01 17:42)
 タナカ製 モデルガン 四四式騎兵銃(騎銃) (2017-01-28 23:48)
 タナカ製 モデルガン 九四式拳銃 前期型(ダミーカート仕様) (2016-12-24 20:48)
 KTW製 エアーコッキングガン 三八式歩兵銃② (第11ロット) (2016-12-17 18:49)
 メーカー不詳 海外製レプリカ ELCAN(エルカン)タイプ Specter DR (2016-11-05 18:55)
 ノーベルアームズ製 TAC ONE 12424IR ライフルスコープ (2016-09-25 11:35)
Posted by アンチョビことチビ at 13:53│Comments(6)トイガン
この記事へのコメント
現在ヤフオクで異様に安い四五式制帽を見つけたのですが、本体は羅紗ですがつばは樹脂製だそうです。一応購入を考えているのですが、九八式夏衣に制帽という組み合わせはあったのでしょうか?
Posted by ねっしー at 2014年03月31日 18:38
>>ねっしーさん

こんばんわ!ねっしーさん。

申し訳御座いませんが・・あまり記事の内容と関連性の無い
御質問ははちょっと困ります・・・

さて御質問の軍帽ですが両側面に鳩目の無い大陸製の物と推測します。
ツバの材質、形状も実物と違えば顎紐や耳章も大分異なる代物です。
そうなりますと全体の仕上がりも不安・・・ですのであまりお勧めできません(汗

勿論、夏軍衣に軍帽の組み合わせは問題御座いませんよ。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2014年03月31日 21:27
初めまして!
僕もトンプソン大好きです。
コンバット!世代(再々再放送)なので、ミリタリータイプのフォアグリップとボックスマガジンタイプのM1928が欲しいんですが、ないんですよね。
グリップ式フォアグリップは取り外しできますか?
パーツ流用してミリタリータイプ作ろうと思ってます。
Posted by くり at 2014年10月23日 22:08
>>くりさん

はじめまして!くりさん!
御返事大変遅くなってしまい本当に申し訳御座いません(汗

御質問のフォアグリップの取り外しですが勿論出来ますよ!
構造はマルイ準拠ですのでマルイ製M1の物を改造すれば
装着出来るかもしれません・・・!(試してないので分かりませんが・・)
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2014年11月02日 18:31
初めまして。本屋と申します。

過去記事へのコメントで申し訳ありませんが、このトンプソンはどこで購入されたか教えていただけませんか?

実は、私もこのトンプソンを探しているのですが、どこを探しても売り切ればかりで、あったとしてもリコイルレバーが横についているなんちゃってM1928しか置いてない所ばかりで・・・。

よろしくお願い致します。
Posted by 本屋 at 2015年10月18日 03:53
>>本屋さま

はじめまして!本屋さま。

このトンプソンですが確か2丁とも
オークションのショップで購入(一部は落札)したと記憶しております。
ショップ「アシュラ」だったと思うのですが・・・
すいません自分のオクの履歴(評価)では確認出来ませんでした(汗

1丁目は2014年の春頃に購入し
2丁目は今年春頃ジャンクなれどほぼ新品?状態で安値で購入出来ました。
既に昨年の時点で流通しなくなってしまったようですね・・・
ショップに問い合わせるかオクで中古品が出るのを待たれるか
された方が宜しいと思います。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2015年10月18日 10:04
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。