2014年04月19日

個人業者Fさま製 複製 日本陸軍 彼我識別用白帯

みなさんおはこんばんちわ。今回も日本軍複製品をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのはこちら!

こちらは業者Fさま製 複製 日本陸軍 彼我識別用白帯 になります。

防暑帽や戦闘帽(略帽)の製作販売で有名な個人業者Fさまの製品であります・・・!

最近では国民帽準士官略帽鉄帽覆生地改造略帽など多彩かつ珍しい品々を製作販売されており

定評のある業者さまで御座います・・・!

今回は演習時に用いられる軍帽用の白帯を購入致しました・・・!

あるようで無かった小物で・・・本当に助かります・・・!


彼我識別用白帯の全体画像。

勿論、白帯なので白い生地の物になります。

全体的にシンプルな作りの物ですが・・・しかしFさまの品は細部まで精巧に出来ており

それは今までの製品で証明されております・・・!

白色の生地二重にして縫い付けられています。

十分、軍帽への装着うってつけで尚且つ頑丈だと思います。

識別用なので他の色や模様などは一切御座いません。

白帯片端部の画像。

片側にはFさまの印白帯反対側へ装着するためのこはぜが縫い付けられています。

こはぜ2箇所設けられていますのでたるみ少なくピッチリと装着出来ます。

その反対側の片端部の画像。

こはぜを通す糸かがり3箇所ずつあり大体サイズ60、59、58に合わせて製作されています。

ですので御持ちの軍帽のサイズに合わせて調整可能だと思います。

さてそれでは早速軍帽の装着してみたいと思います。

装着に用いるのは業者Sさま製四五式兵下士官用軍帽(旧型)です。

顎紐別の物に換装しています。

まず白帯緋色羅紗地の周りに巻き付けます。

軍帽後部で任意のサイズに調整し白帯両端を装着します。

そして完成・・・!

とても簡単ですね・・・!

白帯を装着した状態の軍帽側面)。

白帯を装着した状態の軍帽後面)。

続いては軍帽用日覆を装着し白帯を装着した状態の軍帽

ここまで来ると他国軍帽に見えますね・・・

しかし羅紗生地はほぼ保護出来ます・・・!

しかし・・・軍帽用日覆白帯の両者を装着する際ですが・・・

やはり軍帽用日覆下にして装着するのが正規の装着法なのでしょうか。

試しに軍帽用日覆にした状態の画像。

う~ん・・・やはり日覆白帯でしょうか。

さて以上で個人業者Fさま製 複製 日本陸軍 彼我識別用白帯 の紹介になります。

大演習に多く用いられた白帯ですが明治時代から大戦期まで長きに渡り使われたそうで御座います。

ですので様々な時代軍衣袴と合わせて装着出来ますので合わせ易い小物と云えると思います。

この品は価格も安価ですのでお勧め出来るアイテムです。


さて今回は以上になります。

ではでは~


ノシ







同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴
海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴
中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋
海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢
国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒
個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽)
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴 (2017-06-17 11:37)
 海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴 (2017-05-27 19:42)
 中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋 (2017-05-20 19:24)
 海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢 (2017-05-05 11:16)
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒 (2017-04-22 19:23)
 個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽) (2017-04-08 20:59)
この記事へのコメント
こんばんは。

やはりアンチョビ様も買ったのですね。
私も買いましたが、地味ながら素晴らしい出来です。

これを複製されるとは予想外でした。意表を突かれました。
Posted by 人見広助 at 2014年04月21日 22:32
>>人見広助さん

御返事遅くなり申し訳御座いません(汗

おおっ!人見広助さんもご購入されたのですね!
確かに地味ではありますが・・・手持ちの軍帽に問題なく装着出来
さすがFさまの品、しっかりと造られております!

軍帽の保護にも向いてますので野外での装着には最適かもしれませんね!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2014年04月27日 18:08
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。