2014年05月03日

個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用四五式軍帽(新型)

皆さんおはこんばんちわアンチョビことチビです。

もうGWも後半戦ですね。。。あっという間に終わるんでしょうね・・(汗

さて今回も日本軍複製品をご紹介致します。

今回は昔に購入した製品の新型をご紹介したいと思います。

まずはいつも通り画像から!

こちらは個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式軍帽(制帽) 新型 になります。

過去に複製兵下士官用四五式軍帽は当ブログでも何度か御紹介致しましたが

今回私はようやくあの個人業者Sさま新型四五式軍帽を入手する事が出来ました・・・!

同業者さま旧型の四五式をご紹介したのはもう3年前になりますが

この度のニューバージョン旧型大きく超える品になっております・・・!


ちなみに過去に御紹介したSさま軍帽の記事は以下になります。

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e215437.html (*画像が数点欠落しております)

また他社複製四五式軍帽の記事は以下になります。

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e390026.html (ふきや商店製)

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e348408.html (篠原工房製)

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e288447.html (中田商店製 **処分済み**


Sさま製新型軍帽の前後画像。

見慣れた形状に一見見えますが、凝らして見てみると

今まで中々再現されていなかった形状であると事が分かります。

そしてそれは実際に触れてみても分かります・・・!

軍帽の羅紗生地はご覧のように目の細かい滑らかな生地となっております。

これが実物生地からの流用ではないというのが驚きです・・・!

丹精込めて製作された生地で御座います・・・!

軍帽両側面からの画像。

軍帽上部畳めるようになっており実物に見られるように平たくなっております。

これを再現されている軍帽は本当に少ないですね・・・!

また緋色羅紗の部分は柔らかいようでしっかりと出来ており

幅も材質秀逸です・・・!



Sさま製軍帽の上下画像。

この部分を見るだけでも旧型との違いが分かると思います。

勿論それは良い意味での違いで本品格段に向上してる事が分かります。

内装(裏面)には画像のような網状の裏地が用いられております。

そして何より内装には検定印が再現されています!

昭和期とは異なる大正期独特な検定印も余すことなく再現されております。

 

こちらは内装(裏面)の縁にある汗止め用の革の画像。

厚過ぎる事なく又は薄過ぎる事も無くわざわざ厚革を切って加工した物です。

これだけでも大分手間が掛かっておりますね・・・

またそれだけなく汗止め革には検定印部と同じサイズの番号打たれています

ここも感動モノですね・・・!これも再現されている軍帽少なく

Sさまの熱意が感じ取れます・・・! うう~ん・・・素晴らしい!

星章の画像。

星章の位置は緋羅紗に対して下過ぎる事はなく

実物から型取りして製作された物です。


顎紐と耳章(顎紐留め用ピン)の画像。

顎紐黒色本革製で手縫いで仕上げられています。

調節部4点縫いです。

顎紐部旧型から大きく進歩しており好感が持てますね・・・!


耳章大型な物になっておりこちらにも仕様変更が見られます。

こちらは軍帽のツバ(目庇)の画像。

勿論、実物同様二枚重ねにして縫い付けられており

兵下士官用に見られる革生地の断面が見られる仕様です・・・!

ちなみに国産の多脂牛が用いられており、定期的に手入れor使い込むと

素晴らしい色合いに変化する事でしょう。

こちらは両側面上部にある通気用の金属鳩目の画像。

勿論(むしろ当然)Sさま新型では旧型に続いて再現されております。

堅牢で外れる心配はまず無いでしょう・・・!


さてさてそれでは続いては個人業者Sさま新型と旧型四五式軍帽を比較してみたいと思います。

どの辺が改善され忠実になったのか。。。簡単ではありますが分かり易なりましたら幸いで御座います。

が今回ご紹介する個人業者Sさま製兵下士官用軍帽新型)。

は以前御紹介した同じく個人業者Sさま製兵下士官用軍帽旧型)。

画像のような状態ではあまり変わりなく見えますが・・・

いくつもの箇所は間違いなく変わっております!


上下から見た画像。

が今回ご紹介する個人業者Sさま製兵下士官用軍帽新型)。

は以前御紹介した同じく個人業者Sさま製兵下士官用軍帽旧型)。

如何でしょう・・・?この辺になりますと大分違いが分かり易いと思います。

生地は旧型実物生地から流用された物なのですが・・・

少々虫食いが進行しております(汗 (まだ当時は羅紗生地を製作されたいなかった時期ですしね)


それでは各部を見ていきましょう。


軍帽正面の画像。

が今回ご紹介する個人業者Sさま製兵下士官用軍帽新型)。

は以前御紹介した同じく個人業者Sさま製兵下士官用軍帽旧型)。



星章の比較。

が今回ご紹介する個人業者Sさま製兵下士官用軍帽新型)。

は以前御紹介した同じく個人業者Sさま製兵下士官用軍帽旧型)。

星章は一見両者変わりなく見えますが

新型では実物から型取りし新規開発された物に変わっています。

微妙に旧型は位置が上気味?なのが気になりますね(汗

こちらは耳章(顎紐留めピン)と顎紐の画像。

が今回ご紹介する個人業者Sさま製兵下士官用軍帽新型)。

は以前御紹介した同じく個人業者Sさま製兵下士官用軍帽旧型)。

耳章新型から実物同様のサイズの物に変わり

顎紐旧型で再現されなかった調節部手縫いの4点縫いの物となりました。


軍帽のツバ(目庇)の画像。

が今回ご紹介する個人業者Sさま製兵下士官用軍帽新型)。

は以前御紹介した同じく個人業者Sさま製兵下士官用軍帽旧型)。

この部分も違いが見られます。

旧型ではカーブのきつい形状でしたが

新型ではカーブの緩い形状となっております。

ツバ(目庇)裏部の画像。

が今回ご紹介する個人業者Sさま製兵下士官用軍帽新型)。

は以前御紹介した同じく個人業者Sさま製兵下士官用軍帽旧型)。

この部分では革質違いが見られます。

いずれも同じ2枚重ねにして縫い付けられておりますが

新型では国産の多脂牛が用いられております。


続いては両側面にある鳩目部の画像。

が今回ご紹介する個人業者Sさま製兵下士官用軍帽新型)。

は以前御紹介した同じく個人業者Sさま製兵下士官用軍帽旧型)。

真鍮製鳩目ですが旧型と新型ではその位置の間隔微妙に異なっております。

次は内装(裏面)汗止め革の画像。

が今回ご紹介する個人業者Sさま製兵下士官用軍帽新型)。

は以前御紹介した同じく個人業者Sさま製兵下士官用軍帽旧型)。

この部分にも差異が見られます。

残念ながら旧型では実物に忠実というよりも被り易さを優先した現代風の物となっております。

ですが新型ではほぼ忠実汗止め革、検定印が再現されております・・・!


内装全体の画像。

が今回ご紹介する個人業者Sさま製兵下士官用軍帽新型)。

は以前御紹介した同じく個人業者Sさま製兵下士官用軍帽旧型)。

差は一目瞭然ですね・・・!


さて以上で簡単なSさま新型、旧型軍帽の比較になります。

続いては手持ちの軍帽たちを・・・!


一部複製軍帽は処分しましたが今回、Sさま新型を購入しましたので

また4つとなりました。

ちなみに左上篠原製

左下ふきや商店製

右上Sさま新型

右下Sさま旧型になります。

側面からの画像。

篠原製

上から2つ目Sさま新型

下から2つ目Sさま旧型

一番下ふきや商店製になります。


ちなみにSさま新型軍帽は勿論同じくSさま製軍帽用日覆い装着可能です。

さらにはFさま彼我識別用白帯も問題無く装着可能です!

試しにSさま製軍帽を被った私の画像。


さて以上で個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用四五式軍帽(新型) の紹介になります。

このSさま新型軍帽ですが旧型から格段に向上しております・・・!

いや・・・もはやに別物になったと云っても過言ではないと思います。

それほど実物に近付いたと思います。購入されて損は無いと思います!

複製軍帽の中でもトップクラスの出来栄えでしょう。


今回の軍帽を見ましてもSさま足りない箇所、甘い箇所は後に改正して

さらに素晴らしく良い物を製作販売されています。

調査研究し出来るだけ実物忠実な物を製作しようと邁進されるその姿勢に

本当に感嘆せずにはいられません。予算も時間も相当掛かっておられる事でしょう。

この熱意があるからこそ私たちは恩恵を受けられるのだと思います。

感謝せずにはいられません・・・!この場を借りて御礼申し上げたいと思います。

本当にいつも素晴らしい品々有難う御座います・・・!


さて今回は以上になります。

ではでは~

ノシ







同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 戦闘用試製帽乙型
国内業者さま製 複製 日本陸軍 布製略刀帯
海外製 複製 日本軍 身体用偽装網
海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢
中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐)
中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 戦闘用試製帽乙型 (2017-10-21 14:28)
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 布製略刀帯 (2017-10-14 20:55)
 海外製 複製 日本軍 身体用偽装網 (2017-09-16 21:18)
 海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢 (2017-08-12 17:27)
 中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐) (2017-07-29 12:53)
 中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴 (2017-06-17 11:37)
この記事へのコメント
おぉ。遂に購入なされたのですね。
おめでとうございます。
この『秀逸』な軍帽で、お持ちのS様昭五式軍衣シリーズのグレードアップが
図れますね。
それにしましてもアンチョビ様、軍帽を4つもお持ちなのですか、、、。
羨ましい、、、。
Posted by 剃刀参謀 at 2014年05月03日 18:17
>>剃刀参謀さん

有難う御座います!
ようやく新型購入出来とても満足しております・・・!

そうですね・・・!合わせてSさまの昭五式夏・冬軍衣袴で
着飾りたいと思います・・・!

ですが野外で軍装する際は汚れても良いように
旧型でいくと思います・・・(汗

軍帽ですが4つも持っているのは自己満足でしかないのですが
やはり場所を取ります・・・保管も気を付けないと虫食いが(汗
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2014年05月04日 17:00
アンチョビ様

いつも楽しく拝見しています。
活発なご更新に感謝しております。
私の九五式軍刀のコレクションを動画にしましたので
もしよければご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=q-b7NB4lQyI
Posted by 名も無き二等兵 at 2014年05月04日 20:05
>>名も無き二等兵さん

おはようございます!名も無き二等兵さん!
いつも当ブログをご覧下さり本当に有難う御座います!

動画の方拝見致しました・・・!
いやぁ・・・素晴らしい九五式で御座います・・・!
やはり実物は全く違いますねぇ・・・改めて実感しました。
柄部のはっきりとした造型(彫り)は美しく
思わずため息が出てしまうような逸品です・・・

この度は素敵な動画をご紹介下さり本当に有難う御座います!
とても目の保養になりました・・・!
改めて実物品が欲しくなってしまいました・・・(汗
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2014年05月05日 09:49
ご覧頂きありがとうございます!
実物の動画が今までなかったので、
興味を持たれた方の参考になればと思って
撮影しました。

アンチョビ古兵殿の益々のご活躍を祈念しまして・・・

捧げ~  銃!

[ ● ] /(゜ε ゜;)  ハッ! ← 必死の形相の私(笑)
Posted by 名も無き二等兵 at 2014年05月05日 23:54
>>名も無き二等兵さん

こちらこそ素晴らしい動画有難う御座います!
間違いなく私以外の方々も閲覧された事間違いないと思います!

古兵だなんて・・・/// 万年初年兵みたいなモノで御座います(汗
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2014年05月08日 20:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。