2014年06月18日

AGM製 電動ガン ステンMKⅡ(ステンMK2) *2丁目*

皆さんおはこんばんちわ!

今回は久し振りにトイガン(電動ガン)をご紹介したいと思います!

ということで早速画像をば

こちらはAGM製 電動ガン ステンMKⅡ(ステンMK2)になります。

皆さんもしかしたらうっすら記憶されているかもしれませんが・・・

AGM製電動ステンは実は今回で2丁目になります。

こちらが以前に当ブログで御紹介した記事になります。

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e188361.html


ちなみに以前に所有していたステンは勿論既に処分済みで手元に無いのですが

最近になってまた欲しくなってしまい購入するに至りました。

(しかし私は何故かUZIH&KG3トンプソンなど過去に何度か買い直しては売却を繰り返しております・・・)

海外製トイガンですので国内改正銃刀法の規制内である事を証明する計測表が貼られています。


説明書ぺらい裏表両面印刷の1枚のみです。

分解図やパーツ表などは一切省かれているシンプルな内容となっています。


こちらは銃本体の全体画像。

久し振りにこの形に再会しました。

ちなみに数年前ステンローデシア軍/日本軍(鹵獲)装備として使っていました。

またここで余談?ですが

何故か私の購入したステンの本体を触ると黒い煤のような物が・・・(汗

塗料でしょうか?でしょうか?いずれにしましても海外製ですのでまぁ仕方ないでしょう。

しかし・・・数年前に所有していたステンにはあったけか・・・??


こちらは付属品の画像。

スティックバッテリー&充電器は付属しますが勿論充電器規格が異なるので国内では使用出来ません

レンチはストックを本体から取り外す為の物です。

他には申し訳程度のBB弾BBローダーが付属します。ローダーは何気に便利なので重宝しますねw

こちらはスペアマガジンになります。

同社電動MP40共用装弾数は確か50発ほど。

嬉しい事にスペアマガジン低価格で入手可能なのですが

悲しい事に数年前と同様に現在ではスペアマガジンの入手は少々困難な傾向にあるようですね(汗

ステンマガジンを装填する際はマガジンの向きに注意。

マガジン底部の画像。

無くてもいいのにメイドインチャイナの印が・・・

引き続きステンの本体部の画像を。

ステンは皆さん御存知のように左側面マガジンハウジングがありますね。

ですが画像のレバーを引く事で・・・

マガジンハウジング左向きから下向きにする事が出来ます。

この状態ではマガジン装填&発射は出来ませんが埃などの侵入を防ぐ防塵の為の構造となっています。


ステンのフロント&リアサイト部の画像。

微調整の出来ないシンプルなサイトですが・・・意外と狙い易いんです。

精密射撃には不向きかもしれませんが・・・

ちなみにマガジンハウジング下向きにすると上面HOP調整用のネジ穴が顔を出します。

確か数年前私の所有していたステンでは殆どHOPの調整利かない代物だったような記憶・・・

あれから数年ですが・・・変わったのでしょうか?

まぁ実射してみないと分かりませんね。

ステンヒートシーク部の画像。

スリングはこのシークの穴に掛けるようですね。

ステン後部からの画像。

ストックは画像のように簡単に六角のネジ取り外しが出来ます。

これですとガンケースへの収納も容易ですね・・・!

パイプストック内スティックタイプのバッテリー収納しますので

実物より少々径がでかく出来ています。

握り部細く、本当に簡素、チープです。

私は正直この握り部は嫌いでして以前は革のハギレなどを巻いておりました。

今回も何かしら手を加えられたらと思います。

溶接痕は目立ちますが強度的に多分問題ないでしょう(多分


コッキングノブノブ緩める事で可動(スライド)させる事が出来ます。

構造的に電動ブローバック仕様にしようと思えば出来ると思います。


う~ん・・・!出来はまぁアレですが

久し振りにこの形の銃を入手出来ました。

久し振りに持ってみると小型で細くゲームにはもってこいかもしれませんね!

久し振りに昔のサバゲでの写真。

ローデシア装備にステンという組み合わせ。

ちなみに昔はFETを組み込んでいましたが

今回もやはりFETとさらにセミオート射撃も出来るようにしたいですね。

外装も色々変えれたらと思っています。

さて以上で AGM製 電動ガン ステンMKⅡ(ステンMK2) *2丁目* の紹介になります。

サバゲする機会は殆どないのですが、やはりゲーム安定して使える状態にしたいですね!

今度こそ処分せず済むようにしたいと思います!(自信ありませんがw)


さて今回は以上になります。

ではでは~

ノシ






同じカテゴリー(トイガン)の記事画像
マルゼン ガスショットガン レミントンM870 コンバットショーティ
タナカ製 日本軍 複製 二式擲弾器
マルゼン製レミントンM870 G&P製メタルフレーム&アウター換装
マルゼン ガスショットガン レミントンM870 ウッドストックver.
KSC製 ガスブロ-バックガン グロック17 HW製スライドver.
LCT製 電動ガン AKM (AIMSハンドガードに換装)
同じカテゴリー(トイガン)の記事
 マルゼン ガスショットガン レミントンM870 コンバットショーティ (2017-07-15 16:48)
 タナカ製 日本軍 複製 二式擲弾器 (2017-07-01 14:03)
 マルゼン製レミントンM870 G&P製メタルフレーム&アウター換装 (2017-06-24 12:32)
 マルゼン ガスショットガン レミントンM870 ウッドストックver. (2017-06-03 14:18)
 KSC製 ガスブロ-バックガン グロック17 HW製スライドver. (2017-05-13 22:08)
 LCT製 電動ガン AKM (AIMSハンドガードに換装) (2017-04-01 17:42)
Posted by アンチョビことチビ at 20:46│Comments(0)トイガン
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。