2015年07月13日

海外製 複製 日本軍 十一年式軽機関銃用 弾薬嚢 前盒

皆さんお久し振りです・・・!

今回は久し振りに日本軍複製品を購入しましたので御紹介したいと思います・・・!

複製品の紹介は実に1ヵ月以上BURIですね。。。(汗 と云う事で早速画像をば。


こちらは 海外製 複製 日本軍 十一年式軽機関銃用 弾薬嚢 前盒 になります。

この海外の業者日本軍の複製品では図嚢や弾薬盒、拳銃嚢など数多く販売しており

当ブログでも図嚢や一式弾帯、包帯嚢などを紹介させて頂きましたね。

最近、十一年式軽機関銃用弾薬嚢も販売されている事を知り早速購入してみました!

ただ・・・前盒2つセットではなく単体での販売でしたので

試しも兼ねて1個のみの購入しました。

まずは生地ズーム画像

この弾薬嚢で心配なのはやはり生地で・・・色合いも心配でした。

ですが到着して確認してみると色合い悪くありません・・・!

妙に濃緑色だったりするのでは?と心配していたのですがサンドベージュに近いカーキ色だと思います。

また生地自体も帆布生地で申し分ありません。


両側面の画像。

比較的綺麗な形状をしており蓋の端には実物通り革生地が縫い付けられています。

革生地薄過ぎる事は無くその縫製しっかりております。

下面からの画像。

この前盒の特徴は帯革へ通すループと蓋留め用のバックル

長い革生地を縫い付けられている構造になっております。

この革生地しっかりしており縫製も問題御座いません

バックル部の画像。

バックル金具太めの物で堅牢な印象です。

蓋留め革1つの穴しかありません。

しかしこれも実物通りです。

開いた状態の画像。

蓋の裏側には検印が御座います。

この業者の品はこれがあるので好印象ですね・・・!

一部判読難しいのもありますがとても評価出来ると思います。


蓋側や本体側端の形状、縫製も申し分ありません。

縫い糸もしっかりした物が使用されているようですね。

弾薬嚢内部の画像。

勿論、仕切りなどは御座いません。シンプルな内部です。

後面の画像。

この後面帯革を通すループになっています。


勿論、兵用帯革問題無く通す事が出来ます

(使用した帯革中田商店製です。)


さて最後に手持ちの複製前盒と並べてみました。

は3年前に御紹介したでくの房さま製

は今回ご紹介する海外製になります。

それぞれ特徴がありますがいずれも革生地厚さがあり

生地自体しっかりした品で御座います。

大きさは意外と差異がありますが蓋留め革の長さも微妙に異なります

また後面ベルトループ部の異なります。

これも全体の大きさが異なる為でもあると思います。

側面の画像。

は3年前に御紹介したでくの房さま製

は今回ご紹介する海外製になります。

開いた状態の画像。

は3年前に御紹介したでくの房さま製

は今回ご紹介する海外製になります。


さて以上で海外製 複製 日本軍 十一年式軽機関銃用 弾薬嚢 前盒 の紹介になります、

軽機用前盒ですが3年前でくの房さまが販売されているの知って驚いたのを覚えていますが・・・

今回、海外製が販売されているのを知って久し振りに驚きましたね。

しかも属品嚢も販売されているのですから侮れません・・・!

以前から絶版となった中田商店製を狙っていたのですが・・・この海外製で揃える事にしようか検討中です。

(でも揃えた所で肝心の十一年式がなぁ・・・涙)


さて今回は以上になります。

ではでは~

ノシ






同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴
海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴
中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋
海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢
国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒
個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽)
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴 (2017-06-17 11:37)
 海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴 (2017-05-27 19:42)
 中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋 (2017-05-20 19:24)
 海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢 (2017-05-05 11:16)
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒 (2017-04-22 19:23)
 個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽) (2017-04-08 20:59)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。