2015年07月27日

メーカー不詳 1.25~4×32 ピストルスコープ シルバー

さてさて今回は珍しくサバゲ用のスコープ関連の紹介となります。

という事で早速画像をば。

こちらはメーカー不詳 1.25~4×32 ピストルスコープ シルバーになります。

何故今更スコープ、しかもピストル(ハンドガン)スコープなのか?

それには勿論理由がありまして・・・実は今年になって三八式VSRを手放しまして

お蔵入りになっていた三八式歩兵銃用マウントベースを出して

それに合うスコープをようやく入手する事になりました・・・!

ちなみにそのマウントベース紹介の記事は以下になります。

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e243625.html (KTW製改造 タナカ三八式歩兵銃用スコープマウント)


こちらがスコープを搭載した三八式歩兵銃

ちなみに銃はタナカ製ガスガンです。

う~ん・・・普通のサバゲなら・・・アリだよね?軍装するならナシなのかな・・・w

まぁ細かい事はいいじゃないか!!w


こちらが件のピストルスコープです。

私はスコープには全く詳しくないのですがシルバー調スコープって意外と多いのですね。


題名通り、このスコープメーカー不明なのですが

PROSHOT(プロショット)の名前があります。

また製造は国内ではないようですね・・・


定価も不明で中古で入手しましたが

ピストルスコープとしては珍しく1.25~4倍率まで調整可能です。


勿論、上下左右ノブ調整可能です。

レティクルシンプルな十字です。

さすがピストルスコープだけあって接眼距離長く

を伸ばしたぐらいの位置で丁度焦点が合います。

という事で早速載せてみます。

三八式のリアサイト外します

そして改造マウントベース搭載します。

ちなみに数年前紹介した状態から少しだけ弄っております


搭載完了!

外見はアレですけど・・・スコープ使えるようになったので良しとしましょう・・・


しかし今回初めてピストルスコープを購入したのですが

接眼距離長い分、スコープ位置頬付け位置選び方が難しいですね・・・

今までは文字通り目の前にスコープがあったので覗き易かったのですが

果たしてブッシュの濃いフィールドでまともに索敵など出来るかどうか・・・

少し不安ですね(汗 もう少し別のスコープを探してみるのも手かもしれませんね。


さて以上でメーカー不詳 1.25~4×32 ピストルスコープ シルバーの紹介になります。

こいつを使う日が果たして来るのか・・・!は謎ですが

一度は試しで使ってみたいですね。


さて今回は以上になります。

ではでは~

ノシ





タグ :トイガン

同じカテゴリー(トイガン)の記事画像
KTW製 電動ガン 日本軍 九六式軽機関銃(第4ロット)
レプリカ製&マルシン製 固定スライドガスガン ブローニングM1910
デニックス(DENIX)製 モデルガン(デコガン) MP41 短機関銃
SRC製 電動ブローバックガン MP41(SR-41) サブマシンガン
マルシン モデルガン ブローニングM1910 シルバーABS PFCブローバック仕様
S&T エアーコッキングガン 三八式歩兵銃
同じカテゴリー(トイガン)の記事
 KTW製 電動ガン 日本軍 九六式軽機関銃(第4ロット) (2018-05-05 16:50)
 レプリカ製&マルシン製 固定スライドガスガン ブローニングM1910 (2018-03-24 20:22)
 デニックス(DENIX)製 モデルガン(デコガン) MP41 短機関銃 (2018-03-10 19:30)
 SRC製 電動ブローバックガン MP41(SR-41) サブマシンガン (2018-02-10 22:30)
 マルシン モデルガン ブローニングM1910 シルバーABS PFCブローバック仕様 (2018-01-13 19:56)
 S&T エアーコッキングガン 三八式歩兵銃 (2017-11-23 18:17)
Posted by アンチョビことチビ at 18:54│Comments(0)トイガン
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。