2015年10月09日

日本軍 実物 柳行李型弁当箱(飯行李)

おはこんばんちわ!

さてさてかなりかな~り久し振りに日本軍実物装備コーナーを更新したいと思います。
とは云うものの本当に日本軍の実物なのかは判断し兼ねますが・・・

という事でいつも通り画像をば。

こちらは日本軍 実物 柳行李型弁当箱(飯行李) になります。

日本陸軍戦争末期に支給された弁当箱だそうで
一応未使用品らしく購入したのですが・・・
本当に実物で日本軍の物なのかは私には分かりません(汗

ですが飯行李は以前から購入しようと考えておりまして
8月末に御紹介した外園組さま飯行李用網を入手して以来、
無いものかと探していたので御座います。

ちなみに該当の記事は以下になります。
http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e689977.html (外園組さま製 複製 日本陸軍 飯行李用網)


飯行李上下からの全体画像。

飯行李柳行李ですので柳の皮が使用されています。

古い物ですが比較的状態は良いと思います。

上部のズーム画像。

まるでゴザや畳を彷彿させますね・・・!

やはり糸(麻糸かな?)を使って編み上げられています。

側面部のズーム画像。

側面部では柳皮編み上げ方も異なります。

そして行李の縁はこのような薄く幅の広い皮を使用されております。


から見た全体画像。

特徴のある形状をしていますね・・・!

おにぎりが似合いそうですね。

開けた状態。

内部は経年の為か埃?の溜まったような汚れがあります。

是非汚れを落として使えるようにしたいですね・・・!
ですがサランラップなど敷くのが無難ですね(汗


ちなみに大きさですが大体約14㎝×約8㎝ぐらいでしょうか?

意外と小振りな印象です。

という事で以前御紹介した飯行李用網に入れてみました!

ついで果物も入れてみました(笑
うん!見た目は悪くない!

あまり果物が多いのも変ですね・・・w
缶詰めなども一緒に入れてみても良いかもしれません。

さて以上で日本軍 実物 柳行李型弁当箱(飯行李)の紹介になります。

贅沢を云いますとあと1つ飯行李が欲しい所ですね・・・

実際に弁当のように食べ物を入れて携行出来たら・・・と考えております。
ですが肥えた現代っ子である私・・・コンビニ弁当で満足しちゃいそうです(汗

いかん!いかん!そんなんじゃ駄目だ!

という事で今回は以上になります。

では~

ノシ







同じカテゴリー(・日本軍 実物 装備)の記事画像
日本軍 実物 三十年式銃剣①
実物 日本陸軍 昭和十八年制 将校准士官用冬衣
日本軍 無可動実銃 三八式歩兵銃
実物? 日本陸軍 尉官襟章
日本軍 実物 九〇式鉄帽 大号 (篠原工房さま再塗装&内装)
日本海軍 実物 陶器製手榴弾
同じカテゴリー(・日本軍 実物 装備)の記事
 日本軍 実物 三十年式銃剣① (2017-12-16 12:56)
 実物 日本陸軍 昭和十八年制 将校准士官用冬衣 (2017-11-11 13:18)
 日本軍 無可動実銃 三八式歩兵銃 (2017-07-22 23:40)
 実物? 日本陸軍 尉官襟章 (2017-04-29 13:50)
 日本軍 実物 九〇式鉄帽 大号 (篠原工房さま再塗装&内装) (2017-03-18 19:57)
 日本海軍 実物 陶器製手榴弾 (2017-02-18 21:43)
Posted by アンチョビことチビ at 19:19│Comments(6)・日本軍 実物 装備
この記事へのコメント
記事に関係のないことで申し訳ないのですが、「二十六年式拳銃」のホルスターには、「S&W M10」等の他の回転式拳銃を収めることは可能でしょうか?

お時間のある時にでも回答して頂けたらと思います。



とりあえず投稿時間が汚すぎるんだよね、それ一番言われてるから(豹変)
Posted by お座敷兵 at 2015年10月10日 09:53
おはようございます。お座敷兵さん。

二十六年式拳銃嚢にM10などのリボルバーを
収納可能かどうかで御座いますが
当方S&WM10などのリボルバーは既に処分しており
手元に御座いません・・・。

あくまで予想ですがチーフといったJフレームリボルバーは
収納可能だと思います。
M10といったKフレームリボルバーですが・・・4インチモデルは
長くて厳しいかもしれません。
収納は出来るとは思いますが蓋を閉めれるかどうか・・・

参考にならず申し訳御座いません。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2015年10月10日 12:05
記事内容に関係のない稚拙な疑問に即日回答していただき感謝に堪えません。

日本陸海軍の下士官兵に貸与された官品にこだわって拳銃(ガスガン)を揃えてしまうと悪名高い某社製「十四年式拳銃」(私が購入した物も数発の射撃で壊れました、それはそうとガスタンクくんがガスを噴き出し絶命する様は野獣先輩の絶頂に通ずるものが云々)や、コスプレ用品としての性格が強い「二十六年式拳銃」のみとなってしまうため、「S&W M10」等の時代考証的に言い訳がつくそれっぽいものを用意しようと思ったのですが、残念です・・・

私のような半端者にはアンチョビさんのブログは貴重な情報源となっております、不定期でも全く構いませんので末永く当ブログを続けていただけたらと思います。
Posted by お座敷兵 at 2015年10月10日 14:11
>>お座敷兵さん

いえいえ~私の方こそお役に立てずに申し訳御座いません。

何と!?数発で破損とは・・・十四年式拳銃だらしねぇな(レ)
私の十四年式も潮噴き(意味深)から始まり
幾度もガス漏れしております(汗 新品で予備マグ買い直したり
ついには弾倉底の注入口に蓋をするまでに陥った事もあります(汗

ほんとうに
もう

と思わずにはいられません・・・

サバゲを考えると二十六年式の6発は心元ないですよねぇ・・・
ガバやM10、M1917等当時の外国製拳銃の方が断然良いですね
鹵獲という設定で持つのでしたら私物という事にして
防毒面嚢や雑嚢、図嚢に隠し持たれてみては如何でしょう。

私のような者のブログがお役に立ててますようで嬉しく思います!
これからも更新続けて参りますので何卒宜しくお願い致します!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2015年10月10日 18:59
こちらにも出しゃばりました(汗)

当方としては今件の様な「題材」が好きです(笑)

飯行李=飯骨柳(はんこっりゅ)が正式な名称らしいです。

終戦近く陸軍士官学校や内地勤務の部隊で使用された様ですので、二次装備品として陸軍で制定されました。
(ただし、被服廠の管轄では無く部隊の兵隊さんや民間で製造された物を使用した様です)

参考ですが比留間氏著書「脱線陸軍よもやま物語」にこの飯行李の記述が
有ります。

また当方が以前に昭和20年に召集された人によれば飯盒の代りに、この
飯骨柳が支給されたと聞いています。
Posted by 参謀本部 at 2015年11月02日 20:51
>>参謀本部さん

いえいえ!書き込み有難う御座います!

「脱線陸軍よもやま物語」という書籍ですね!
調べてみたいと思います!

何と末期には飯盒の代わりに支給されたとは・・・
う~ん・・・飯骨柳は確かに良い物だとは思うのですが
飯盒代わりとなると・・・とことん追い込まれて物資枯渇していたのですね・・・
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2015年11月03日 20:15
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。