2015年11月08日

中田商店製 複製 日本陸軍 将校用防暑帽 カーキ

皆さんおはこんばんちわ!管理人のアンチョビです。

今回も日本軍複製品を続いて御紹介したいと思います。
いつも通り画像から!


こちらは中田商店製 複製 日本陸軍 将校用防暑帽 カーキ になります。

今年夏頃中田商店さんで発売された新製品になります。

HP上では「陸軍防暑帽」という名称になっておりますが購入する前に
詳細が気になったので中田さんに問い合わせてしてみた所、
将校用」との事でしたのでタイトルを将校用とさせて頂きました。

私は将校用装備は収集しておりませんがこの種の防暑帽jは
兵下士官でも私物として所有し使用している例があります。

ですので兵下士官用の装備の1つとして購入致しました。



防暑帽後部の画像。

陸軍の九八式と比べると細い印象ですね。
それもそのはず九八式鉄帽下に被す事が出来るのですから。



側面からの画像。

つば(縁)周囲に大きく突き出ているのが特徴で
遠目から見てもシルエットが分かり易い外観ですね。



上面
からの画像。

防暑帽(サンヘル)特有の構造が見受けれます。

軽いだけでなく鋭い日差し遮るのに申し分ないでしょう。



それでは細部を見ていきたいと思います。

防暑帽正面星章部の画像。

この星章軍帽用の物と共通なのでしょうか?
よく見ると非対称に出来ておりますね・・・





防暑帽頭の入る本体部には画像のように
生地を何層にも被せ合わせた特徴のある作りになっています。

これは何と云う製法なのでしょうか?
面白い作りですね・・・!




通気孔の画像。

が外側、が裏側からの画像です。

通気孔片側2個ですので合計4個御座います。





防暑帽頂点部の突起の画像。

はその裏側(内装部)からの画像になります。

防暑帽特有の頂点部の突起も再現されております。
ただ生地の折り返し処理などはあまり丁寧とは云えません・・・

驚いたのですが裏側にはナットがあります。ネジ止めされているのでしょうか。





こちらは顎紐の画像。

顎紐は勿論革製のものになっております。



ただ調整用のバックル薄いアルミ製のようですぐに曲がって変形してしまいます。

こういうものなのでしょうか。



つばの端(縁)
はこのように補強されています。



続いては内装部の画像になります。



内装部のつば側はこのように緑色の生地が使われております。

(少し接着剤がはみ出てますね・・・)



頭囲に当たる部分の画像。

製造元のメーカーの名が打たれていますね。



この防暑帽ですが面白いのは
頭囲の調整マジックテープ(ベルクロ)で行います。

フリーサイズですがこれは確かに簡単に調整出来ますね・・・



内装部には中田商店のマークがあります。


内装部では顎紐は画像では分かりませんがピン(カシメ?)で固定されております。
(画像では隠れています)

取り外しは出来ないと思います。




この防暑帽に付いていたタグの画像。

こちらが製造元のメーカーのようですね、
ベトナムの業者のようでHPもあります。





最後に手持ちの複製防暑帽と並べてみました。

は以前御紹介した個人業者Fさま製複製九八式防暑帽(旧型)。
が今回ご紹介する中田商店製防暑帽になります。





やはり外観はかなり異なりますね。

実物
でも材質に大きな違いがありましたし
九八式鉄帽下に入れる事が出来ますのでそもそも作りが全く違います

 

最後に防暑帽を被ってみた画像。

腰のは略刀帯ではありません。


さて以上で中田商店製 複製 日本陸軍 将校用防暑帽 カーキ の紹介になります。

中田商店さんの日本軍装備の新製品防暑帽ですが
価格も相成ってサバゲなどゲーム用に向いてると思います。

ただ値段は値段ですし元々海外製という事もあって
細かく見ると粗雑な部分もあると思います。そういう点では当り外れがあるのかもしれません。

ですが中田商店さんの新製品です・・・!これだけでも朗報です。
また新製品が出るのを楽しみにしたいと思います・・・!

さて今回は以上になります。ではでは~

ノシ





同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒
個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽)
国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革
中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ②
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 官給軍刀用 革製刀緒 (2017-04-22 19:23)
 個人さま製作? 日本陸軍 複製 試製略帽甲(庇無し略帽) (2017-04-08 20:59)
 国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革 (2017-03-11 18:58)
 中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ② (2017-02-11 17:03)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴 (2017-01-21 21:24)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢 (2017-01-03 00:35)
この記事へのコメント
ど~も!

記事を拝見して少々気になったので投稿しました。

日本陸軍 将校用防暑帽 カーキですが、防暑帽は原則的「官給品」で
将校・下士官・兵の区別は有りませんよ・・・

まして、この型式の防暑帽は海軍でも使用した型式です。(海軍では白布地)

因みに陸軍将校が官給品を使用する品をしては防寒帽・防寒外套・防暑帽・鉄帽等です。

これは将校がどの部隊に配属になるか判らなく、個人調達が困難な為です。
(将校個人が転属等で原隊を離れる折に返納する)

流石、御徒町製ですね(笑)
Posted by 参謀本部 at 2015年11月08日 18:27
おそらく、北ベトナム軍サンヘルメットの製造ラインを流用した中田商店日本軍なんでしょうね。サバゲユースなら有りだと思いますが…
Posted by イサカ at 2015年11月10日 12:39
ご無沙汰しております。中田商店の「大日本帝国陸海軍軍装と装備明治・大正・昭和②」の144ページに同等品らしき物が掲載されております。
Posted by エイジアン at 2015年11月11日 00:53
お久しぶりです。
アンチョビさんに質問なのですが、中田商店製の巻脚絆Lサイズはお持ちですか?
もし、よろしければ譲っていただければと思います。

中田の店頭にもなく、オークションでも実物の全長250センチ程度のものがほとんどで中田商店製のLサイズ(3m)ほどの長さがないです。

いきなりで申し訳ないですが、検討願います。
Posted by 紫電改 at 2015年11月12日 15:36
>>参謀本部さん

こんばんわ!参謀本部さん!

う~ん明らかに官給品とは異なる防暑帽を被っている写真を
見た事があるのですが・・・私の勘違いでしょうか。

まだまだ私は勉強不足のようですね・・・
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2015年11月12日 20:15
>>イサカさん

こんばんわ!イサカさん!

製造元がベトナムですが・・・う~んやはり
残念仕様なのでしょうかね・・・

ですが日本軍の防暑帽が出された意味は大きいと思います!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2015年11月12日 20:17
>>エイジアンさん

こんばんわ!エイジアンさん!

おおっ!それは気付きませんでした!
中田さんは実物を参考にされた可能性は否めませんね!
早速確認したいと思います!
情報有難う御座います!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2015年11月12日 20:22
>>紫電改さん

お久し振りです!紫電改さん!

申し訳御座いません。
当方所有の中田製巻脚絆はいずれもMサイズになります。

御役に立てずに申し訳御座いません。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2015年11月12日 20:23
ど~も!何時も駄文を投稿してスイマセン!

防暑帽は幾つものバージョンが在る様ですね

アンチョビさんの「明らかに官給品とは異なる防暑帽を被っている写真を見た事があるのですが・」
と云うのは当方も実際に見ては居ないので判りませんが、以前に日本陸軍が仏印に進駐した折に
フランス軍の防暑帽を製造工場を接取して日本陸軍バ-ジョンの防暑帽を製造した話を聞いた事が在ります。

決して断言は出来ませんが、日本軍のお得意の「現地調達品」では無いでしょか?
現地調達で有名なのは、第一次上海事変の折も海軍特別陸戦隊員が
イギリス軍の鉄帽を被って戦闘に赴いた事例も有りますので・・・(話が本題から反れました)

以前に某有名軍装研究会で防暑帽の記事を読んだ事が有り、日本軍の防暑帽のモデルは
明治35年の勃発した「北清事変」に仏印から派遣されたフランス軍将兵が被っていた防暑帽だそうです。
ちょうどアンチョビさんが掲載してる製造工場のタグの写真に現物が載っています。

まぁ、最後に日本軍が接取して後に御徒町が再び接取?すると言う「歴史は繰り返す」の格言とおりですね・・・
Posted by 参謀本部 at 2015年11月13日 01:25
アンチョビさん、ご検討いただきありがとうございました。そして、ご迷惑をお掛けしました。

中田商店のホームページで日本軍ものは基本的に「在庫なし」ですよね。
前日、中田商店へ電話したところ、店員の兄さんが出て、「売り切れちゃいました。入荷の予定はわかりません」と言われました。

2週間前には、床上のバケツにゴロゴロ入っていたのに…

昨日仕事帰りに店頭に寄って、バケツを確認したところ、やっぱりゴロゴロ入っていました(笑)店員さえ、在庫把握できないくらい品物があるってことか、単に整理されてないってことなのでしょうか。

さすがに再販が少ないと思ったため、脚絆3つも買ってやりましたよ!!
Posted by 紫電改 at 2015年11月14日 04:29
>>参謀本部さん

こんばんわ!参謀本部さん!
嗚呼・・成程!海外製の存在を失念しておりました!
それでしたら合点がいきますね・・・!

しかしこの防暑帽ですが、おっしゃる通り
過去の歴史を考えますと同じベトナム製というのは
何とも面白いですね・・・!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2015年11月14日 19:14
>>紫電改さん

こんばんわ!紫電改さん!

おおっ!巻脚絆の御購入おめでとうございます!

う~ん・・・中田さんの電話対応は当り外れがありますからね(汗
また店での「発掘作業」は有名ですしね・・・
いずれにしましても御購入本当におめでとう御座います!

3つも御購入とは・・・!いや先見のある投資だと思います。
この先どうなるか本当に分かりませんからね・・・
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2015年11月14日 19:23
また懲りも無く登場しました!

何だか東京・御徒町商店の事で話が盛り上がっていますね・・・
御徒町商店で思い出したんだけど・・・
当方は今までに1回しか同店から購入はしていませんが、先代の社長とは
話をした事が在ります。

先代の社長さんの話ですけど、上でも店員さんの話が有りますが「内では
軍装品に詳しくない大学生のアルバイトを優先して採用する!」と言っていましたね(採用時にマニアなら話で判る事です)

また、電話での問い合わせの際は「対応に出た店員が判らない時は在庫が無い」と云う様に指導している様です。

上記の二点は一つの事で店員がその事に時間を消費されるのが嫌だったみたいです。

さらに「内が通信販売の際に現金書留のみ」にしているのは先代の社長の時
に税務署が抜打ちで入って大金を持っていかれたので通帳に入金確認が出来ない方法を選んだ事も云っています。
(まぁ、遠方の方が大きな物を購入される時は好いんでしょうけど、小物の場合は・・・)

軍装品を製作する際に「実物通りに製作したらコストが掛るので省略出来る物には省略する」との事です。

ですけど、当方の先代社長の印象は「先見の目が有って商売上手」と思いました。

その時に社長さんに「大日本帝国陸海軍:カラ-写真集」の間違いを数箇所、指摘したら社長さんに
「アナタの様な人に内の製品は買って欲しくない!」と云われました(苦笑)

以上が当方が知っている御徒町商店の「裏話?」です。

まだ「裏話」が有るんですが、このプログでは・・・ゴメンなさい

最後に決して御徒町商店を批判の目的では無い事を「明記」します
(このプログで御徒町批判をすれば奉信マニアから・・・)

アンチョビさんにお願いです。
当方の掲載文が「荒れる」と判断されたら「削除」をお願いします。
Posted by 参謀本部 at 2015年11月14日 21:25
>>参謀本部さん

おはようございます!参謀本部さん!

中田商店のアルバイト採用の件で御座いますが
さる御仁から聞いた話では
軍装について知識の無い学生を採用するのは理由があり
マニアのバイトの人間が盗むを働いたからそうで御座います。
素人だと価値も分からないので大丈夫だという事になったそうで御座います。

商品について問い合わせる際には少々困りますが・・・
店側の事を考慮しますと仕方のない事だと思います。
(しかし・・私も中田のような所で一度御世話になってみたいものですw)
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2015年11月23日 09:59
私の寸法は60~61センチぐらい、かぶれますか?
Posted by 台湾人 at 2016年04月15日 22:56
>>台湾人さま

お久し振りで御座います!台湾人さま!
勿論かぶること出来ると思います。
頭囲は調整可能で御座います!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2016年04月17日 15:11
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。