2016年01月20日

オーストリア軍迷彩スモック(パーカー)

さてSATE今回は久し振りのその他装備を紹介したいと思います。

まずはいつも通り画像から。





こちらはオーストリア軍 迷彩スモック(パーカー)になります。

戦後オーストリア軍に使用されたフード付きスモックです。
現在もこの迷彩そしてスモックが使用されているかは分かりませんが
私からすれば比較的現用に思えてしまいますね(汗

ちなみに何故購入したかと云いますと。。。
単に私服用迷彩スモックが欲しかったからですw
とはいえ欲しい迷彩柄の物に限って品切れだったり
私服用ですので迷彩柄が特徴的過ぎず目立ち過ぎず
普段着として使えそうな柄の物を選んだつもりです(超個人的見解ですw)

このオーストリア軍の物は価格は比較的抑え目で数も多く流通しております。



という事で細かく見て行きたいと思います。





生地綿製(コットン)のようですね。
迷彩パターンですが・・・私は詳しくないのですがドットパターンになるのでしょうか?

年代物の放出品ですので色褪せや痛みも所々あります。

私が10年以上前に持っていたスプリンター迷彩ポンチョ裏側もこのような迷彩だったような気がします。



こちら上部フード部の画像。



この迷彩スモック(パーカー)ではフード部には画像のような平紐が内蔵されております。



フード後ろ側からの画像。



フード側面からの画像。

さすが軍用?だけあって堅牢な作りです。
大きさも十分です。やはり鉄帽(ヘルメット)を被ったままでも問題ないんでしょうかね。



フード内部の画像。

内装も勿論に迷彩になっています。





肩章(エポレット)部の画像。

肩章取り外しは出来ません
開閉する事が出来、表には出ない構造になっております。



続いてはスモック胸部の画像。





こちらは胸ポケット部の画像。

胸ポケット貼り付け型でやはり隠れる仕様となっております。



こちらは正面開閉部の画像。

このパーカーの前の開閉ジッパーではなく釦で行います。
戦後の野戦服らしくこちらも隠れる仕様です。



のズーム画像。

大型の樹脂製2穴型の物です。



このパーカー(スモック)の丈は意外と短い(自分にはまだまだ長いのですがw)ですが
もしかしたら購入元のショップさんが手を加え短くしたのかもしれません。

調べてみますとこのオーストリア軍の迷彩パーカーには腰部ポケットがあるのも存在します。



こちらは背部(後部)の画像。





この迷彩パーカーには面白い事に脇下通気孔が存在します。

さらに興味深いのが鳩目6箇所もあるという事です。
実物(オリジナル)に元から存在する物なのか知りませんが・・・面白い作りです。





続いては袖部の画像。

肘に当たる部分には補強がありしっかりした作りをしております。



袖口部の画像。

袖口締めて調整するのではなく
シンプルなゴム内蔵の袖となっております。

これは一長一短ありますね。



迷彩パーカー裏返しにした状態の画像。

内装はこのようになっております。





胸ポケット部裏側には開閉する小さな内ポケットが存在します。



また腰部の周囲にはが内蔵されておりウエストを絞る事が出来ます。







残念ながらスタンプ印ははっきりと確認出来ないぐらい薄いのですが・・・
他にはサイズ表記と思われる数字が書かれています。

これは販売業者さんが書いたものでしょうか?


さて今回もかな~り適当になってしまいましたが
以上でオーストリア軍迷彩スモック(パーカー)の紹介になります。

このパーカーですがあくまで私服用として購入しましたので
少し弄ってみようかと思います。(勿体ないと思われた方すいません)

とりあえず短くし、さらに季節にあわせて防寒用にライナーを装着出来るように
しようと思っております。(まぁ折り込んで釦付けるだけですねw)

自分に似合うかは神の味噌汁ですが・・・ニット帽と合わせるとカッコよさげですね!
まぁ・・・着る前に冬が終わるかもしれませんが(汗


さて今回は以上になります。

ではでは~

ノシ








タグ :その他装備

同じカテゴリー(その他の装備)の記事画像
ロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク) AKチェストリグ
ロシア SPLAV(スプラフ)社製 FORCE タクティカルグローブ&DOTニーパッド
サファリランド製 実物 グロック17用レッグホルスター 6005 左利き用
フィールドマスター(マックジャパン)製 ワンポイントバンジースリング OD色
ロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク)M AKチェストリグ
アークティス社製 オーストラリア軍DPCU迷彩型 迷彩パーカー
同じカテゴリー(その他の装備)の記事
 ロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク) AKチェストリグ (2017-03-25 21:02)
 ロシア SPLAV(スプラフ)社製 FORCE タクティカルグローブ&DOTニーパッド (2017-02-25 18:05)
 サファリランド製 実物 グロック17用レッグホルスター 6005 左利き用 (2017-02-04 20:12)
 フィールドマスター(マックジャパン)製 ワンポイントバンジースリング OD色 (2016-10-29 11:39)
 ロシア SPOSN(SSO)製 Lazutchik(ラズチク)M AKチェストリグ (2016-10-22 15:11)
 アークティス社製 オーストラリア軍DPCU迷彩型 迷彩パーカー (2016-09-10 17:28)
Posted by アンチョビことチビ at 21:39│Comments(2)その他の装備
この記事へのコメント
はじめまして。
この迷彩はk4ターンと呼ぶようで、オーストリア軍がstg58(fal)採用時に採用されたようです。
1970年頃からM75/78と呼ばれるodの戦闘服に置き換えらえて以降、2003年〜現行のkaz03まで迷彩服の採用はなく、
ヤークトコマンドのような特殊部隊に限られているようです。
オーストリア軍の装備もなかなか面白いですよ
長文失礼しました。
Posted by 爆乳にこにー at 2016年03月15日 21:10
>>爆乳にこにーさま

はじめまして!爆乳にこにーさま!
この度は返事遅れてしまい本当に申し訳御座いません(汗

成程!K4パターンという名称なのですね。
オーストリア軍にあまり迷彩服が採用されていないのが
意外で本当に驚きです・・・!
何か事情があっての事なのでしょうか。

この迷彩にオーストリア版FALであるstg58という組み合わせ。
格好良さそうで興味が湧いてきました!

わざわざ迷彩の名称など詳細を教えて下さり本当に有難う御座います!
これを機にオーストリア軍について私も少し調べてみたいと思います。
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2016年03月20日 10:25
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。