2016年02月21日

中田商店製 複製 日本軍 十一年式軽機関銃用 弾薬嚢 前盒

さてさて今回も日本軍複製品をご紹介したいと思います。

あのショップさんから再販されたアノ品になります・・・!
まずはいつも通り画像をば。



こちらは中田商店製 複製 日本軍 十一年式軽機関銃用 弾薬嚢 前盒になります。

防寒帽に続き最近再販された品中古品では御座いません

以前から再販されるらしいと情報はあったのですが・・いつかいつかと待ち侘びていました!
この中田製弾薬嚢も私は某オクで狙ったりしていたのですが
ここ数年間、数が少なく出ても資金が無かったりと入手出来ずにおりました。

ですが昨年海外製が出現、工具嚢も出たりと安心しきっていたのですが
今年に入ってまさかの再販・・・!本当に驚きました。
2つセットでの販売ではありませんが弾薬嚢単体の価格は予想以上に安く
即行購入させて頂きました・・・!

ちなみに以前御紹介した十一年式軽機関銃用弾薬嚢関連記事は以下になります。

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e677153.html (海外製 複製 *処分済み*
http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e357015.html (でく房さま製 複製)





やはり単体ではなく2つ購入しました。
手元に到着した後何度かオイルを塗っております。





弾薬嚢単体ズーム画像。



生地ズーム画像。

綺麗な帆布製色合い黄色分の強いカーキ色といった感じでしょうか。





弾薬嚢上面、下面からの画像。

バックル(尾錠)用ベルトの革生地弾薬嚢1周するように縫い付けられているのが特徴です。





弾薬嚢両側面の画像。

蓋側面隙間防止には革生地が用いられています。
これも勿論問題なく再現されております。





バックル部の画像。

蓋の開閉はやはりバックルで行い、その為の1つだけです。

バックル金具真鍮製のようですね。



バックル締めた状態の画像。

革生地の厚さ十分で薄過ぎる事もありません



繋がった革生地への縫製の画像。

オイルを塗る時は注意が必要ですね。



弾薬嚢後面の画像。

後面には繋がった革生地への縫い付けが無い部分があり、
この部分はベルト(帯革)を通すベルトループになります。



勿論何の問題もなく兵用帯革通す事が出来ます。

用いた帯革は同じく中田商店製兵用帯革になります。



ちなみにこの弾薬嚢中国製になります。






弾薬嚢本体の帆布生地への縫い付けしっかりしております。



続いては弾薬嚢開いた状態の画像。



帆布革生地との位置左右ズレは殆どありません。





側面の裁断
も問題ないと思います。
この弾薬嚢独特の形状を再現されております。



蓋の裏側には中田製を示すマークがあります。

検印の類ありませんがこのマークがあると安心しますね。



弾薬嚢内部の画像。

勿論仕切り何も御座いません
このスペースに弾薬60発収納可能のようです。
                            



続いては手持ちの他の複製品と並べてみたいと思います。

残念ながら海外製処分しましたので手元にありませんので
でくの房さま製を用いたいと思います。





は数年前にご紹介したでくの房さま製複製品
が今回ご紹介する再販された中田商店製複製品になります。

生地の色合いだけでなくサイズも微妙に異なっていますね





上面、下面からの画像。

は数年前にご紹介したでくの房さま製複製品
が今回ご紹介する再販された中田商店製複製品になります。

中田商店製横に長く出来ていますね。



側面からの画像。

は数年前にご紹介したでくの房さま製複製品
が今回ご紹介する再販された中田商店製複製品になります。

画像から見て分かるようにでくの房さま製と比べ大型に出来ているようですね。
(逆にでくの房さま製小さいと考えるべきなのでしょうか・・・?)



またバックル部にも違いが見られます。

は数年前にご紹介したでくの房さま製複製品
が今回ご紹介する再販された中田商店製複製品になります。

バックル金具の仕様位置異なりますので
正面から見た外観が両者かなり違います。





バックルへ通す帯革バックル金具部の画像。

は数年前にご紹介したでくの房さま製複製品
が今回ご紹介する再販された中田商店製複製品になります。

バックルへ通す帯革の長さはさほど差異はありませんが
穴の位置が異なっています。

またバックル金具はそれに合わせて位置もやはり異なっており
でくの房さま製太く重厚な金具に対し
中田製は比較的細めの金具になっております。



さて以上で中田商店製 複製 日本軍 十一年式軽機関銃用 弾薬嚢 前盒の紹介になります。

これで中田製弾薬嚢と軽機用工具嚢と揃える事が出来ました。
しかし・・・大分生地が違いますね(汗

昨年紹介した海外製弾薬嚢と工具嚢処分してしまいましたが・・・
中田製弾薬嚢と見比べてみたいのでやはり買い直そうか検討中です。
(そういえば海外製弾薬嚢と工具嚢別生地仕様のが出ております)

さて・・・今回も最後に一言・・・・
この関連装備を入手したらいつも思うですが

軽機はどうするの??

し・・・仕方ないね(汗

さて今回は以上になります。

ではでは~

ノシ






同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革
中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ②
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 九六式防寒帽 鼻覆い付 (新型短毛仕様)
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和七年制定雑嚢
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革 (2017-03-11 18:58)
 中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ② (2017-02-11 17:03)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴 (2017-01-21 21:24)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢 (2017-01-03 00:35)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 九六式防寒帽 鼻覆い付 (新型短毛仕様) (2016-12-30 19:24)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和七年制定雑嚢 (2016-12-21 23:26)
この記事へのコメント
いいですね、その

もし11式機関銃の電動ガンとガスが出れば最高です

今100式機関短銃の電動もありますよ

次は100式の弾薬嚢を紹介しましょう
Posted by 台湾人 at 2016年03月02日 16:54
>>台湾人さま

こんにちわ!台湾人さま!
御返事遅くなり申し訳御座いません・・・!

私も11年式軽機は是非トイガンで製品化して貰いたいですね!
ですが・・・KTWの九六式&九九式軽機であの価格ですので
11年式がもし製品化されるととてつもない価格になりそうですね(汗

百式はモデルガンだけでなくショップが電動化したり
個人さまが製作されたりしてますね!

う~ん百式の弾薬嚢ですか・・・
軽機用弾倉嚢など既存の装備品に弾倉を収納していた例しか
私は存じません(汗
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2016年03月06日 13:23
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。