2016年04月17日

海外製 複製 日本軍 三十年式弾薬盒(前盒)②

皆さんお元気でしょうか

最近はもっぱら週1更新ですが・・・時節柄更新するのを見送るか否か悩みましたが
通常通り更新したいと思います。

という速画像をば。


こちらは海外製 複製 日本軍 三十年式弾薬盒(前盒)② になります。

この前盒に関しましては既にでくの房さま製、違う海外製を所有していますので
さほど欲しくなかったのですが・・・この前盒各種図嚢、一式&二式弾帯軽機弾薬嚢工具嚢
販売している業者の品で細部が気になり購入する事に致しました。




海外製弾薬盒の全体画像。

海外製の複製品も侮る事の出来ない昨今・・・
その出来が気になります。





弾薬盒両側面の画像。

革生地傷や汚れがあるものの、
十分厚さがあり良い印象です。





上下からの全体画像。

到着後、オイルを何度か塗付しております。ですので色合いは少し変化しております。



ちなみに到着間もない状態はこのようになります。

これはオイルの塗り甲斐がありますね。



さてそれでは細かく見ていきたいと思います。

こちらは正面つなぎ革縫い目の画像。
二箇所本体側二箇所とあり評価出来ます。
今でこそ当たり前ですがでくの房さま製、海外製が出る以前は
あまり見られない作りでした。



ただ残念ながら蓋の繋ぎ革当たる部分はこのように下に突き出た作りになっています。

これは2011年にご紹介した海外製三十年式弾薬盒と同じ作りですね。
全体の作りも類似しております。





続いては開けた状態の画像。



繋ぎ革オイルを塗ったおかげもありスムーズに開けます。



弾薬盒内部の画像。

さすがにでくの房さま製のように部位によって異なる革生地を使用したりはされていません。
複製品としては一般的な出来ではないでしょうか。





別角度の内部の画像。

弾薬盒内部真ん中にある仕切り2枚生地となっています。




こちらは裏側にある部の画像。

このが各種製品にあるのはこの業者製の特徴ですね。





こちらはこちらは蓋止め革固定する為の金具の画像。

部位によって若干斜め向いていたり金具に傷など凸凹があったりします。
ですがを留めるのには一応問題ないと思います。



ただ内部に何も収納していない側面凹むので留め革はとても留め難いです。
これは他の複製品でも云える事かもしれませんね。

全体の縫製は決して悪くないのですが・・・



無い状態の側面の画像。

上部にはちゃんと凹みが再現されています。



こちらは留め革の画像。



留め革十分な厚さがあります。
こちらもオイルを塗付すると良いでしょう。

ただ金具への固定側面の凹みも相成ってし難いかもしれません。





弾薬盒裏側の画像。

帯革へ通すループの生地厚く縫製堅牢な印象です。






さて続いては手持ちのもう1つの海外製と並べてみたいと思います。

5年ほど前に購入した海外製複製弾薬盒①です。
が今回ご紹介する別の海外弾薬盒その②になります。

の品は数年間で何度も手入れして来ましたので色合いがかなり濃く変化しています。





両側面の画像。

5年ほど前に購入した海外製複製弾薬盒①です。
が今回ご紹介する別の海外弾薬盒その②になります。



上部からの画像。

5年ほど前に購入した海外製複製弾薬盒①です。
が今回ご紹介する別の海外弾薬盒その②になります。

勿論細かく見ると差異はあるのですが・・両者殆ど同じ品と云っても可笑しくないぐらい酷似しています。



正面繋ぎ革部の画像。

5年ほど前に購入した海外製複製弾薬盒①です。
が今回ご紹介する別の海外弾薬盒その②になります。

やはりこちらも作りは変化ありません。





蓋止め革固定する為の金具の画像。

5年ほど前に購入した海外製複製弾薬盒①です。
が今回ご紹介する別の海外弾薬盒その②になります。

金具の形状は微妙に異なっています





その金具裏側の画像。

5年ほど前に購入した海外製複製弾薬盒①です。
が今回ご紹介する別の海外弾薬盒その②になります。



続いては弾薬盒内部の画像。

5年ほど前に購入した海外製複製弾薬盒①です。
が今回ご紹介する別の海外弾薬盒その②になります。






仕切り部の画像。

5年ほど前に購入した海外製複製弾薬盒①です。
が今回ご紹介する別の海外弾薬盒その②になります。

画像では分かり難いのですが真ん中の仕切り海外製①では3枚生地のようで
海外製②では2枚生地となっています。





最後にでくの房さま製も加えた画像を貼っていきたいと思います。

が今回ご紹介する別の海外弾薬盒その②
真ん中はが5年ほど前に購入した海外製複製弾薬盒①です。
そしてでくの房さま製弾薬盒になります。



正面繋ぎ革部の画像。

が今回ご紹介する別の海外弾薬盒その②
でくの房さま製弾薬盒になります。

金具の位置もかなりなり蓋の繋ぎ革に当たる部分の形状も全く異なりますね

さて以上で海外製 複製 日本軍 三十年式弾薬盒(前盒)②の紹介になります。

この海外製②縫製も革質も悪くありません
ですがほぼ以前ご紹介した海外製①と変わらないと私は思います。

製造元が同じなのか海外製①を参考に製造されたのかは不明ですが
詳細が知りたいですね・・・

さて今回また弾薬盒が増えましたので処分せずに
海外製のどちらかをタナカ製ガスガンのマガジン収納出来るように手を加えようか考えています。
勿体ない気も致しますが・・・売却するよりもそちらの方が役に立ちそうですし。

さてさて今回は以上になります。

でjはでは~

ノシ












同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
国内業者さま製 複製 日本陸軍 布製略刀帯
海外製 複製 日本軍 身体用偽装網
海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢
中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐)
中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴
海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 国内業者さま製 複製 日本陸軍 布製略刀帯 (2017-10-14 20:55)
 海外製 複製 日本軍 身体用偽装網 (2017-09-16 21:18)
 海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢 (2017-08-12 17:27)
 中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐) (2017-07-29 12:53)
 中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴 (2017-06-17 11:37)
 海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴 (2017-05-27 19:42)
この記事へのコメント
おひ~さ~!

久し振りに投稿しました~!

相変わらず男とエ○チしているのかな??

暫くプログを拝見していなかったんで・・・・

少々、気になる事が在り投稿しました。

当方では以前から気になって居た事が今回の「弾薬盒」ですが
旧軍の弾薬盒(前・後)・剣差の官給品では所々に真鍮製の鋲が打たれて居ると思われるのですが・・・

つまりプログの画像の弾薬盒は「青年団教練用」と思います。

以前に満州事変に従軍した陸軍兵の方に実物の弾薬盒を見せたら一見して
「あぁ~これは後の青年団の品だなぁ~」と云われた事が在ります。

当方も以前に昭和6年の検印が入った弾薬盒(前・後)を持っていましたが
やはり弾薬盒の蓋留革帯に4箇所と帯革通に8箇所の真鍮鋲が在った
のを記憶しています。(因みに後盒は蓋留革押さえ:前部・帯革通に鋲有)

旧軍装備j品に詳しい先輩に聞けば「今某オクで売られているのも複製品も
青年団教練用がモデルだよ!」「旧軍の弾薬盒は質が革から麻引きゴムに変わったけど革の時点で
生産工程の省略は無いよ」「今の複製品のモデルは青年団教練用」と云われました。

因みに「剣差」も両脇に2箇所×2=4箇所の鋲が在りました。

中田商店の先代社長も「始めて複製品の弾薬盒・剣差を製作した時に鋲を打ったらコストが掛かるんで省略したよ」との言が在りました。

まぁ・・・サバゲやコスプレで使用するには問題は無いとも思いますが・・・

参考までに投稿致しました~
Posted by 参謀本部 at 2016年06月17日 14:30
>>参謀本部さん

こんばんわ!参謀本部さん!
お久し振りで御座います!

弾薬盒のループをカシメ打ちされている物があるのは
存じておりましたが・・・それ以外は「青年団教練用」という御話は
初めて御聞きました・・・!

私は複製品しか殆ど存じませんので複製品から入った世界でも
ありますので若輩者故にわかには信じ難く思ってしまいます(汗
実際に従軍された方もそう話されていたとは!興味深い御話です。

官給の弾薬盒全てそうかは私も確信が持てませんが
私もこれを機会に調べてみたいと思います・・・!
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2016年06月19日 17:42
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。