2016年07月02日

中田商店製 複製 日本陸軍 兵下士官用 明治三八式夏衣袴(新版)

暑いしジメジメして梅雨って本当に嫌になりますよね。
という事でおはこんばんちわ水呑み百姓です。

さてさて今回も続いて日本軍複製品をご紹介したいと思います。
今回は久し振りにあのショップさまから再販された品になります。



こちらは中田商店製 複製 日本陸軍 兵下士官用 明治三八式夏衣袴(新版)になります。

久し振りの中田商店さんの製品の紹介になります。

何と長らく売り切れしていた明治三八式夏衣袴がな・・・なんと再販されました!
一部で噂されていたのですが・・・電話で中田さんに確認した所、
「明治軍服」として入荷されている事を知り、久し振りにFAX注文しました。
生産数も少ない?そうなのでなんとか確保出来ました・・・!

しかし・・・まさかの三八式夏衣再販に驚きました(汗
ちなみに過去に紹介しました明治三八式夏衣袴の記事は以下になります。

http://nihonmasamasa.militaryblog.jp/e263693.html (中田商店製 複製 明治三八式夏衣袴)






新版明治三八式夏衣袴の全体画像。

日本軍の詰襟軍衣が大好きな私としては本当に嬉しい再販です。
旧版と比べると異なる(変更された)箇所が結構ありますが
それは簡単ではありますが記事の最後の方で紹介出来たらと思います。



まずは生地のズーム画像。

生地旧型とは比べ色合いのみ変化したぐらいでしょうか?

旧型は比較的濃い茶褐色でしたがこの新版では対して薄い色合いの生地となっております。
しかし昭五式や改四五式に見られる青みのある帯青茶褐色とはやはり異なる色合いです。
帯赤茶褐色と云える色合いでしょうか。





平置き状態の明治三八式夏衣の画像。

それでは細かく見ていきたいと思います。




上部の画像。

背面はやはり生地の繋ぎ目無い1枚生地となっております。

また画像では肩章曹長の物が付いておりますが本来は付属致しません
ただ科の襟章最初から付属しております。



襟部ズーム画像。

襟のホック上下2つ付いており開閉に問題はありません。





襟のホック金具の画像。

こちらは穴部になります。



こちらはホック金具の爪部の画像。

位置も問題ないと思います。



襟章部の画像。

最初から襟章が付属しているのは嬉しいのですが・・・
この襟章、かなりしっかり縫い付け(ミシン縫い)されております(汗





とりあえずこの襟章外してみましたが・・・
襟章厚紙が使用されているようで厚みがあり
それをしっかりと縫い付けしてあるので
外すとやはり痕が残ってしまいます・・・(汗

う~ん・・・これは少々残念であります・・・



開いた状態の画像。

ハンガーループもちゃんと付いております。



続いては肩章用ループ部の画像になります。



ループの生地接合部縫い目に来ております。

この辺もしっかり縫い付けされており堅牢な印象です。



 

続いてはの画像になります。

旧版とは異なり国防色に近い色合いで形状も異なっております。

も変わると夏衣の印象も結構変わります。。。



次は胸部の画像になります。





胸ポケット部の画像。

斜めに向いた蓋、形状特徴を再現されていると思います。



ポケットの口の画像。

ミシンの縫い、裁断ともに稚拙さはありません



続いては側面切り込み部と剣吊り部の画像になります。



切り込み部のズーム画像。

この部位は構造的に複雑になるのですが
生地の裁断、縫い目歪むことなくソツなく製作されております。



 

剣吊り部の画像。

この負荷の掛かる部分は勿論頑丈に作られております。

ただ使用を繰り返すとはどうしても外れ易くなると思います(汗
これはどの軍衣にもいえることですね!



 

上衣下部の画像。

白いラベルはサイズ表記の物です。





袖部の画像。

上衣の特徴として旧型にはあった緋線(バイピング)新版では御座いません
これは素直に嬉しい改良ですね!
私は四五式の代用としても使用しようとしていたのですが
夏衣の場合、緋線付いていない(付くのは在郷軍人用?)ようで
結局旧型では取り外す事にした経緯があります。



袖口の画像。



 

こちらは裏面(内装部)表側にした画像になります。



こちらは内装にあるロゴ部の画像です。

検定印ありません中田商店製を示すマーク
複製を示す○複のマーク、そしてサイズを示す中(Mサイズ)の表記があります。



そして内ポケット再現されております。

内ポケット両側2つにあります。
下の端は白い小さいラベルがありサイズが書かれております。





さてさて続いては長袴の紹介になります。

この長袴も独特の作りをしております。





長袴上部の画像。

腰紐無く後部調整用ベルトがあるのが独特ですね。



長袴の釦部の画像。

は全部で5つ存在し、第一釦のみが大型で露出する作りになっております。





長袴両端と後部中央にはベルト(腰紐?)を通す為のループが備わっております。

この長袴には腰紐付属しておりませんが・・・
実物ではベルト(帯革)を装着していたのでしょうか?それとも紐式の物なのでしょうか?
気になる部分ですね!



後部中央にある調整用のバックル金具の画像。

「SOLIDE」と打たれた独特の金具が用いられております。
これは旧版にもあったような・・・



長さを調整する場合バックル金具にある布製ベルト
バックル締める事で行います。

しかしこの布製ベルトには穴がなくバックルの爪
穴を開けてしまう事になるのですが・・・本当にこの方式で良いのでしょうか?
数年経った今も何度か疑問です(汗



両端にあるポケット部の画像。

既にお気付きかと思いますが・・・
旧型にはポケット入口近くにあった緋線(バイピング)
この新型ではやはり御座いません
これも嬉しいですね!



旧型では緋線(バイピング)下部の裾まで縫い付けられていましたが
やはり新型ではありません

あれは取り外すの手間だったので・・・この省略は素直に助かります。





こちらは股部の画像。

裏面から当て布(補強)されているのが分かりますね。





裾部の画像。

長袴なので裾部調整(締める)はありません





長袴表面にした状態の画像。



内装用の生地堅牢でしっかりした物になっております。
チープ感も一切なく十分実用に耐えれる生地でしょう・・・!



こちらはロゴ部の画像。

上衣と同様に中田商店製を示すマーク複製を示す○複のマーク
そしてサイズを示す中(Mサイズ)の表記があります。



社会の窓内装部には白い小さなラベルがあり、ここにサイズを表記してあります。



股の当て布(補強)部の画像。

から見えない当て布形に合わせて確実縫い付けされており
心配せず使用出来ますね。






さてさて最後に恒例の新旧の比較をしてみたいと思います。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。



まずは生地のズーム画像。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。

生地色合いのみ異なるぐらいでしょうか・・・?
色合いに関しては旧型茶色分が強いですね。
(旧型はこれでも少し色を落としたんですが・・・)



襟部の画像。

手前5年前に紹介しました旧型明治三八式
後ろが今回ご紹介します新型の明治三八式になります。

も微妙に作りが異なっております。
正面上部の角形状が丸いか否かや襟の高さなど差異があります。





襟ホック金具の画像。

襟の高さが結構違うのが分かりますね。
またホック金具角度が異なるのが分かると思います。



肩章用ループ部の画像。

後ろ5年前に紹介しました旧型明治三八式
手前が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。





の画像。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。

に関しては全く別の物になっております。
形状も色合いも全く異なっております



胸ポケット部の画像。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。

旧型にはポケットの蓋上部には縫い目が1つがあります。
これは内装生地縫い付ける為の物で新型にはこの縫い目はありません





続いては剣吊り切り込み部の画像になります。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。



切り込み部上部の画像。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。



剣吊り部の画像。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。


 


続いては袖部の画像。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。

旧型は何度か洗濯しているので縮んではいるのですが・・・
それにしても同じMサイズで此処まで袖の長さが違うとは・・・



ちなみに旧型には緋線が縫い付けてあったので外しているのですが・・・
御丁寧にチャコペンの痕がありいくら洗濯しても落とす事が出来ませんでした(汗

その点、新型元から無いので本当に助かりますね!



次は内装部の画像。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。



サイズ表記や中田マークの位置差異があります。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。





内ポケットの画像。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。

新型、旧型とも両側内ポケットがあります。
ですが新型の方がポケット大きく出来ております。



さて最後に長袴の比較になります。

手前5年前に紹介しました旧型明治三八式
後ろが今回ご紹介します新型の明治三八式になります。

やはり長袴にも新旧差異が見られます。



前部釦の画像。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。

も異なりますが数も異なっております
旧型大2つ小4つ合計6つ
新型大1つ小4つ合計5つとなっております。



閉めたの画像。

手前5年前に紹介しました旧型明治三八式
後ろが今回ご紹介します新型の明治三八式になります。

釦数異なり大きい釦数旧型の方が1つ多いので
画像のように露出する釦新旧で異なっております



正面にあるベルト(腰紐)用ループの画像。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。

ベルト(腰紐)用ループも実は異なり
旧型の方が1つ多い形になっております。




長袴後部の画像。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。

夏衣同様に旧型の方は何度も洗濯しているので縮んでいると思うのですが・・・
それでも新旧で此処まで大きさ違う(ry




後部腰調整用ベルトのバックル金具の画像。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。



バックル金具あまり変わりありませんが(太さが微妙違う?)
バックル金具本体へ縫い付ける為ベルト部差異があります。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。

への縫い付け部形状ベルトループの有無で御座います。



両端にあるポケット部の画像。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。

緋線取り除いた痕がはっきり分かりますね・・・(汗



内装部の画像。

5年前に紹介しました旧型明治三八式
が今回ご紹介します新型の明治三八式になります。

内装用生地、股部の当て布(補強)サイズと中田マークの位置など
やはり差異が見られますね。


さて以上で中田商店製 複製 日本陸軍 兵下士官用 明治三八式夏衣袴(新版)の紹介になります。

この明治三八式夏衣袴再販・・・予想外でしたが嬉しくもあります!
しかも緋線紐をちゃんと無くして変更も加えられており好感が持てます!

ただ・・・残念な部分もありサイズや襟章の縫い付け方、釦の仕様など・・・
ですが絶版だった品が復活された事の意味は大きいと思います。
これを機に昭五式やその他軍衣袴も・・・是非再販して頂きたいですね・・・!

中田商店さん日本軍物・・・再販物も多くなりましたね。
新作も・・・とても待ち遠しいですね!これからも目が離せず期待せずにはいられません!

さて今回は以上になります。

ではでは~
ノシ








同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革
中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ②
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 九六式防寒帽 鼻覆い付 (新型短毛仕様)
個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和七年制定雑嚢
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 国内業者さま製 複製 日本軍 兵下士官用 銃剣属品帯革 (2017-03-11 18:58)
 中田商店製 複製 日本軍 十字鍬(鶴嘴) ② (2017-02-11 17:03)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 兵下士官用 四五式夏衣袴 (2017-01-21 21:24)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和十二年制定雑嚢 (2017-01-03 00:35)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 九六式防寒帽 鼻覆い付 (新型短毛仕様) (2016-12-30 19:24)
 個人業者Sさま製 複製 日本陸軍 昭和七年制定雑嚢 (2016-12-21 23:26)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。