2016年08月20日

中田商店製 複製 日本軍 鎌(覆い付き)

皆さんおはこんばんちは。猛暑が続きますね・・・

さてさて今回は日本軍複製品を紹介したいと思います。
今回ご紹介する品はこちら!

こちらは中田商店製 複製 日本軍 鎌(覆い付き)になります。

この品は某ショップで購入した物なのですが中古品で汚れのある品です。
しかし中田商店製のこの品はやはり絶版品となっており今では貴重な品と云えると思います。

なのでサバゲなどではまず使う機会は無い作業道具ではありますが
実際には草や芝を刈り取り除く為には必要不可欠な道具であり
密林で道を切開く為現地で馬糧を用意する際など重宝された事でしょう。



鎌本体の画像。

鎌本体破損などは御座いません
使用感も無いので状態は良い方だと思います。




 


 

鎌の柄部の画像。

は勿論、木製深みのある色合いをしております。
元からこのような色合いだったのかは未知数です。



別角度の画像。

はこのようにに似た形状をしており
一般の同様に握り易い形状をしております。





鎌本体接合部画像。

のへ差し込み鎌の目釘穴柄の穴
両面カシメ打ち固定されているようですね。



   

鎌本体の画像。

鎌本体茶褐色近い濃い色合いです。
塗装の下は錆があるように見えますね。

表面は凸凹している面もありますが刃こぼれもなく
使用出来る
と思います。



上部からの画像。

塗装剥がれている部分は赤色になっており、やはり錆が進行していると思われます。



切っ先部の画像。

はあるようですが前述したように使用感はなく刃こぼれもありません
所詮複製品ではりますが状態は悪くないですね。



 

続いては覆い(カバー)の画像になります。



覆いの生地帆布製色合いカーキ色ですが少々白っぽくなっております。





 



覆い(カバー)両面、上下からの画像。

覆い汚れが多く色褪せも見られます。
ですがこちらも破損は有りません。

覆い下部にはループ(取っ手?)らしき物が備わっており
同じ帆布生地で作られております。

しかし・・・このループ何処へどのようにして通すのでしょうか?



覆い内部には画像のように中田商店製を示すマークが御座います。



覆い鎌の切っ先、刃の当る部分は画像のように生地M字型にする事で
覆いの生地傷む事を防いでおります。

よく考えられて作られております。



続いては覆い紐部の画像。

この覆い装着した抜けないように固定する為の物のようですね。



のズーム画像。

2段織り織紐覆い同様に薄いカーキ色の色合いとなっております。





覆いに装着した状態の画像。

については締め方が分からないので締めておりません(汗





覆いを装着したズーム画像。

しかし・・・何処で締めて結ぶのでしょうか。
これだけか謎で・・・

まぁ地道に考えたいと思います。


さて以上で中田商店製 複製 日本軍 鎌(覆い付き)の紹介になります。

このですが・・・使う事は恐らく訪れないと思います(汗
が実際どの程度運用されていたのか・・・全く分からず
知らない事づくめではあります。

ですが複製品とはいえ貴重な品を入手出来て良かったです。
、再度十字鍬なども入手出来たらなぁ・・・と考えております。

さて今回は以上になります。

ではでは~

ノシ
    





同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事画像
海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢
中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐)
中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴
海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴
中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋
海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢
同じカテゴリー(・日本軍 複製レプリカ 装備)の記事
 海外製 複製 日本陸軍 下士官兵用 毛皮背嚢 (2017-08-12 17:27)
 中田商店製 日本陸軍 昭五式水筒 (実物水筒&複製水筒紐) (2017-07-29 12:53)
 中田商店製 複製 日本陸軍 運動靴 (2017-06-17 11:37)
 海外製 複製 日本陸軍 防寒作業袴 (2017-05-27 19:42)
 中田商店製 複製 日本陸軍 戦車用手袋 (2017-05-20 19:24)
 海外製 複製 日本陸軍 昭和十三年制定 兵下士官用 冬襦袢 (2017-05-05 11:16)
この記事へのコメント
初めまして、アンチョビさま。

光人社の工兵入門という本では工兵の器材として鎌、鉈、斧等があったそうです。
連隊によるかもしれませんがこの手のものは兵科問わず使われていたかもしれませんね。

中田商店は在庫切れが多くて寂しく感じます。
あの時お金があれば…と悔やまれます。
Posted by CHIHA at 2016年08月20日 16:13
>>CHIHAさま

はじめましてCHIHAさま!当ブログをご覧下さり有難う御座います!
『工兵入門』という本が光人社より出ているのですね・・・!
興味ありますので購入してしようか検討したいと思います!
情報御教示下さり本当に有難う御座います!

鎌に限らず鉈や斧も必須な道具だったと私は思います。
ただ部隊に対しどれだけの定数が支給されていたのか気になる所です。

中田商店さんの絶版品は本当に多いですね・・・(汗
最近再販された品々も多いのですが今回ご紹介した鎌や
鉈や斧類は再販の見込みは無いと思います・・・
唯一の複製品が多いだけに寂しいですね・・・
Posted by アンチョビことチビアンチョビことチビ at 2016年08月21日 11:10
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。