2018年03月10日

デニックス(DENIX)製 モデルガン(デコガン) MP41 短機関銃

さ~てさて今回はトイガンをご紹介したいと思います。

またまた日本軍物から離れますが・・・とりあえず画像をば。





こちらはデニックス(DENIX)製 モデルガン(デコガン) MP41 短機関銃になります。

今年に入って海外メーカーSRC製電動ガンMP41を購入してみましたが
あまり良い出来とは云えなかったので代わりに?スペインのデニックスのデコガンを購入してみました。

(**ちなみに画像では海外製複製kar98k用スリングを装着しています。本来は付属しません!)

デニックスの商品は数年前水平二連式散弾銃以来ですね・・・!
その出来や如何に・・・!?





それでは細部をみていきたいと思います。

金属部品亜鉛合金で出来ています。
亜鉛合金は経年劣化が早いことで有名ですが
実銃のような重量感再現出来る利点があります。

このデニックス製MP41ずっしりと重く好感が持てます。





レシーバーとトリガー部上下からの画像。

デコガンという事もあり一部可動しない部分もあります
比較的実銃の雰囲気再現されていると思います。





トリガーガード部の画像。

トリガーガードにはデニックス刻印があり実銃とは異なった作りですが
セミ/フル切り替え用セレクタートリガーガード上部銃床側にあります。
可動しないダミーですがSRC電動ガンと比べると大分マシですね。



さらにトリガーガードは画像のように前部に伸びた作りになっています。

完全に実銃通りとはいきませんが良く再現されていますね。



レシーバー後部エンドキャップ部の画像。

デニックス製ではこの部分もダミーになっています。





続いてはリアサイト部の画像。

実銃では2段階に切り替え可能ですが・・・残念ながらこの部分も再現されておらず可動しません





ボルトハンドル部の画像。

ボルトハンドル重量があり引く事ができます

またSRC製のようにボルトハンドル銃床間に変な隙間がありません
本来こうあるべきですね・・・





ボルトハンドル引いた状態の画像。

ボルトハンドルはここまで下げることでトリガー(引き金)引くことができます。
そうするとボルトハンドル前進します。一種の空撃ちを楽しむことができます。

ただ亜鉛合金製ですのでやりすぎると破損する可能性があります。
 ですのでホドホドに。


 




また嬉しい事にボルトハンドルはさらに後退させる事が出来、
実銃のようにセーフティ位置引っ掛ける事が可能です。

この動作が楽しめるのは大きいですね!





続いてはマガジンハウジングとバレル部の画像になります。







ボルトハンドル引く排莢口開きます

排莢口からマガジン見えるのは嬉しいですね・・・!



 



マガジンハウジング
の画像。

デコガンですがマガジンマガジンキャッチボタン押して脱着する事が出来ます。

ただ海外製の為か傷のような塗装剥げが目立ちますね。





バレル部の画像。

デニックス
でもMP40のデコガンを出しているのですが
このMP41ではちゃんとバレルレスト無いバレルが再現されています。



スリングベイルリング部の画像。

スリングべイルはしっかり細くなる形状をしております。
SRC製では若干太いままの形状だったのでこの再現度には驚きました。

MP40全く異なる作りを再現していますね。



ちなみにバレルは画像のように簡単に外すことができます。

しかし単純にはめ込むだけネジ類固定されておりません
激しく振り回したりすると簡単に外れてしまいそうですね。





接合部の画像。

新たに穴を開けてネジを打ち込めそうですが。。。
それでは外観を損なってしまうのでこのままでいこうと思います。










続いてはフロントサイト部の画像になります。

フロントサイト一体成型でしょうか?
塗装の剥がれが見られますが形状はよく出来ていると思います。





サイトを覗いてみた画像。

BB弾出ませんのでリア&フロントサイト調整できませんが悪くないですね。
 


さてさて続いては木製銃床を見ていきたいと思います。





ハウジング横の銃床部の画像。

銃床赤みのある色合いになっています。オイルステン仕上げでしょうか?
布で拭くと塗料が付いてしまいますが中々良い色合いですね。




 

銃床の握り溝の画像。

銃床の握り溝は目の行く部分ですので極めて重要です。
残念ながらデニックス製左右とも同じ長さの溝になっております。

実銃では左面短い仕様なのですが・・・再現されておりません。










銃把(グリップ)部の画像。

SRC製ではかなり細い銃把(グリップ)でしたが
デニックス製では逆に太く感じますね。実銃でもこのぐらいだったのではないでしょうか?

機関部後方に突き出ていないのも評価できますね。





床尾付近の画像。

床尾は少々下向きですがSRC製ほど不自然な傾きではありません
むしろ実物もこれぐらいではないでしょうか・・・?





銃床の負革(スリング)通し穴部の画像。

画像で装着しているの海外製の複製モーゼルkar98k用スリングですが
問題なく装着できました。









銃床の床尾板部の画像になります。

床尾板厚みもあり変にはみ出る事はありません
木製床尾合わせたしっかりした形状をしています。

ですがやはり大きな塗装剥げが見られます。





お次はマガジンの画像になります。

マガジン
亜鉛合金製のようですね。
中身は無いにも関わらず結構重さを感じます。



一体成型
と思ってましたが底板は違うようですね。







マガジンの形状はよく出来ていると思います。

マガジン内部にはスプリングも何も存在しません。空です。

亜鉛合金製ですので干渉(当たる)部分、擦れる部分摩耗し白っぽくなってしまっています。



ちなみに私はMP41には海外製kar98用のスリング装着していますが
デニックス製MP41スリング付属していました。

この画像の品が付属していたスリングです。



元から付属しているスリングオマケ程度の代物ですね。

生地といい出来はよろしくありません
実際、長さを調整して背負ってみても固定遊革だけなので
簡単に延びてしまいます使う物ではなく装飾品といった感じでしょうか。





スリングの銃床側に通す部分の画像。

銃床に通す部分は組ネジ?で固定して行います。

かなりチープな代物ですね・・・





 

さて以上でデニックス(DENIX)製 モデルガン(デコガン) MP41 短機関銃の紹介になります。

デニックスデコガン2丁目の購入になりましたが・・・
このMP41も私は結構気に入りました!

材質や無可動箇所など残念な箇所もありますが
ボルトハンドルを引いての空撃ち、重量感は素晴らしいですね!
この価格でこのクオリティはお勧め出来ます・・・!(ただ取り扱いには注意ですね)

ただやはり海外製・・・傷や塗装剥げ当たり前のようにありますので
綺麗な仕上がりを期待される方にはお勧めできません。

SRC電動ガンもこれぐらいの出来だったらなぁ・・・


さて今回は以上になります。

ではでは~
ノシ
       




同じカテゴリー(トイガン)の記事画像
KTW製 電動ガン 日本軍 九六式軽機関銃(第4ロット)
レプリカ製&マルシン製 固定スライドガスガン ブローニングM1910
SRC製 電動ブローバックガン MP41(SR-41) サブマシンガン
マルシン モデルガン ブローニングM1910 シルバーABS PFCブローバック仕様
S&T エアーコッキングガン 三八式歩兵銃
タナカ モデルガン コルト ディクティブ・スペシャル ヘビーウェイトモデル
同じカテゴリー(トイガン)の記事
 KTW製 電動ガン 日本軍 九六式軽機関銃(第4ロット) (2018-05-05 16:50)
 レプリカ製&マルシン製 固定スライドガスガン ブローニングM1910 (2018-03-24 20:22)
 SRC製 電動ブローバックガン MP41(SR-41) サブマシンガン (2018-02-10 22:30)
 マルシン モデルガン ブローニングM1910 シルバーABS PFCブローバック仕様 (2018-01-13 19:56)
 S&T エアーコッキングガン 三八式歩兵銃 (2017-11-23 18:17)
 タナカ モデルガン コルト ディクティブ・スペシャル ヘビーウェイトモデル (2017-09-23 19:43)
Posted by アンチョビことチビ at 19:30│Comments(0)トイガン
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。